自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2722
撮影後、その写真をうまく活用していますか?
投票結果
25  75  
97票 297票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2009年05月18日より
2009年05月22日まで
円卓会議とは

押本龍一
プロフィール
このテーマの議長
押本龍一 米国LA在住 フォトグラファー
円卓会議議長一覧
YESの方から、 千葉県のnon蒼papa さん、 写真が掲載されているとその場の雰囲気が伝わりやすいですね。……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes トレーニング過程の励みに (non蒼papa・千葉県・パートナー有・48歳)
ブログはやっていないのですが、英語トレーニングのSNSに参加して、その日記にアップしています。目的が限られたSNSなのですが、その目的にまつわる日常について、自分がトレーニングをしている頃に生じた出来事や感じたことを言葉で残すだけでなくビジュアルにするとにより鮮明に、トレーニングの過程と日常の結びつきをリマインドできます。もしかすると、他の参加メンバーにとっても、こんな日常の中でトレーニングしているんだという参考になっているかもしれません。

yes ネットで公開、地域の写真展にも (StraySheep・茨城県・パートナー無・41歳)
写真は小学生の時分から撮っているので、かれこれ30年の付き合いです。最近はデジタルを使う機会が多いですが、その分発表の場が増えたと感じます。主に投稿しているのは「fotologue」と「GANREF」で、この二つのサイトはFlashで公開しているので簡単にダウンロードで二次利用されたりしない点が安心出来ます。あとは、年に数回程度ですが地域の写真展に応募したりしています。特に桜の写真は毎年欠かさず応募します。撮りっぱなしではもったいないと思っています。

yes 世界とのコンタクト (Coco Bennie・広島県・パートナー無・40歳)
私はflickerを利用しています。ずっと前は、プリントして、郵送していて、費用もかかり、整理整頓にも時間がかかりました。しかし、flickerがあれば、遠隔の地に住む親せきにもいつでも見てもらえますし、海外からも見てもらえます。世界とのコンタクトを保つのに非常に役立っています。ブログも日本語、英語の両方で書いていますが、写真は言葉の壁を越えて、分かりやすく、お互いが元気なのかとか、最近どんなところへ旅をしたかとか、美味しいものを食べたとかいろいろ情報交換できています。

yes 写真館で撮った写真 (ikkyuusan193・東京都・パートナー有・37歳)
普段の写真はアルバムに収めて、たまに見るぐらいです。活用できて意外によかったのは、海外で撮影してもらった写真たちです。小さなアルバムにしてもらい、ベットルームに飾っています。数年前のものになりますが、家族にも大好評。常に見て大事にしています。ただ、一緒にいただいたデータはあまり活用できていません。それが残念です。

yes かなり活用します (うっこ・福岡県・パートナー有・46歳)
主にブログに毎日アップしていますが、それ以外でも、遠くに住む親しい友人や家族にメールで送り、近況を添えたり、携帯電話やPCの待ち受け画面、壁紙に使ったりとかなり使っています。また、夏の暑中見舞いハガキや年賀状にも活用しています。最近は名刺にも使ってみました。

yes デジタルフォトフレーム (miyupyom・千葉県・パートナー有・29歳)
最近、デジタルフォトフレームを買ったので、それを活用しています。これまで旅行や結婚式で撮った大量の写真は、一部は印刷しましたが、ほとんどがPCの中に眠ったままでした。デジタルフォトフレームは、スライドショーができてとても便利です。カレンダーの壁紙に写真を使うこともできるので、今後も活用していこうと思います。

no 月並みですが (yummin・長野県・パートナー無・37歳)
月並みですが、時間がありません。PCに転送して保存しておくくらいです。年に1度、近況報告のメールに添付するか、しないかです。メールに添付したいただいた写真も、そのままPCに保存してあります。 時々見返して、娘の成長を実感してます。 

no とらなくなってしまいました (白井 直・石川県・パートナー無・30歳)
デジカメでも、撮影後の処理をずぼらで先送りしてしまって憂鬱になる為、最近は撮らない、ないしは1、2枚程度です。とった写真をまた見返すことを滅多にしないのも理由の一つです。お友達の結婚式の写真とか、みんな撮った後の処理を知りたいです。旅行での美しい景色と思い出すきっかけになる参加者全員での一枚は欲しいなと思いますが。ただ、PCの中やCD管理はコンパクトですが、絶対見返さないと思えるので、気に入った写真だけ印刷、と考えています。

