自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2722
撮影後、その写真をうまく活用していますか?
投票結果
26  74  
113票 329票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2009年05月18日より
2009年05月22日まで
円卓会議とは

押本龍一
プロフィール
このテーマの議長
押本龍一 米国LA在住 フォトグラファー
円卓会議議長一覧
YESの方から、 東京の ドナドナさん、 何か記録するために撮った記録写真も、後になって見返すとその時……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes メモリ(思い出と記録)の両方で (ドナドナ・東京都・パートナー有・44歳)
私にはPCと同じ位大事です。時には思い出の記録、時にはメモやコピーの代わり。子どもの写真など急いでアルバムにしてCDやDVD化して、一緒に参加したお友達に配ったりしています。通りすがりのイベントポスターも、PC内部の部品の型番も、名刺交換した方との議事録につけたりもします。ちゃんとこちらを向いてないMTGの雰囲気だけの写真も、記憶を呼び覚ますにはよい材料です。また、ポートレートじゃなくメモの為に撮影した写真は加工して素材として使うには最高です。

yes デジタルフォトスタンド (のぶのぶこ・東京都・パートナー無・34歳)
通常、厳選した写真をネット上のアルバムにアップして、お友達にURLを送ったり、自分自身はスライドショーなどで楽しんでいます。最近、流行のデジタルフォトスタンド。注目しています。これを活用すれば、部屋でいつでも写真が見れますよね。再生スピードなどの調整はできるのか?などまだまだ不明なことは多くありますが、購入してみたいと思っています。

yes 家族写真をフォトブックに (StraySheep・茨城県・パートナー有・41歳)
まだ1冊しか作っていませんが、家族のデジタルで撮影した写真はフォトブックにしようと思っています。MacintoshであればiLifeの機能としてフォトブック作成が出来ますし、Windowsでもフィルムメーカーや大手のチェーン店でフォトブックを作成するサービスを行なっています。プリントを自分でレイアウトする楽しみもありますが、きちんと製本されて「世界で1冊の写真集」になって届くというのもなかなか楽しいものです。

yes YESかな? (HIKO・東京都・パートナー有・39歳)
コピーの取れない資料を撮影したり、メモ代わりにパチリと1枚という写真が、意外に役に立っています。無駄にしている写真も多いのですが。外出先でブログのネタにするつもりで写真を撮っても、家に帰って来た時はその気持ちが消えていて、結局書かずじまい、写真も使わずじまい、ということもよくあります。

yes 私的乗り物博物館 (soo_007・茨城県・パートナー有・43歳)
我が家では乗り物の写真をよく撮ります。その中には、もうすでに廃線になった路線や、今は博物館にしかない乗り物が現役で活躍していた頃のものがあります。これらの写真に解説をつけて、私的乗り物博物館ということで、まとめてみたいと思っています。まとめることで、撮ったときとは違う視点で見られるのではないかと思っています。

yes 自宅でのプリント (あんぱんち・北海道・パートナー有・38歳)
年賀状などへ写真をのせるのは自宅で行っていますが、写真のプリントはやはりお店の方がきれいです。でも、自宅で綺麗なプリントができたら気軽に1枚からプリントして飾ったり、人へのプレゼントもできるかなと思います。デジタルもいいですが、プリントしてみるというのも写真の楽しみかなと思っています。

yes 旅行に限りますが (lyco・愛知県・パートナー無・28歳)
旅行した時の写真はできるだけ早めにまとめて旅行記を作成するようにしています。以前は写真は撮りっぱなしでした。楽しかった旅行の切れ端をまとめないまま数年放置していたら、感動したはずの場所の名前が出てこないことがショックだったのがきっかけです。今は旅行記を作ることが楽しくて仕方ありません。日常生活を写すことがほとんどないので、今後はゆっくりブログに挑戦してみたいな、と思っています。

no 撮りすぎて疲労あるいは撮り忘れ (琥珀・東京都・パートナー有・40歳)
写真はもっぱらデジタルカメラでの撮影です。しかし旅行に行けば、出発前の写真しか撮っておらず、子ども(3ヶ月・ねんね)の写真は気合を入れて撮りすぎて整理をする前にくじけています。旅行などは、こんな気持ちになったら必ず撮ろう、あるいはこれがこの旅行の最高潮と思えるところで1枚だけ撮ろうと決めて出かけたらどうかと思っています。撮りすぎの写真は……。これは撮ったとばから整理して削除していくしかないでしょうか。

