自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2223
薬膳を日々の献立に取り入れてみたい?
投票結果
84  16  
528票 100票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2007年07月23日より
2007年07月27日まで
円卓会議とは

板倉啓子
プロフィール
このテーマの議長
板倉啓子 国際薬膳食育学会会長、メンター・フーズ代表取締役
円卓会議議長一覧
中国商品の安全への信頼失墜の報道がなされる逆風の中、タイミングが悪く薬膳の登場となりました。にも関わ……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 知らぬ間に取り入れていたかも? (デミー・大阪・パートナー無・29歳)
私の「元気定食」とまではいきませんが、普段の食事は、黒い色の食べ物を中心に、出来るだけ薬味を数種類加えるように心がけています。今の暑い季節には、自己流薬味たっぷりの冷汁がお薦めです。ただ、薬膳の定義を今日初めて知りましたが、知らず知らずのうちに取り入れていたのでは、と思いました。薬膳のイメージに、中国だとか、においが独特だとか、体に良いのだろうけど美味しくない、などがありました。ですが、この一週間で、薬膳のイメージを変え、色々なことを学びたいと思います。

yes いただきます。 (plenus・千葉・パートナー無・37歳)
料理人の家に育ち、陰陽五行の料理法など学びながら、日常に薬膳はあるということも、学んできましたが、ふと気が付くとコンビニやレトルトに身を任せている日々です。時間のない日常でも、料理に食にもっと貪欲になりたいですね。薬膳と聞くとからだが反応してしまうのは、年を取ったからでしょうか……元気になりたい。健康でありたい。そんなあたりまえの気持ちを、ちゃんと受け止めたいとこのサーベイに思いました。楽しみにしています。

yes 運動と併用して取り入れたい (920・三重・パートナー有・51歳)
インターネットで薬膳料理の効能別レシピを見ると、皮膚、脳・神経・心、目・耳・口・鼻、肺・呼吸器、肝臓・膵臓などというように、あらゆるジャンルにわたっており、材料、つくり方、ポイントと詳しく書かれています。こんなにレシピが充実しているのなら、早速両親の体調に合わせたレシピで料理を作ってあげたいと感じました。しかし、私は適度な運動が伴わないと何も食べても美味しくないし、効果もないと考えていますから、運動と併用する方法にしたいと思います。

yes 体の喜ぶこと (あゆめあゆめ・神奈川・パートナー無・27歳)
日々の食事の中で薬膳とまではいかなくとも、常に自分と家族の健康状態に合わせたものを用意しようと心がけています。今までは本などで学ぶだけでしたから、ここ最近の薬膳を取り入れたメニューを見るととても勉強になります。外で薬膳カレーを食べたときには、その美味しさと「薬膳」という力みのようなものを感じさせない味に驚かされました。自分のヒット作は未だこれといって無いのが少々寂しいですが、体の喜ぶ声に耳を澄ませて、諦めずに作り続けていきたいと思います。

yes 身近に取り入れたい (いんこいんこ・大阪・パートナー有・44歳)
半年ほど前に、薬膳のフルコースを頂いたことがあります。体によい食べ物なら、もっと身近に、気軽に取り入れたいです。ただ、調理法とかがよく分からないので、私の場合、レシピブックが必要です。時間があるときに、子供と一緒に調理するのも楽しいでしょうね。

no 体にはよさそうですが…… (kimirie・兵庫・パートナー無・36歳)
健康でいたい!とは思いますが、今の時点では、薬膳を美味しく作る自信もないし、美味しい物を食べる幸せを感じたいから、やっぱり、取り入れたいとは思いません。ただ、近所でそう言ったお料理がいただけるのなら、日々というより定期的にそこに通って、食生活の一部として取り入れることはしたいと思っています。また、簡単に美味しく作れるレシピがあれば、徐々に献立の中に取り入れたくなるかもしれません。あまり考えず、美味しく健康で生きられる方が私はいいですね。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「元気定食薬膳」は寒・熱を基に
中国商品の安全への信頼失墜の報道がなされる逆風の中、タイミングが悪く薬膳の登場となりました。にも関わらず、たくさんの投稿を誠にありがとうございます。うれしく読ませていただきました。

