自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2970
野菜、作っていますか?
投票結果
32  68  
110票 238票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2010年04月26日より
2010年04月30日まで
円卓会議とは

大和田順子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
大和田順子 LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
円卓会議議長一覧
たくさんのご意見ありがとうございます。約3割の方が野菜づくりをされていることがわかりました。 m_shira……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 庭での野菜作り1年生 (miyupyom・千葉県・パートナー有・30歳)
昨年までプランター菜園で、ミニトマト、オクラ、ピーマン、大葉、コリアンダーなどを育てていました。種から育てていたので、なかなかうまくいかないことが多かったです。今年は引越しをして庭があるので、庭にミニ畑を作り、ミニトマト、ベビーリーフ、なす、メロンの苗を買ってきて植えました。大葉とオクラは今年も種からチャレンジします。これからが楽しみです。

yes ベランダで失敗ばかりです (m_shirayama・東京都・パートナー有・39歳)
シソ、ネギ、ラディッシュ、ミニトマトなどひと通りの物は作りましたが、日当りがよすぎるせいか、ことごとく枯らしています。なのに子どもにせがまれて、昨日人参を植えてしまいました。区の収穫イベントで体験したじゃがいもの収穫の楽しさが忘れられず、枯らしては育て、を繰り返しています。耕作放棄地を提供してもらえるのであれば農業を体験してみたいという人は多いのではないかと思います。

yes まずはハーブから (Linden・スイスパートナー有・)
昨年末アパートから一軒家へ引越ししました。この春は野菜作りに向け種まきを始めたところです。収穫を期待しあさつき、パセリ、バジル、タイム、オレガノは苗を購入しすでに食卓に。今週からチェリートマト苗を植えてきゅうりとカボチャの種まきをスタートします。自分の楽しみのために作っていたのですが今年は食料自給率を意識した庭仕事をする一年にしたいと思います。

yes ベランダで植えています (RinYouMama・東京都・パートナー有・41歳)
ベランダが割りと広いので、大きめのプランターを使っていろいろ植えています。昨年はなす、きゅうり、ミニトマト、パセリ、など収穫しました。ジャガイモやコーンなどトライしましたが、うまくいきませんでした。子どもたちも喜んで、収穫するのを手伝ってくれますし、キャベツの葉(結局全て食べられてしまいましたが)についた大きな青虫にびっくりしたり、蝶が来たり、都会でも少しだけ自然を味わうことが出来、よかったと思ってます。

yes 今までは薬味でしたが (YAEpon・東京都・パートナー有・39歳)
パセリやミントなど薬味になるものを育てていましたが今年はトマトとキュウリに挑戦しようと思って苗を買いました。ただ、その後東京でもメスらしく4月に雪が振ったのでキュウリの苗の1つが枯れてしまいました。今年はプロである農家の方でも難しい気象。素人に育てられるかちょっと不安ですが少しでも実ることを祈って育てています。

yes 簡単なものから (琴姫・愛知県・パートナー有・38歳)
この冬にマンションを購入しました。ベランダも専用庭もスペースがあるので、少しずつ手入れを始めています。昨年は狭いベランダでもミニトマトとシソを栽培することができました。今年もミニトマトの種は植え、ガーデンレタスの種はこれからまく予定です。子供と一緒に簡単なものから始めたいです。

yes 薬味だけですが (うっこ・福岡県・パートナー有・47歳)
マンションなので鉢植えしかできませんが、去年からネギやパセリ、ちょとしたハーブなどを植えています。料理をするときに、あ、あれがあるな、と新鮮な薬味を使えてとても重宝しています。最近は、携帯で様子を随時みることができる遠方の貸し菜園(ビニールハウス)もできたようなので、興味を持っています。

yes 小さな小さな花壇でも楽しい! (Elda・東京都・パートナー無・47歳)
我が家は長屋まがいの“狭楽しい”中古住宅。玄関横に奥行30センチ、幅1.5メートルの小さな花壇があり、日当たりが良いせいか、びっくりするくらい色々な野菜が作れます。ひと夏に作れる種類は限られているので毎年違うものに挑戦、これまでにきゅうり、ピーマン、唐辛子、なす、オクラ、トマト、プチトマト、ニラ、落花生などを収穫。春先にセリのお浸しで切り落とした根っこを植えたら、花壇にはびこってもう3年目、汁の実に大活躍……楽しいです!

