自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2999
オーガニック・コットン、使っていますか?
投票結果
36  64  
118票 211票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2010年06月07日より
2010年06月11日まで
円卓会議とは

大和田順子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
大和田順子 LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
円卓会議議長一覧
36%の方がYES。3人に1人はオーガニック・コットンを使っていらっしゃるということですね。アトピーのお子……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes OC大好き! (RAY・埼玉県・パートナー有・36歳)
OC製品で着用しているのは、普段着、アンダーウェアです。普段から、化繊ではない、いわゆる天然繊維の衣類を買うようにしています。私は、オーガニックコットンの製品が大好きです。消費者として肌触りの良さを求めることもありますが、生産者の農薬による被害を思うとなおさらです。もっともっとオーガニックコットンビジネスが広がっていく事を期待しています。

yes 愛するわが子のため (flower20100410・愛知県・パートナー無・37歳)
現在1才9ヶ月の息子はアトピー性皮膚炎の可能性を指摘され、それ以来肌着はオーガニックの製品にしています。そのおかげか症状が改善しつつあり、今後も使っていきたいです。これから暑い季節になることもあり、肌着の枚数が必要となりますが、すべてオーガニックにしていくつもりです。

yes 家でのリラックスに (Uka・東京都・パートナー有・46歳)
オーガニックコットン、使っています。数年前に肌の調子が悪くなり、オーガニック系コスメに変えたのをきっかけに、オーガニックコットンにも興味を持つようになりました。タオル、バスタオル、パジャマ、下着、枕カバーなど、主にバスタイムや就寝時に使うものは可能な限りオーガニックコットンにしています。コットンなのに、冬に身に付けてもほんのりした暖かさがあり、洗っても柔らかさが変わらないところが魅力です。

yes ほとんどオーガニックコットン (けろすけ・東京都・パートナー有・45歳)
普段着ているカットソー、タオル類、ベッドリネンまでほとんどオーガニックコットンです。コットンに使用されている農薬の量とそれに伴う被害を知ってから、コツコツ変えてきました。若干お値段は高いですが、とにかく肌触りがいいし丈夫です。食品のオーガニックは浸透しつつありますが、コットンについての理解はまだまだ。もっと需要が増えれば普通に流通するのに……と思っています。

yes 即効性が実感できるタオル。 (クリスティーヌ・佐賀県・パートナー有・47歳)
私が使っているのはイー・ウーマンが開発したシンプルオーグと今治タオルです。毎日使うタオル類にとても気を使っています。以前は銀行などでいただいたタオルを何気に使っていましたが、年齢と共に環境の事を考え、ライフスタイルも変化しそんな時オーガニックコットンに興味を持ちました。タオルは効果をすぐに実感でしますし、生産者の顔・工程・品質がわかる国産タオルからオーガニックコットン生活を始めてみました。

yes 使用しています。 (unicu・埼玉県・パートナー無・29歳)
肌に触れるものはなるべく使用しています。タオル・寝具はすべてオーガニックコットンです。使っていくうちに肌になじんできて、特に夏は汗も良く吸い、はやく乾くので愛用しています。ただちょっとお高いのが難点。もう少し値段が下がればいいなと思います。

yes 生理用布ナプキンです (佳華・広島県・パートナー無・48歳)
やはり布ナプキンを使うからはオーガニックコットンで作られたものが最適だと思い、ネットで探して買いました。直接肌にふれるものですから、やはりそれなりの品質を求めたいです。使い捨ての生理用品は漂白剤を使っていないと認可されないとのことですので、余計に肌に対する安全性を考えるきっかけになりました。元々私はひどい生理痛はなかったのですが、友人によっては生理痛が緩和されたとききます。

no はじめて聞きました (dokinchn・東京都・パートナー無・47歳)
オーガニック製品について食品関連では手にとったり選ぶようにしていますが、コットンもそういったものがあるなんて知りませんでした。いわれてみれば、衣食住の食だけにあてはまるものでもありませんね。衣についてもオーガニック製品があってもおかしくないですね。今度からお店で注意してオーガニック製品を探してみたいと思います。

no 知りませんでした。 (ゆうたんぽん・岩手県・パートナー有・44歳)
いかに無知かという自分自身にびっくりですが、そういう物があるんですね。化粧品に関しては天然成分、オーガニック商品のものと使ってきましたが、コットンにもあるのは驚きです。どんな感じなのか今度使ってみたいです。

