自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2414
最近、図書館で調べものをしたことがありますか?
投票結果
41  59  
360票 526票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2008年03月31日より
2008年04月04日まで
円卓会議とは

西田治子
プロフィール
このテーマの議長
西田治子 マッキンゼー社 リサーチ・マネージャー
円卓会議議長一覧
皆さんの投稿を拝見しますと、日頃便利なインターネットを活用されながらも、今でも図書館そのものが好きな……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes もうひとつの書斎のようなもの (ジョゼフィーヌパートナー有・)
ライターをしているのですが、ピンポイントで何か調べたいときにはやはりネットが多いです。でも、漠然と「その業界の全体像とか雰囲気をつかみたい」とかいうときに図書館へいくと結構ヒントが見つかります。あと、インタビューする前にその人が過去に受けたインタビュー記事や著書などを見ておくことが多いのですが、古い著書や、雑誌のバックナンバーなどもすべて揃っているからとても便利。図書館は、ホントなくてはならないもうひとつの書斎のようなものです。

yes 新しいことを始めるとき (coo717・三重・24歳)
新しいことを始めるとき、詳しく知りたいことがあるときは、図書館で初めての人向けの本を借り、参考文献やおすすめのサイトを調べ、その後ネットで検索します。去年初めてバレエを観に行ったときも、図書館で『はじめてのバレエ』等の本から入り、参考文献に挙げられていた『バレエの歴史』等も読みました。パソコンを長時間見続けるのはツライですが、本なら頭に入りやすく、苦になりません。ネットは情報量が多いので、まずは図書館で絞って調べた方がムダがないような気がします。

yes 図書館は「遅い」 (aibe・大阪・パートナー有・32歳)
翻訳という仕事柄調べ物は欠かせませんが、ほとんどネットでわかりますし、どうしても見つからない場合は大型書店で立ち読みしたりネット書店で関連書籍をまとめて購入したりします。図書館は古い情報や史料を調べるには便利な場合もあると思いますが、目的の本がなかったり借りられていることも多く、図書館までの移動や探す時間などを考えると、「これと思う本は買った方が早いし自分の身につく」と実感しています。

yes 学生時代も今も活用してます (noriari・兵庫・パートナー有・35歳)
ピンポイントで調べたいものがある場合にはインターネットを便利に使っています。でも、仕事のビジョンを探る、固める、大きく制度を変えるための準備に広くいろいろな選択肢を揃えたい場合などは図書館に行って、関連する書籍を片っ端から読みます。古すぎるものは使えませんが、世の流れを知るために多少の過去は知っておきたいので最新の情報だけでは困るのです。もっと他のジャンルの本が読みたいなぁと横目で見ながらですが。

no 子どもが入れない図書館 (草苺醤・東京・パートナー有・39歳)
私が大好きな広尾の中央図書館。専門性の高い内容は、近所の区民図書館では探せないことが多いので、中央図書館へ行っていました。でも、中央図書館は15歳未満は入場できません。確かに、図書館は静かに本を探したり、読んだりしたい場所なので、子どもが走り回っていては、落ち着かないですよね。息子は今年7才。一緒に入館できないので、あと8年待つかな……。8年後も、一緒に出かけてくれるのか心配ですが。

no 図書館が開いてない! (yu-ho・北海道・33歳)
図書館、大好きでした。学生時代は良く行きました。今でも、本当はすごく行きたいと思いますし、インターネットでは得られない精度の高い情報が得られると思います。でも、私の仕事が終わる時間になると、図書館はすでに閉まっているのです。行きたくても行けません。休日も、いろいろ手が離せないことが多く、気がつけばここ7年ほど行っていないですね。

no 目的のものの前後 (あきお・東京・パートナー有・33歳)
先週、子どもの本を借りるために行きました。『ももたろう』を借りたのですが、5〜6冊あり、いろんな桃太郎がいました。自ら思い立ち鬼が島へ行く桃太郎、じじばばにせきたてられてやっと腰を上げる桃太郎。子どもの読み聞かせのために借りた本でしたが、以前通っていたころのワクワクを思い出しました。目的の本を探すとき、ちょっと隣を見ると気になる単語が見えるのです。辞典と同じですね。そんな偶然がおもしろかった。また図書館通い続けたいです。

no 無知の知 (Fumi.N・広島・パートナー無・26歳)
情報が氾濫していて、本当は知らないことでも知っているような感覚になっています。知らなくても検索でさらっと読んで知ったつもりになる。知らないから解るまでいろいろな観点から調べるということをしなくなってから、いざ人に説明するときに本当に理解していないということに気づきます。図書館行きたくなりました。
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「もっと図書館を利用したい」
皆さんの投稿を拝見しますと、日頃便利なインターネットを活用されながらも、今でも図書館そのものが好きな方が多いのだとあらためて感じました。

私も図書館が大好きです。プライベートでは、(ジョセフィーヌ)さんのように書斎がわりに使いたいと思っています。でも、(yu-ho)さんのように、私が使いたいときに使えないことや、(aibe)さんのように、目的の本が見つからないことも多いので、図書館に行くよりも、買ったほうが良い状態になっています。

私は、図書館は国の文化を物語るものでもあると思っています。
太古の昔、アッシリアやバビロンにも図書館がありました。アレクサンドリアの図書館は古代世界で最高にして最大の図書館として後世に語り継がれています。昔の知識・知恵を継承し、今でもアルキメデスや紫式部の古典を読むことができるのも、どこかにこうした図書館のようなものがあったからだと思えるからです。もちろん昔は庶民が利用できるものではありませんでした。それが、現代は皆が利用できる素晴らしい世の中になりました。

日本よりも費用対効果とか、効率を重視するように思えるアメリカ社会ですが、私が、アメリカに留学したときに衝撃を受けたのは、経済効果が見えにくい図書館の充実でした。大学の中央図書館が24時間ほぼ一年中利用可能なのは当たり前。公共図書館でも、誰でも利用でき、中央図書館ではやはり24時間開いていて、レファレンスサービスのところには、その図書館の生き字引みたいな専門家がいて、いろいろと本のことについて教えてくれました。そうか、アメリカにはこういう一面もあるのか、侮れないなと思ったのでした。

最近では、東京の池袋の豊島区中央図書館、九段の千代田区立図書館のように平日も夜遅くまで開いていて、いろいろなサービスを提供してくれる図書館も出てきましたが、まだまだごく一部の動きであるような気がします。

図書館好きの皆さん、どのような図書館だったらいいなと思いますか? また、実際に図書館で働いていらっしゃる方は、現状をどうお考えですか、今よりもどのように変えたらいいと思われますか? ぜひ、いろいろなご意見をお聞かせください。

西田治子
マッキンゼー社 リサーチ・マネージャー
西田治子


関連参考情報
■ 「「なぜ?」と思うことが、よくありますか?」
「なぜ?」と思い、いろいろ調べていくと、それまで気づかなかったことに出会える
■ 「小説家のリサーチとは……?」
佐々木かをり対談 win-win > 第5回 松本 侑子 さん
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english