自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2745
あなたは“グリーン・コンシャス・ピープル”ですか?
投票結果
43  57  
134票 181票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2009年06月15日より
2009年06月19日まで
円卓会議とは

大和田順子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
大和田順子 LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
円卓会議議長一覧
たくさんのご意見ありがとうございました。YESが42%と意外に少ない?と思ったのですが、投稿いただいたご……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes マイボトルは習慣に (lady・兵庫県・パートナー無・41歳)
生活に無理しない程度にゴミを出さない工夫をしています。一番減ったのは外での紙コップの使用と、マイバックでのお買い物です。コーヒーショップでも、マイボトルに入れてくれるサービスがあったりしますし、温かいコーヒーも持ち歩けるのでちょっと嬉しくなります。 ただ、しばらく持っていたマイハシは、今続けるかちょっと迷っています。 間伐材を使った国産の木を使った割り箸を使うことで林業が守られるなら、外国の木の無理な伐採を止めることにもなるので、協力したいです。

yes できることから (ポーチュラカ・福島県・パートナー無・41歳)
食品を買うとき、野菜など地元産のものを買います。嗜好品のコーヒーは、農場と専属契約している通販のものを購入します。アンケートに答えて貯めたポイントで、尾瀬の保護に役立ててもらっています。今興味があるのは、すだれがわりに窓辺にゴーヤをはわせることです。

yes 小さなことですが。 (ぴょこん・神奈川県・パートナー有・37歳)
なるべく外食をせず、職場にはお弁当を持って行ってます。また、エコバッグ持参で買い物に行きます。(が、ゴミ袋ほしさに無料でくれるお店にも時々行きます)近い駅までは自転車か歩いて行き、車は持たない……小さなことですが続けています。よく考えると、節約にもなっている気がします。

yes 歴史 (真打ち・栃木県・パートナー無・39歳)
議長の問いかけに、日常を振り返ってみた。以前から、野菜は自宅で作ったり御近所から頂いたりと、環境に恵まれて暮らしているせいか、意識的な働きかけは無いが、その中で最近大きな変化があった。以前まで住んでいた、我家の歴史そのものだった古民家を取り壊したのだ。永年、いろりで真っ黒に燻された古材を始めとする古民家を支えてきた材料たちは、庭の倉庫で出番を待っている。新築やリフォームをするお宅で、新たな息吹が込められるのだ。

no 自己満足? (tulip・福岡県・パートナー有・37歳)
私は家族と自分の健康のために毎日料理をします。有機野菜を使い、家畜の飼料にも気を配り、洗剤も重層とクエン酸、石けんがメインです。でもそれはエコの為ではありません。一部のエコ活動は「地球に良い事をしている」という自己満足に終止したり、自己評価を高めるツールになったりしているように思います。私は、エコは「行動目標」ではなく、「結果」だと思います。体に良い生活をすれば、必然的に環境の自浄作用範囲の生活になると思います。新商品の販促戦略に乗らないことが大切だと思います。

no まだまだ (じゅんじゅんまま・東京都・パートナー有・42歳)
スーパーでビニール袋は貰わない、味噌汁や油を流しに流さない、可能な限りフェアトレード商品を購入する……自分が出来るだけのことは気をつけているのですが、まだまだ貢献できているというところまでは到達していないと思います。それでも、ひとりひとりの生活水準によって貢献できることは違うかも知れませんが、塵も積もれば……といいますから、この精神を心に持っている人でいたいと思っています。

no 言葉さえも初めて耳にしました。 (therapy・奈良県・パートナー無・27歳)
持続可能な……ということを大学の講義では聞いたことはありますが、グリーンコンシャスピープルという言葉を聞いたのは初めてです。環境に対して、日ごろからアクションを取っていることは雑誌を買ったときに袋はいらいないと言っていることくらいです。今週の円卓会議で、詳しく言葉の意味やみなさんが起こしておられるアクションについて学べればと思います。人間として生きている以上、人を思いやり、人の役に立つことは重要だと思うからです。

no そうありたいが…… (パフィンドーナッツ・埼玉県・パートナー有・40歳)
自分自身、”グリーン・コンシャス・ピープル”でありたいと思いますが、生活を振り返ると、便利さ、安さに流され、逆に負荷をかけている生活をしています。まずは、生活を見直すことから始めていかなくてはならないと思います。それから、消費生活の中で、より良い選択をしてゆかなくてはなりませんが、その選択の為に勉強をしなくては……と課題は多いです。いっぺんには無理でしょうが、段階を追って少しでも近づけたらなと思います。