no パソコンに貯めているだけ (lady・兵庫県・パートナー無・40歳)
デジタルカメラをメインに使うようになって10年あまり、フィルムを使っていた時よりも、焼いてアルバムに貼るということをしなくなってしまいました。カメラからダウンロードしてパソコンに貯めておき、時々眺めるだけ。他の人との写真のシェアも手軽になって、かえって少なくなってしまったように思います。楽しい使い方を知りたいです。

no 写真データが溜まる一方 (ayaPa・神奈川県・パートナー無・33歳)
私の場合、デジカメで写真を撮って現像に出して、パソコンのアルバムソフトに保存したら、もう二度とその写真データに触れることはありません。現像しているので、写真を見るなら現像したもので十分です。データをスライドショーで見たりしないですね。写真の枚数はかなりありますから、パソコンの容量を圧迫してきました。でも、このデータを捨ててしまうにはまたいつか使うかも、と決心がつきません。
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
写真を活かすヒント
YESの方から、
千葉県のnon蒼papa さん、
写真が掲載されているとその場の雰囲気が伝わりやすいですね。ネット社会になり、状況を伝える手段しての写真はその威力を増していると感じます。

茨城県のStraySheepさん、
ネット社会になり、写真を公開する方は増えました。その公開手段も多いですが、無断に利用されないよう写真を守ることも必要ですね。

広島のCoco Bennie さん、
ネットにアクセスできれば、写真を遠くにいる人にも見せられる時代になり、私が写真を始めた30年前は想像すら出来なかったことですが、今では私もブログで写真をアップしています。しかし、頻繁にアップすると行動範囲を知られてしまい、秘密の行動が出来ません(笑)。

東京のikkyuusan193さん、
パソコンの画面上だけで写真を見る方も多いと思いますが、プリントしてフレームに入れたり、アルバムにして何度も見返すのは楽しいです。私はデジタル主流になった今でも気に入った写真はプリントしてフレームに入れて飾ることが一番の楽しみです。

福岡のうっこさん、
毎日ブログに写真をアップされ、多目的に写真を利用されているので、相当数の写真を撮られていると思います。そしてその写真の後処理も習慣にされているからこそできる写真ライフですね。

千葉県のmiyupyomさん、
デジタルフォトフレームはデジタル時代を感じさせる写真鑑賞法ですね。いろいろなタイプが出ているようで、私もきれいな風景をたくさん入れて両親にひとつプレゼントしたいと考えています。

NOの方から、
長野のyumminさん、
写真を活かすのは確かに手間隙かかりますね。しかし、写真を頻繁に撮られていないのなら、その数もさほど多くないと思いますので、数ヶ月に一度でいから写真を整理してみることをお勧めします。そうすると今まで見逃していたり忘れていた写真に再開し感動があると思いますよ。

石川県の白井 直さん、
私は撮影後気に入らない写真をカメラのモニターで見ながら消す作業をしています。いらない写真は持ち帰らないようにしているわけです。いい写真を間違って消さないように気を付けていますが、今まで消してしまった事はないです。最低限の枚数だけしか撮らない方法もいいと思いますよ。

兵庫のladyさん、
デジタルカメラで撮ったデータもフイルムだと思ってプリントしてアルバムをつくって欲しいですね。私は記念写真を撮った友人には必ずデータにプリントを付けて渡します。

神奈川のayaPaさん、
パソコンに保存しているといつかは一杯になりますから、外付けハードデスクに保存したりCDに落とすなど何所か別のところに写真データを保存することをお薦めします。私は絶対に使わないと判断した写真は定期的に捨てる作業をしています。仕事で撮影した写真は記録として全て残しています。


二日目は、YESの方からはそれぞれの写真の楽しい活用法を、
NOの方からは、うまく活かし切れない原因を投稿していただきました。
明日も引き続きYESの方からはその活用方を、NOの方からはなぜYESでないのか教えて頂けたらと期待します。また、この二日間の投稿から、自分も試してみたい活用法があればお教えいただきたいと思います。

「撮影後、その写真をうまく活用していますか?」

押本龍一
米国LA在住 フォトグラファー
押本龍一


関連参考情報
■ 「カメラは携帯電話で十分ですか?」
最近、カメラってどうしてますか?
■ 「お気に入りの結婚写真、ありますか?」
ゲストに気をつかっていた二人をゲストから少しの間解放してあげると、リラックスしたいい表情が撮れる
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english