no 着るものまでは…… (kkbouziri・海外・パートナー有・43歳)
懐がゆるせば身の回りの生活品すべてをオーガニックでいきたいところですが、今のところ口に入るものさえもなかなかオーガニックにすることができていません。ただ、食べ物以外で農薬を使わない農業を推進するには、最終商品の購入も大事ですが、もっと直接生産者にインセンティブを与える動きが公的・私的にあってもいいのでは。とくに綿花栽培は地球規模での取り組みで大手取引主体を巻き込まないと主流にはならないのだろうな、と感じます。

no よく分からない (ナカサワ・東京都パートナー有・)
今までオーガニックコットンは、農薬を使わないことで”自分にとって何に良いのか?”分かりにくかったです。農薬を使用した綿花でも、糸を紡いだり染色したりする工程の間に、農薬の影響なんて薄れるのでは?と思っていました。生産者の方にとって農薬不使用が良いならば、取り入れてみようと思います。ただしデザインにバリエーションがなくてつまらないですね。個人的にオーガニックコットンにありがちなベージュは似合わないで、服には取り入れないと思います。

no 身近にない気がします (ニューヨーク・東京都・パートナー有・36歳)
まだオーガニック・コットンの選択肢は少ないためでしょうか。身近になく、オーガニック・コットンを使用したものと言えば、あまりお洒落感がなく、高価な洋服、といったイメージです。でも、そんなに農薬を使い、地球を汚している事実があるのであれば、少しずつ、見つけていきたいです。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
オーガニックコットンの産地。途上国の児童労働の問題も
36%の方がYES。3人に1人はオーガニック・コットンを使っていらっしゃるということですね。アトピーのお子さんの肌着をオーガニック・コットンに変えたflower20100410さん。ご自身のお肌の調子が悪くなってオーガニック・コスメに変え、オーガニック・コットンも使うようになったUkaさん。お肌への安全性を考えてオーガニック・コットンの生理用布ナプキンを使っている佳華さんなど、お肌への安全性を考えて使い始めた方が多いようです。やわらかい風合いを気にいって使っていらっしゃる方も多いですね。

一方、「コットンに使用されている農薬の量とそれに伴う被害を知ってから、コツコツ変えてきました」というけろすけさん。RAYさんも農薬被害のことを挙げていらっしゃいます。
「生産者の顔・工程・品質がわかる国産タオルからオーガニック・コットン生活を始めてみました」というクリスティーヌさんなど、原料が生産される段階での生産者への健康被害、土壌への影響への配慮、そして製造過程のわかる国産のものという視点も指摘されていますね。

私が愛用しているオーガニック・コットン製品には、タオルケットやタオルから、室内着、Tシャツ、スカート、アウターなどのウエアなどがあります。やはり風合いが良いし、丈夫で長く愛用できるように思います。また、赤ちゃんの出産祝いや病気のお見舞いなどにもよく使っています。

親しくしている経営者の方のお一人に日本のオーガニック・コットンメーカーの草分けである「アバンティ」の渡邊智恵子さんがいらっしゃいます。昨年は「グリーンEXP」を、今年は9月にビッグサイトで開催される「オーガニックEXPO」という、オーガニックでグリーンなライフスタイルを広めるイベントの企画でご一緒に活動しています。

渡邊さんは今から20年前、1990年に原料の綿をアメリカ、テキサス州から輸入しました。その後、国内で糸にし、布にし、製品化するという仕組みを作りあげていきました。
オーガニック・コットンの原綿はほとんどが海外から輸入されています。近年はインドなど途上国で安く作られるものも増えていますが、そこで問題になっているのが児童労働です。小学生くらいの子どもたちが驚くほど低い賃金で働かされているのです。
人権擁護のNGOが現地に入り、実態を調査し、世界で報告するとともに、監視しています。
世界的なメーカーやブランドでは、独自に基準を設け、こうした児童労働を行っている綿は使用しないと宣言しているところも少なくありません。

また、かつては日本各地で綿が栽培されていました。それならば再び国内でも作ろうと、渡邊さんは昨年から長野県小諸市内の畑や、上田市の信州大学繊維学部構内の畑で有機綿花づくりを始めました。私も畑までご一緒しましたが、種をまき、草取りをし、育て、収穫する。まさに農産物、原点は農業なんですね。

ふだん着ているもの、使っている繊維製品の原料がどこでどのように作られているのなのか、食べるものやコスメだけでなく、気にかけたいものです。

今日も引き続き、どのようなオーガニックコットン製品を使っているか、なぜ使っているのか、お聞かせください。

大和田順子
LBA(ロハスビジネスアライアンス)共同代表
大和田順子


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english