yes 根菜類を中心に (ざおざお・中国・広州・パートナー有・37歳)
今は海外赴任中ですが、一時帰国した際には家の庭でトマトやスイカなど見栄えの良いものと、長ネギやジャガイモやサツマイモなど日常的に購入するものを植えています。帰国するたびに子どもと肥料を上げたり、草を抜いたりしています。ただ、一時帰国の時間だけでまかなえるわけも無く、子どもと楽しみながらも農業の大変さを実感しています。

no 庭に稲をうえたことがあります。 (fuyukas-tony・愛媛県・パートナー有・60歳)
ミニトマト、きゅうり、なすを植えたいですね。昔は、こどもと一緒にバケツに稲を植えつけて、刈り取り、籾を手でそぎ取り、籾をすりこぎでそぎ取って、籾殻を吹き飛ばしながら、500gぐらいのの玄米を収穫したことがあります。かなり、大変だったが、親戚から貰った玄米と混ぜて玄米を精米機でつき、白米にして、食しました。ミニトマトも作ったことありますが、今はありません。最近、妻が庭先の鉢にいちごを植えていて、花が咲いています。いちごが成れば、食べれるかも。

no ハーブ程度なので (佳華・広島県・パートナー無・48歳)
でも、ローズマリーはすごい茂みになってますし、タイムもイタリアンパセリも冬を越したせいか、一段とたくましく成長しています。何か料理に利用しないともったいないくらい。このところの天候で野菜が不足するだろうから、なんとかハーブで料理ができないものかと今勉強中です。ハーブを育てて少しは自信ができたので、今度は野菜も育てたいですね。

no 「面倒臭い」の一言 (靖・東京都・パートナー無・38歳)
面倒臭い、の一言に尽きます。観葉植物で絶対失敗しないと言われた「アイビー」でさえ、育てることが出来ませんでした。会社のプランターの花も水腐れで枯れてしまいました。なんとなく植物は苦手です。また、住んでいる土地柄、10分歩くと幹線道路があって、そんな環境で育った野菜は食べたくないという部分もあります。自宅には小さなベランダがありますが、朝晩しか自宅にはいないので、植えた草花の事も忘れる始末。私にはセンスがないのかも知れないとつくづく思います。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
現役サラリーマンが300坪の田畑で自給自足
たくさんのご意見ありがとうございます。約3割の方が野菜づくりをされていることがわかりました。
m_shirayamaさん、琴姫さん、inYouMamaさん、うっこさんなど、ベランダ菜園をされている方も多いですね。
植えているものとしては、ハーブも多いですが、ミニトマトが人気ですね!

fuyukas-tonyも投稿いただきましたが、男性もけっこう野菜づくりに熱を入れている方が増えているようですね。私の友人で積水ハウスの研究員で課長のはたあきひろさん(42歳)は、野菜づくりを始めて7年になるそうです。雑誌『趣味の園芸 やさいの時間』(NHK)で「自給自足サラリーマン宣言」という連載を始めました。最初は一つのプランターから始めた野菜づくりが、今では家の近くに借りた300坪の田畑で約50種類の野菜、そしてお米までも作っているというのです。家族5人が1年で食べる米300kgも収穫できるそうです。まさに、自給自足です。

働き盛り世代の現役サラリーマンのはたさんの一日は野菜の世話から始まります。朝は日の出とともに庭と田畑で野菜の世話をして出勤。休みの日には、お子さん3人の遊び場は田んぼや畑。ジャガイモ植え競争をしたり、おやつは取れたての野菜。野菜を育てるところから、収穫して料理をし、それを味わうところまで、家族全員参加で楽しく取り組んでいます。「田畑は子どもにとって、いろいろな草花や昆虫との出会いの場。人間を含め、さまざまな命がこの地に生きていることに実感をもてるようになってほしい」と言います。素敵な野菜づくりライフですね。

はたさんは関西の私鉄沿線にお住いなんですが、昨年あたりから関西を中心に“自産自消”なライフスタイルの人が増えています。自産自消とは、自分で作って、自分で食べるということ。以前ご紹介した「マイファーム」(本社所在地京都市)がそんなライフスタイルを牽引しているのですが、今では関西をはじめ、関東など37か所で貸し菜園を展開しています。都市近郊の耕作放棄地を菜園に再生させているのです。有機無農薬栽培で、インストラクターの指導付きで、野菜づくりを楽しむことができます。 

野菜づくりをされている方は、どういうことをきっかけに、野菜を育て始めたのですか。お聞かせ下さい。
また、続けている方はその理由も。

大和田順子
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
大和田順子


関連参考情報
■ 「なるべく国産の有機野菜を食べていますか?」
有機農産物、日本では生産量の1%にも満たない
■ 「農業はカッコいい、と思いますか?」
エッセイスト、画家そして“農園主”玉村豊男が投げかける!
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english