自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2587
オバマ次期米大統領に期待しますか
投票結果
91  9  
619票 61票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

4日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2008年11月10日より
2008年11月14日まで
円卓会議とは

藤田正美
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
藤田正美 『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
円卓会議議長一覧
ぱーと救急医さん、いつもご投稿ありがとうございます。ご意見に全面的に賛成です。要するに「変わるのを待……
議長コメントを全文読む
3日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 変化を求める (ポーチュラカ・福島県・パートナー無・41歳)
日本の変えていきたい部分はたくさんあります。政治家の天下りをやめさせるとか、食料自給率をあげるとか。福祉や医療を充実させるなど課題は多く、与党には期待できないとなれば、日本にも革新を求めます。実現には国民ひとりひとりの考えが変わらないと無理だとは思います。

yes 日本の政治 (na2006000102・岡山県・パートナー無・38歳)
アメリカ大統領にアフリカ系のオバマさんが選ばれたことは大きい変化だと思います。日本もあれぐらいの議論のできる政治家の登場が急務だと思います。民主主義の原点に返り国民本位の政治をして欲しいと思います。特に総理も短期間で変わり、大臣はもっと短い任期の現状では官僚政治の改革など夢のまた夢です。私たち国民ももっと政治に興味を持ち政党ではなく人物本位で投票しオバマのような政治家を育てるような気持ちでいい人を選び国を変えていきましょう。

yes 突き抜けるのは大変 (ぱーと救急医・千葉県・パートナー有・35歳)
日本という国では「調和」が本当に大切。そこを突き抜けるのには本当に努力が要るし、それを維持するのは難しい。現状を打破する必要があることは分かっているけど、それを行動に示すことのなんと難しいことか! 「オバマは生まれるか」ではなく、「オバマになるのだ!」と考えます。自分自身が変革を求め、そのために行動できない限り、日本には強いリーダーが生まれない。自分がリーダーになるつもりで考え、行動したい。強くそう思います。

yes 科学の進歩に貢献する政権に (IPウーマン・東京都・パートナー有・39歳)
かつて日本にも「変える! 変える! 」と連呼して絶賛を浴びた首相がいましたが。オバマ大統領に期待が持てる、と感じたのは、ブッシュ政権でことごとく待ったをかけられた科学分野の研究を再開する、というようなことを述べたときです。これまで戦争に費やしていた莫大な資金を科学研究の発展に投入したい(未定ですが) というオバマ氏の姿勢は、日本も大いに見習うべきだと思います。宗教的、倫理的な問題をどうクリアするのか、お手並み拝見です。

yes 近い将来には必ず (Pururu・東京都・パートナー有・47歳)
明治維新での薩長の政治家や戦後では田中角栄さんなどは、ある意味オバマさんだったのではないかと思います。今の日本人は欧米に比べてポリティカルではなくすぐにではないかもしれませんが、このまま内向きの古い政治が続けば、必ず坂本竜馬―オバマさんとは違いますが―のような人が現れると思います。有権者としては、焦ってとんでもない人を祭り上げることだけは避けたいです。

yes 最低限の生活が保障された国へ (minerva21・福岡県・パートナー無・33歳)
アメリカはやはり「自由」な国であって欲しいという個人的な気持ちがあります。しかし、今アメリカは「自由」な国というよりも「格差」の国であると思います。私の考える自由な国は、個人個人の能力が十分に発揮でき、チャンスが平等に与えれる国です。能力を活かす、発揮するための最低限の教育や病気になった際の生活・医療の保障制度は社会主義的かもしれませんが、整備していく必要があるのではないでしょうか。

no 米国一国主義になるのを恐れます (icuco・東京都・パートナー無・42歳)
ダイバーシティの実現という意味では喜ばしい結果ですが、米国大統領という責務は、そんな次元で語られるものではないのでは? と思っています。経験も知識もない上、今の厳しい経済環境の中で取り組むとなると、どう考えても世界のリーダとしての役割を放棄し、国内利益確保を最優先に動き出しそうで、それを恐れます。米国にとって中国は最大のマーケットでしょうから、その意味で日本より大事にするでしょう。そうなると、日本の安全は、日本でしか確保できないわけで、今のままでは心配です。
4日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
日本はすでに行き詰まっているのだろうか
ぱーと救急医さん、いつもご投稿ありがとうございます。ご意見に全面的に賛成です。要するに「変わるのを待つ」のではなく「自分が変える」ということですね。日本が変わらないのは、自分が変えようとしないからだと考えることができれば、もっと変わるチャンスが生まれるのではないでしょうか。

ただそれと同時に、どのような社会を望むのかということをもっと議論しなければならないと思います。オバマさんも社会活動をしながら社会の在り方がおかしいと考えてきました。そして政治家になってからも何かおかしいと思いながら、それではどういう社会であるべきなのかを追求してきたのです。

興味深いのは、麻生さんが3年後に景気が回復してくれば消費税の増税も言ったことに対して、野党は一斉に景気対策の効果を削ぐものだと批判しました。しかし国民は、それほど拒否反応を示していません。消費税はやがて上げなければならないだろうということに理解を示している人が結構多いのです。

その意味では、国民は負担するのは嫌だと単純に思っているわけではありません。そうすると、要するに問題は税金の使い道をどうするのか、われわれ国民がもっとコミットするということになるのかもしれません。官僚が決めているということは、要するにわれわれの代表である議員が怠けているということでもあります。そしてそれを有権者が許しているということなのです。

ということはオバマが生まれてほしいというのではなく、私たちが私たちのなかに「オバマ」を生まなければいけないということになるでしょうか。

皆さんが日本の政治も変わってほしいとお考えになっていることはよくわかります。それでは、日本のオバマが生まれるような行き詰まった状況、minerva21さんが言われるような状況にすでになっていると考えますか、それともまだそこまでは行っていないと考えますか。たくさんのご投稿をお待ちしております。


藤田正美
『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
藤田正美


関連参考情報
■ 「新米大統領が世界にもたらす影響とは?」
イー・ウーマンユニバーシティ > 「ニュースを読む」101/102 〜米大統領選をテーマに、ニュースを読み解く〜
■ 「オバマさんに米大統領になってほしいですか?」
2008年9月時点、イー・ウーマン参加者が選んだのは……!?
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english