no デジタルデータにしてみます (meg助・栃木県・パートナー無・36歳)
いつもの写真屋さんでもやってくれた気がします。気に入ったものだけをデータにできるならそれに越したことは無く、また管理もしやすいですね。1本のフィルムに何枚も気に入ったのがあるなら別ですが、厳選するとそうでもないので。新しいことに手を出してワクワクするには、使いこなさなくては。なかなか苦労します(笑)

no 宝の持ち腐れ状態 (hinagiku・愛知県・パートナー無・43歳)
携帯電話のカメラで撮れた面白い写真は、ささっとブログにアップしているので、かなり活用できているのですが、問題は、わざわざカメラ持参で撮って来た写真の方。古いアナログ写真は、どれもこれも捨てられず、デジタル写真も捨てられず、更に画像加工が面倒で放置。私にとっては大切な宝物なので、きちんと整理して、一目で何がどこにあるか分かるシステムを作れたら!と切望すること、はや……何年だったかも忘れてしまいました。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
写真をもっと活用しよう、整理もしよう
YESの方から、
東京の ドナドナさん、
何か記録するために撮った記録写真も、後になって見返すとその時の自分の気持ちやその場の空気が写っていて驚くことがありますし、写真の活用法を沢山知っていれば、撮った分だけその活用度が増えるのも写真と言えると思います。

東京の のぶのぶこさん、
デジタルフォトフレームは、これからも新たな機能がもっと加わるでしょう。スライドショーを楽しまれるなら、そのことを頭に入れながら撮影すれば編集作業も楽になると思います。

茨城の StraySheepさん、
写真編集ソフトを使い自分の世界を自分で作って、写真をレイアウトされると撮影も変わってくると思います。プロカメラマンはほとんどの場合、レイアウト確認しながら写真を撮影していてます。

東京の HIKOさん
ご自身でつまらないと決め付けている写真も、他の人が見ると案外おもしろかったりしますよ。撮った写真を有効に活用するために家族やお友達になるべく写真を見てもらう機会を増やすことをお勧めします。私事ですが、自分で撮ってつまらないと思っていた写真が雑誌の表紙をカバーしたことがありました。

茨城の soo_007さん
タイトルもよくすばらしい企画ですね。写真に解説がつくとその写真の見方も深まると思います。私も何かいい企画を考えたいと刺激されました。

北海道の あんぱんちさん、
最近デジタルデータから写真店で質のいいプリントが簡単に出来るようになりました。プレゼントもデータに小さなプリントを付けて渡すと喜ばれます。いくらパソコン時代でも、その場で見れるプリントは有難いものです。

愛知の lycoさん
楽しそうな旅行記が目に浮かんできそうです。旅は後でその行程を思い返すのも楽しみのひとつで、そのために写真は大きな手助けをしてくれますね。ブログを始められると、毎日が旅に感じられるかもしれませんよ。

東京の 琥珀さん、
デジタルカメラで撮影されているので、撮影時にカメラのモニターで要らない写真を消去するのは後の写真整理を短縮する上で有効です。撮っては消す、私はこの作業が習慣になっています。しかし、もう撮ってある写真は、残念ながらきちんと整理するしかないですが、決めて取り掛かれば意外と早く整理できますよ。写真整理から新たな感動も生まれますし、撮り方の発見も必ずありますから。

栃木の meg助さん、
1本のフイルムから気に入ったフレームを選ぶのも手間が掛かります。昔撮った写真を再生し新しい命を吹き込むわけですから、多少の手間隙は我慢したいところですね。しかし、その労力は報われると思いますよ。

愛知のhinaqikuさん、
撮り溜まった写真の整理、永遠のテーマですね。写真整理=人生整理と考えて、やはり一度覚悟を決めて、写真整理の日をつくりましょう。きっと楽しい作業になると思いますよ。

今回の円卓会議「撮影後、その写真うまく活用していますか?」
では、デジタル時代の新しいものから昔ながらの写真までの活用法を楽しく参考にさせていただきました。またどうしても疎かになりがちな写真整理の問題は予想より大きいものでしたので、この点は写真業界の方にも大いに参考になったと思います。撮影する時点で、どのように写真を活用しようか決めている方、そしてその活用法を多くも持たれている方が、写真活用の達人だなと思いました。

私も写真活用の達人になれるよう、精進していきたいと思います。
今週1週間、沢山の投票と投稿を頂き本当にありがございました。

押本龍一
米国LA在住 フォトグラファー
押本龍一


関連参考情報
■ 「カメラは携帯電話で十分ですか?」
最近、カメラってどうしてますか?
■ 「お気に入りの結婚写真、ありますか?」
ゲストに気をつかっていた二人をゲストから少しの間解放してあげると、リラックスしたいい表情が撮れる
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english