自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2745
あなたは“グリーン・コンシャス・ピープル”ですか?
投票結果
44  56  
163票 211票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2009年06月15日より
2009年06月19日まで
円卓会議とは

大和田順子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
大和田順子 LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
円卓会議議長一覧
私たちが食と同じくらい関心を寄せているのがファッションですね。ご意見ありがとうございます。 Kirkさ……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes すでに定番ですが (jury・大阪府・パートナー無・26歳)
3年前に一人暮らしを始めた時からLOHASと言われるような事は普通に毎日実践しています。最近50代の母親も有機野菜の宅配やフェアトレードのお店で買い物するようになり、確実に広まっているなと実感しています。フェアトレードの商品もファッション面でもデザイン性の高いものが増えてきて、嬉しく思っています。その反面、ユニクロやH&Mのようなファストファッションも魅力的で製造工程など考えずに購入してしまうのが現状です。「made in ○○」のタグだけでなく、詳しい製造工程まで追跡できる機能が欲しいですね。

yes 衣食住の衣なのに (Kirk・千葉県パートナー無・)
食や住に関してはクリーン・コンシャスだと自分では思いますが、正直言って「衣食住」の最初にくる「衣」のことはあまり気にしていませんでした。ただ、ジュエリーなどを身につける時は「この石を採掘するのにどれだけの人が過酷な労働を強いられ、自然が破壊されたか……」などと思うことはありました。これからは洋服のトレーサビリティを意識します! と言っても、原料の産地や生産・製造工程などは明らかにされているのでしょうか? 量産ファッションの場合って。

yes 流れをつくろう (ポーチュラカ・福島県・パートナー無・41歳)
個人で衣料品のトレーサビリティを極めるのはむずかしいかもしれません。大手の衣料品メーカーが意識を高く持って、フェアトレードやオーガニックを導入すれば、それを買うことで地球に優しくなります。世の中の流れはきっとそちらに向かっていると思います。

yes 長期的な視点で行動できる人 (Mahiko・東京都・パートナー有・30歳)
一時の利益に惑わされず、長期的な視点で、自分の行動を考えられる人がグリーン・コンシャス・ピープルだと思います。たとえば食事で言えば、自分の体にも環境にもいい自然農法の野菜や畜産物を購入する。洋服なら質のいい物をきちんと手入れして長く使う。買い物ならいい物を一生懸命作っている所から購入するなど。上記を心がけて、日々行動しようとしています。

yes 目指してはいますが…… (ミヨ・福岡県・パートナー無・30歳)
お米のとぎ汁が水質汚濁の原因と聞いてから、私がお米を研ぐ時は、とぎ汁を水遣り用にジョーロにためたり、油はふき取る、洗剤は使いすぎないなど、気をつけているつもりです。でも、この時期はナメクジ発生の問題や、家族に、「うちだけがやっても、意味ないじゃない」といわれて、ちょっとムッとしたり凹んだりもします。でも、「私が自分の家庭を作るときは……」と夢もあります。意識的でない自然との共存が、最終的な理想です。

no 新興国の現状 (marco302・海外(アジア)・パートナー無・37歳)
新興国で生活をするようになり2年半。この国のエコに対する意識はかなり低いと感じていました。この国の習慣である、屋台やレストランのお持ち帰りには、電子レンジ対応のプラスティックボックスや、ビニール袋に入れられ、そしてポイ捨て。ところが、最近のニュースに関連記事では、『リサイクルビニールは先進国へ』。リサイクル可能な製品は外資企業によって生産され、外国へ輸出されている現状。技術を持たないこの国は、いつになったらエコに目覚めることができるのでしょうか。

no 知ること、そして、行動すること (ほわほわ・神奈川県・パートナー有・41歳)
温暖化を引き起こす原因、発展途上国の現状、絶滅危惧種について、問題とその原因を知った上で、その原因を取り除くよう、また、現状が改善されるように行動する人がグリーンコンシャスな人だと思います。現状を知ろうとするけれど、大きな行動ができていないので、私自身はグリーンコンシャスになりかけです。政治に頼らず、自ら行動をおこすことが、不可欠だと思うこのごろです。北欧など、モデルケースがあるようですが、もっと情報を得たいと思います。
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
グリーンリビング。どんな部屋・家に住みたいですか? 
私たちが食と同じくらい関心を寄せているのがファッションですね。ご意見ありがとうございます。

