自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2248
スポーツするときの食事、考えてますか?
投票結果
54  46  
374票 314票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2007年09月03日より
2007年09月07日まで
円卓会議とは

古旗照美
プロフィール
このテーマの議長
古旗照美 管理栄養士 健康運動指導士
円卓会議議長一覧
たくさんの投稿・投票ありがとうございます! 現在、2日目。Yesが54%でややリードです。このサーベイが始ま……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 運動前は軽く30分以上前に (yyukie・茨城パートナー有・)
それが、理にかなっているのかどうかは正直わからないのですが、少し激しい運動をする前には軽く食事をとります。具体的には、おにぎりを1個とバナナ1本と、アミノ酸系ドリンクなどです。ただし、ヨガの場合は水分補給のみで、1〜2時間前にはほとんど食べません。運動中はほぼ、アミノ酸系ドリンクのみ、運動後は、その時食べたいと思ったものを食べるようにしています。その時によって異なりますが、やはり、炭水化物系とお肉類の組み合わせが多いです。

yes 食べるほうが難しい (igyuko・東京・パートナー有・35歳)
会社帰りにジムに行って走ることがあります。軽めでも運動前に何か固形物を食べると、運動中に逆流するような感覚になることがあるので、基本的にはランチ以降何も食べずに行きます。長いと23時くらいまでジムにいて、これまでそれでも空腹で倒れたり気分が悪くなったりしたことはないのですが、飢餓状態になってもあまり良くないようにも思うので、今度はゼリー飲料などを試してみようかと考えています。

yes ジムの後の…… (junno・神奈川・パートナー有・37歳)
ジム通いでお腹が減って帰りに外食でどか食いし、よけい太るという悪循環にはまったこともありました。今は、白身の魚や鶏肉を中心としたヘルシーな食事を下ごしらえしてからトレーニングに行き、帰ってから調理しています。下ごしらえをしているので外食に逃げることもできず、調理の時間分インターバルがあるので食べたい欲求もだいぶ収まり、普通の量の食事でも満足できるようになりました。

yes たんぱく質を意識しています (すずけい・海外・パートナー無・38歳)
筋肉のことを考えて、夜はたんぱく質中心の食事を心がけ、炭水化物は取りません。朝は好きな炭水化物をたっぷりとって、脳を活性化させています。水分補給はのどが渇いた時点では遅い! と思って、常に水を含むようにしています。

yes エネルギーになるもの (小桜・東京・パートナー有・38歳)
仕事で、走らなければいけないことがあるのですが(タイムトライアルです)、午前中だと、朝は食べずにゼリー状のサポート食品にするとか、胃に重くないものを摂ります。スポーツは別としても、現代日本人は、食べすぎですよね。

yes もちろん考えています! (kotodama・愛知・パートナー無・39歳)
以前プロテインを飲んで運動していたら、筋肉がつきすぎただけでなく、15%だった脂肪が18%になってしまい、いまだ落とすことが出来ません。今はパーソナルトレーナーに食事の管理もお願いし、筋肉があまりつかないように注意しています。

no 考えていませんでした (princessmiyaya)
以前ジムに通っていた際、おなかがすいてしまうし、終わった後では遅いという理由で、直前に急いで食べることが多くありました。そのせいで気持ち悪くなることが多く、結果も出すことが出来ませんでした。食事の摂り方、内容を考える必要性を感じました。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
スポーツする方の食事基本スタイル
たくさんの投稿・投票ありがとうございます!
現在、2日目。Yesが54%でややリードです。このサーベイが始まる前は、Noと答える方が多いのでは……と思っていましたが、予想は大ハズレ! みなさん意識されているのですね。素晴らしいです!

さて、投稿を拝見すると、Yesとお答えくださった方でも意識されているところがそれぞれ異なります。例えば、igyukoさんのように「運動前には何も食べない」とおっしゃる方、yyukieさんのように「運動種目によってトレーニング前の食べ方を決めて」らっしゃる方、「筋肉をつけるといった目的を達成させるためにたんぱく質の摂取を意識されている」すずけいさんとkotodamaさんなど、さまざまなご意見がありました。

これは、最近「スポーツ栄養」に関する書籍が増えてきたことや、TV・ラジオなどのメディアでも「スポーツ栄養」に関して取り上げられる機会が増えてきたからみられる現象なのでしょう。

ただ、Yesとお答えくださった方の投稿の中でも少し偏った意見もあること、スポーツ時の食事について意識されていない方(Noの方)も少なからずいらっしゃるので、まずはスポーツをする人の食事基本スタイルをご紹介しておきたいと思います。

スポーツする方の食事基本スタイルは、「主食・主菜・副菜・汁物(副菜をもう1品でも可)・果物・乳製品」の6つを揃える形です。

あまりスポーツをされていない方の食事基本形が、「主食・主菜・副菜」の3つなのに対し、スポーツをしている方は、運動によって使われたエネルギーや各栄養素の質と量を確保するために、「汁物・果物・乳製品」をプラスして欲しいのです。

ただ、脱メタボやダイエット(減量)が目的でスポーツしている方の場合には、食事の質は落とさずに、量をコントロールする必要があります。食事の「質」を確保するためには、やはりいろいろなものを食べること!皿数は多く、量は少なめ、つまり懐石料理のようなスタイルが理想といえます。

とはいっても朝からそんなに皿数を用意すのは難しいといった方もいらっしゃることでしょう。その場合には、主食のごはんは前日タイマー予約しておき、主菜は納豆、あるいは生卵といった手のかからないものを用意。副菜は前日の残り物や、洗うだけで食べられるレタスやトマトなどを準備し、汁物は前夜の残りに乾燥ワカメやお麸などを加えてちょっぴりアレンジ。乳製品と果物もそのまま食べられるものを用意すれば、それ程負担にならないのではないでしょうか?

あるいは、ポトフのような具だくさんスープを用意すれば、主菜・汁物(副菜)を兼ねることができます。このように、あまり気構えないことが継続するコツです。

さて、明日はトレーニング内容(運動種目)によって工夫している食べ方があれば、ぜひ教えて下さい

例えば、マラソン大会の前夜にはパスタを食べているとか、ウエイトトレーニング後には、たんぱく質豊富な肉・魚料理を積極的にとっているなど……。引き続き、ご投稿お待ちしております。

古旗照美
管理栄養士 健康運動指導士
古旗照美


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english