自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2105
金利がもっと上がる前に、家を買いたい?
投票結果
45  55  
366票 446票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2007年02月26日より
2007年03月02日まで
円卓会議とは

小野瑛子
プロフィール
このテーマの議長
小野瑛子 家計の見直し相談センター
円卓会議議長一覧
金利上昇とマイホームの購入についてお話し合いをしてきましたが、いよいよ今日は最終日。持ち家には、金利……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
no 防犯対策を積極的に (junno・神奈川・パートナー有・36歳)
天災は防ぎようがないので、保険の加入など考えられる範囲の対策をしているだけですが、人災は対策次第で限りなくリスクを減らしていけると考えているので、県警のホームページで犯罪発生率の低い地域を選びました。また、下見の際は、マンション内掲示板の「防犯パトロールの割当表」の存在や、管理組合・自治会の活動状況など、コミュニティがしっかり機能していることを確認しましたし、もちろんできる限りパトロールにも参加しています。

no もしも買うなら (aibe・大阪・パートナー有・31歳)
心配性なので不安ばかり書いてしまいますが、防犯という視点では、マンションは一戸建てよりもやや安心だと思います。しかしその一方、マンションは修繕積立金の不足が話題にのぼるように、いざ改修しようと思っても自分の資金だけではどうにもならない点、事前にわかりづらい騒音や日照権のトラブルなどが心配です。購入するなら、治安も環境も良いところで一戸建てが理想でしょうか。

no 戸建かマンションか? (いまいくん・東京・43歳)
首都圏の分譲住宅でよく見かける木造3階建て住宅は、耐震強度の面でリスクが高いと思います。例の姉歯問題でマンションも決して安心できませんが、木造3階建て住宅のなかには、計算上は大丈夫でも壁の配置がアンバランスで、実際に大地震に見舞われたら危なそうなものもあります。壁の配置などはできあがってからでも確認できますが、完成後の住宅の場合は壁の中身までは確認できません。戸建を購入する前には、信頼できる専門家にチェックしていただくことをお勧めします。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「人災リスクと災害リスクを避けるためのポイント」
金利上昇とマイホームの購入についてお話し合いをしてきましたが、いよいよ今日は最終日。持ち家には、金利リスクのほかにどんなリスクがあるかをまとめておきましょう。

あんまりリスク、リスクというと、「リスクばっかりじゃないよ。心の豊かさ、暮らしの豊かさなど、持ち家には賃貸にない素晴らしさがたくさんあるよ」と反論されそう。私も30代、40代の20年間は持ち家に暮らし、40代後半からは賃貸で暮らしていますので、両方のメリット・デメリットがよくわかります。

ただ、同じ住まいであっても、持ち家のときは家に対する強い愛着があったんですね。あるとき台所仕事をしていて、ふっと居間を振り返ったら、レースのカーテンごしに朝日が射し込み、部屋全体が黄金色の光に包まれていて、「あぁ、私のおうちなんだ、私の部屋なんだ」と、しみじみとした幸福感にとらわれたのを覚えています。賃貸暮らしの間も自分なりに心地よい住まいを作ってきたつもりですし、身軽で快適な暮らしを楽しんできましたが、あれほどの幸せを感じたことはなかったように思います。

その楽しさ、素晴らしさを失わないためにも、リスクについてキチンと認識し、可能なかぎりの対策を立てておきたいですね。aibaさんは「心配性なので不安ばかり書いてしまいますが」とおっしゃっていますが、住まいに対しては心配性なくらいがちょうどいい。楽しさや素晴らしさは、あとからいくらでも味わえますものね。

まず、junnoさんが指摘してくださった人災について。これは賃貸にも持ち家にも共通するリスクですが、持ち家には移動の自由が少ないだけに、より慎重な配慮が必要です。お子さんがいらっしゃる方は、通学路の安全性にも気を配ってください。また、昼間だけでなく、夜間の環境もチェックしたほうがいいですね。昼間は普通のおうちに見えていたのに、夜になったらスナックに早がわりして、酔客に悩まされたという実例もあります。

もうひとつの大きなリスクは天災です。日本は地震大国であり、台風にもしばしば見舞われます。冬になれば大雪に閉じ込められる地域もあります。地震、風水害、雪害などに、どのような対策がなされているか、購入前の物件チェックは不可欠です。いまいくんさんがおっしゃるように、やはりプロの目で診断してもらったほうがよいと思います。身近にプロがいないときは、各地の建築士会に相談してみるとよいでしょう。有料になりますので、料金についても事前に相談しておきましょう。

万一、天災にあって損害を受けたときのヘッジは保険です。火災保険には多くの方が加入していらっしゃると思いますが、意外な落とし穴は風水害などの自然災害に対する補償がついていないタイプもあること。ことに戸建ては風水害や雪害の被害が大きいので、火災保険の中身をしっかりチェックして、自然災害にも対応できるタイプに見直しをします。

地震の被害に対しては、地震保険に加入しておかなければなりません。地震が原因の火災で家や家財が焼失しても、火災保険からは保険金が支払われないからです。地震保険は保険料が高いうえに、加入できる限度額も火災保険の2分の1に押さえられていますので、地震保険に入っていれば安心ということではありませんが、「地震にあってすべてを失う」というリスクは避けることができます。

これらのリスクを考えていくと、最終的にはaibeさんの「治安も環境も良いところで一戸建てが理想でしょうか」という言葉にいきつきます。地震のリスクにしても、戸建てであれば、家は失っても自分の土地が残るので、地震保険から支払われたお金で小さな家を建てることも可能でしょうけれど、マンションの場合はなかなかそうはいきません。マンションを購入するときは、見かけの美しさや便利さにとらわれず、耐震構造などのチェックがより重要というです。

金利のお話からどんどん話題が発展していき、イ・ーウーマンの皆さんの意識の高さをあらためて痛感した一週間でした。お付き合い、ほんとうにありがとうございました。またお会いする日まで、さようなら。

小野瑛子
家計の見直し相談センター
小野瑛子


関連参考情報
■ 「夢かなえるライフ&マネープラン、立てていますか?」
どんな年齢、どんな境遇でも
■ 「日本の金利が上がったら、困る?」
「ポスト・デフレ」時代、デフレ時代の常識が非常識に!
■ 「ローンの組み方を知っていますか?」
個人向け融資が増えている時代に
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english