薬膳を取り入れてみたい“デミー大阪”さんはじめ、取り入れたくないと投稿されました“kimirie・兵庫”さんなどまだ、薬膳は体によさそうだけど美味しくないというイメージなのですね。食いしん坊でこの世界に入った板倉は美味しさで薬膳にはまりましたよ。

薬膳は漢方の考えを料理に活かしていますが、食材はいつも皆さまが普段使われるもので大丈夫なのです。決して特別な料理ではありません。

西洋医学のカロリーの栄養学は寒・熱の概念がありません。薬膳は体質の寒・熱を基に、冷え症タイプか暑がりタイプかで食材を選びます。食事は家族みんなで囲むものです。冷え症タイプの方は体を温める食材を多めに、暑がりタイプの方は体を冷やす食材を多めに食べることで体調を整えます。

例えばナスは体を冷やしますので、体を温めてくれる生姜(しょうが)を添えて「焼き茄子に生姜」、きゅうりは涼でうなぎは温なので、うなぎときゅうりの和えものの「うざく」。またとうがんの海老あんかけもとうがんは涼で海老は温、冷や奴に体を温めるねぎや生姜を添えることでバランスのよい献立となります。いかがですか?難しくないですね。

生姜はよく薬味に使いますが、風邪や肩こりに効く葛根湯の中に生薬として処方されています。解毒、殺菌作用があり、血行をよくして肩こりに、また吐き気を改善してくれます。このように食品と生薬の線引きは難しいのです。

はじめに書きましたように副作用があるものが薬、そうでないものは食材として薬膳では料理します。栄養や効果が優れているので、薬膳食品として扱い普通の食品と区別します。

薬膳の元気の目安は「気」「血」「水」で表します。「気」はやる気、勇気、元気、精気、陽気などと日常的に使っていますね。いわば生命エネルギーや精神状態のこと。

「血」は体に酸素や栄養を運ぶ血流の量や循環。「水」は汗や尿、リンパ液など血液以外の代謝のことです。夏は暑さのため「気」「血」「水」のバランスが崩れやすいので、夏バテに。薬膳食品をトッピングして早く正常な状態に戻しましょうね。

薬膳を身近に取り入れお子様と一緒に調理するのも楽しそうといわれる“いんこいんこ・大阪”さん、体の喜ぶ料理を作りたい“あゆめあゆめ・神奈川”さん、今日の薬膳レシピは15分で出来る簡単和えご飯ですよ。食欲のない時もこのご飯ならバクバク!! ぜひ、作ってみて下さいね。

明日は具体的に「気」「血」「水」のバランスを整える薬膳をご紹介しましょう。皆さんは不調なときどんなものを食べてパワーアップしていますか?



■チャーシューとクコの実のあえご
<材料4人分>
薬膳食品 ・クコの実 大さじ1
      ・酒 大さじ1
      ・チャーシュー(焼き豚) 100g
      ・白菜キムチ 100g
      ・細ネギ 3本
      ・たれだししょう油 大さじ2
      ・みりん 大さじ1
      ・熱いご飯 600g

<作り方>
(1)クコの実は酒に漬けてやわらかく戻す。
(2)チャーシューは7个粒兩擇蠅砲垢襦
(3)・白菜キムチは細く刻み軽く絞る。
   ・細ネギは小口より刻む。
(4)ご飯に ↓◆↓、たれを混ぜ合わせて、いただく。



枸杞子(くこし) クコの実

食味=甘、食性=平

薬膳(漢方)では、感覚器と臓器とは密接なつながりがあると考え、目は「肝」と関係があります。肝の機能が落ちていたり、血液が不足している時に目が充血する、肩こりや嘔吐感など目の不快症状が出やすいのです。クコの実はベータカロチン、ビタミンB群、Cや鉄、マグネシウム、亜鉛など15種類以上の微量元素を含み、疲労、無気力、頭痛、目の疲労に用いられ肝臓の働きを高めます。

板倉啓子
国際薬膳食育学会会長、メンター・フーズ代表取締役
板倉啓子


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english