no 大切なことって分かってますが (kimirie・兵庫県・パートナー無・38歳)
思いやりが大切なことは分かっていても、日常的にものに囲まれ、時間に流され、生活に追われ、忘れがちになっています。オーガニックのものを求めるようにしたり、エコバックなどを持つようにしたり、部分的には取り入れていますが、製造工程などはなかなか考えおよびませんね。記事を拝読し、尊敬の眼差しでいつもブログを拝読しているマザーハウスの山口絵理子さん等は、第一人者なんだろうな!と思います。そこまでグローバルには無理でも、近付いていきたいものです。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
ファストファッションからグリーンファッションへ
たくさんのご意見ありがとうございました。YESが42%と意外に少ない?と思ったのですが、投稿いただいたご意見を拝見すると、NOの方でも、グリーン・コンシャスな方もいらっしゃいました。そもそもコンシャスとは意識を持つという意味です。そして、自分の生活と、地球環境問題はつながっている、自分の行動でそうした問題を改善することができる、という意識がどこかにあれば、もうあなたはグリーン・コンシャス・ピープルです。

ポーチュラカさんのように、「食品を買うとき、野菜など地元産のものを買います」など食関連や、ladyさんのマイボトル、ぴょこんさんのエコバッグというように買物関連での行動も多いですね。また、真打ちさんの自宅の古民家を取り壊し古材として提供するというお話も素敵ですね。

NOと投票されているtulipさんやじゅんじゅんままさんも、ご意見を拝見すると立派なグリーン・コンシャス・ピープルですね。

さて、今日はグリーン・コンシャスな人はどんなファッションを選ぶかという話をしたいのですが、最近“ファストファッション”がもてはやされていますね。私としては「???」と思っています。かつてイタリアでファストフードに対してスローフードが提唱されたように、使い捨てを助長するようなファストファッションは時代に逆行していると思うのですが、いかがですか?

まず、素材。石油に依らない綿、シルク、トウモロコシ、竹などから作られた繊維がありますね。例えば綿にはオーガニックコットンというものがあります。通常、綿花はかなりの農薬を使用します。地球上の耕地面積の約2.5%にすぎないコットン畑に、全世界で使われている殺虫剤の約16%、 農薬全体の約10%が使用されているというデータもあります。また、働く人の健康や環境の汚染は甚大だと指摘されています。

そして、オーガニックコットンにも農産物と同じように、認証制度があります。国内ではNPO法人日本オーガニックコットン協会では、オーガニックコットン100%使用を「ORGANIC Pure」、60%以上使用を「ORGANIC Basic」と表記し、マークを商品に付けています。

このオーガニックコットン、原料はアメリカやインドから輸入されているのですが、国内でも綿花から作ろうと、アバンティという会社は今年から長野県小諸市内の畑で、信州大学繊維学部の協力を得て有機綿花づくりを始めたそうですよ。洋服も農産物だったわけですね。

次に、製造工程。服は途上国の工場で作られていることが多いわけですが、子どもたちが働かされていることもあったりするのです。そうではなく、社会的・経済的に立場の弱い人びとに、仕事の機会をつくり、公正な対価を支払い、彼らが自らの力で暮らしを向上させる支援のしくみ、それが “フェアトレード”です。日本では、フェアトレードショップ「ピープルツリー」で知られるフェアトレードカンパニーが、1995年からこの問題に取り組み、フェアトレードを国内で広めてきましたね。

海外ブランドでもアメリカ発のアウトドアウエアのパタゴニアや、ロンドンのキャサリン・ハムレットなどグリーン・ファッションブランドもあります。「マリクレール」元編集長でファッションジャーナリストの生駒芳子さんは、「ファッションの世界にもトレーサビリティを。そして、エシカルとクリエーション、エシカルとラグジュアリーの融合の可能性について模索する時代が到来した」と指摘します。

価格や流行だけで選びたくないし、自分が着ている服が誰かの犠牲の上に作られているとしたら、そんな悲しいことはないと思うのですが……
今日はグリーンファッションについて、ぜひご意見をお聞かせ下さい。

※オーガニックを着よう http://www.wear-organic.org/whats_oc/index.html
※日本オーガニックコットン協会 http://www.joca.gr.jp/
※フェアトレード基準 http://www.peopletree.co.jp/fairtrade/standard.html

大和田順子
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
大和田順子


関連参考情報
■ 「なるべく国産の有機野菜を食べていますか?」
有機農産物、日本では生産量の1%にも満たない
■ 「ポスト京都、日本の役割は大きいと思いますか?」
国内では日本は世界一の環境技術の国だと誇っていますが、世界は違った目で見ています
■ 「家庭単位で行われる環境活動を記録してみませんか?」
「環境家計簿」をつけてみましょう
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english