Kirkさんの「ジュエリーなどを身につける時は『この石を採掘するのにどれだけの人が過酷な労働を強いられ、自然が破壊されたか……』などと思うことはありました」というご意見。確かにそうですよね。去年くらいからグローバルなラグジュアリーブランドでも、こうしたことが業界で議論されるようになったとお聞きしました。

Juryさんは親子でグリーン・コンシャスを実践されていらっしゃいますね。また、「ユニクロやH&Mのようなファストファッションも魅力的で製造工程など考えずに購入してしまうのが現状です。『made in ○○』のタグだけでなく、詳しい製造工程まで追跡できる機能が欲しいですね」と。ご提案ありがとうございます。

また、NOに投票されたほわほわさんも「私自身はグリーンコンシャスになりかけです。政治に頼らず、自ら行動をおこすことが、不可欠だと思うこのごろです」と。「社会を変えるのは私たち市民一人一人!(You can make a difference)」という言葉を教えてくれたのはザ・ボディショップの創業者のアニータ・ロディックでした。私は7年ほど同社で“社会変革キャンペーン”を担当しましたが、以来この言葉は座右の銘となりました。

さて、ファッションの次は衣食住の食と行きたいのですが、2月の円卓会議「なるべく国産の有機野菜を食べていますか?」で沢山ご意見をいただきましたので、そちらをご覧ください。7割の方がYESとお答えくださいました。

それで、今日はリビング、部屋や家のグリーンコンシャスについてご一緒に考えてみたいと思います。
グリーンリビング7つのポイントを考えてみました。

1.住まい手/家族の心の健康:家族のきずなを育む部屋・家であること

2.素材、製造工程/健康:化学物質をなるべく使わず、自然素材を原料とした建材を使うこと

3.素材、工法/伝統技術/国内の森林の再生:積極的に国産の木材や伝統工法の活用に努め、長寿命であること

4.エネルギー
(1)断熱性能を高めるなどエネルギー効率を高めると共に、省エネに務めること
(2)太陽光やバイオマスなど自然エネルギーや、燃料電池などを活用し、家庭でエネルギーを作ること

5.暖房・CO2:ペレットストーブなど非枯渇エネルギー源を活用し、カーボンニュートラルをめざすこと

6.物を少なく:室内に置くモノはなるべく少なく。シンプルで美しく暮らすこと

7.自然との調和:緑のカーテンやベランダor屋上菜園など自然をとりいれること

家を建てるとかリフォームするとか、一生に数回あるかないかのことですが、子どもがこれから大きくなるので給湯器を買い換えようとか、太陽光温水機を屋根につけようといった設備機器の変更は数十万円でできますし、緑のカーテンやベランダ菜園でしたら数千円からできますね。家具やインテリアで国産材を使ったものもデザインの良い物が増えていますね。

我が家では冬に断熱用に北側の窓にプチプチを貼ってみましたが、けっこう暖かくなりました。それから家庭内の電球は全て蛍光電球に変えましたので、次はLED照明も一部導入してみようかと思っています。

皆さん、実践していらっしゃることはどんなことですか? 具体的にお聞かせ下さいませんか。実践してみてこんなことが楽しかったとか、良かったとか。あるいは、今後こんなことを実践してみたいということも、ぜひ教えて下さいね。

大和田順子
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
大和田順子


関連参考情報
■ 「なるべく国産の有機野菜を食べていますか?」
有機農産物、日本では生産量の1%にも満たない
■ 「ポスト京都、日本の役割は大きいと思いますか?」
国内では日本は世界一の環境技術の国だと誇っていますが、世界は違った目で見ています
■ 「家庭単位で行われる環境活動を記録してみませんか?」
「環境家計簿」をつけてみましょう
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english