自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:3007
お金の勉強、したことありますか?
投票結果
51  49  
228票 220票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2010年06月14日より
2010年06月18日まで
円卓会議とは

小野瑛子
プロフィール
このテーマの議長
小野瑛子 家計の見直し相談センター
円卓会議議長一覧
今日のご投稿には、今後の議論の方向を示すようなご意見が寄せられました。 AFP養成講座を受講し「知ら……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 衝撃でした (mikbell0205・東京都・45歳)
今から11年程前に、職場で系統職員向けのAFP養成講座を立ち上げることになり、事務局だった私もAFP講座を受講しました。提携していた会社から派遣される講師の皆さんのお話がとても面白く(浅井秀一さんの講座も受けました)、なかでも相続・事業承継の講義(特に相続税)は「知らないって恐ろしい〜」とかなりの衝撃を受けました。その後、CFPや税金関係の講座も受講しましたが、知識をなかなか実践できていないというのが現状です。

yes 知るぽると等で少し勉強しました (Hurry1・東京都・パートナー有・60歳)
知るぽるとなどで少し勉強しました。昔、一寸だけ株を買っていたことがあり、収支はとんとんくらいでした。しかし、競馬や競輪と同じで、素人が手を出すと、一時的には儲かっても最終的には損をするのではないかと思っています。自分の財産の変動に一喜一憂するはストレスになるということもあり、今はリスクのある投資はしていません。

yes お金のことを知るって大切 (Adelaide・山口県パートナー有・)
私は、FPの勉強で少し触ったり、愉しげに書かれたお金の本を立読みしたりすることもあります。そして、こういう事は、ずいぶん大人になってから勉強するよりも、もっとずっと前に知っておきたい事だと感じています。また、日々の生活を通じ、この類を、できれば、学校教育を受けられる間に学ぶ機会が設けられていればとてもいいのになあと思っています。これによって、こましゃくれた子どもが増えて殺伐としてしまうような内容であってはなりませんが、知っておいて良い事だと思っています。

yes 資格はありますが。 (kakoran・大阪府パートナー有・)
仕事関係で簿記やファイナンシャルプランニング検定の資格も持っていますので、そのための勉強がそうなのかなと思ってYESとしましたが、だからと言って、それが本当の意味でお金の勉強になって、身に付いているのかどうか、自信もありません。それだけ、現代社会が複雑で、一筋縄でいかないと思っています。

no お金の勉強って? 経済とは違う? (Rai・岩手県・パートナー無・18歳)
私はまだ学生です。きっと今度社会に出る上でお金のトラブルは起こりうるし、世の中を知る上でもお金は重要な一要素だと思っているので「知りたい」とは思っています。しかしそのためにはどの程度のどんな知識が必要かわかりません。私は経済の授業を受けたことがないのですが、しかしここで議論している皆さんでも知らないことがあるということは、高校の経済の教科書を読むだけでは実生活に関わるお金について知るには不十分なのですか? 教科書に載ってなくても知っておくべきことは何ですか?

no わざわざすること? (qyf07416・東京都・パートナー有・42歳)
「大きな失敗を犯さないためには、お金に関する基礎的な知識を持っていたほうがいい」というのはまさにそのとおり。しかし、わざわざ学校で教えたりする必要はないと思う。人によって金銭感覚、資産の多寡にはかなり差があるから。自分で情報収集し、常識的に理解すれば困ることはないはず。私も財形から積立年金、簡保、投資信託、外貨預金、米国銀行の定期預金、住宅ローンの借入れなどいろいろ経験したが、勧められるがままでなく自分で情報収集すれば納得できる。

no とてもしたいです (sweetsweet・三重県・パートナー無・41歳)
知りたいです。でも、なかなか近くで個人対応ではなく一般講座形式で信頼性のあるところを見つけるのが困難です。保険も難しいです。それと、保険にしても銀行にしても貯蓄の場合その企業が破産すると大きな損害が発生すると思いますが、企業の状態を把握するのも難しく不安があります。

no 無力な私と個人事業主としての私 (kimirie・兵庫県・パートナー無・39歳)
株式投資を始めるとき、いろんな本を読んでみました。そして、簿記検定3級対策の無料公開講座があれば参加したり、友だちがファイナンシャルプランナーの試験を受けるとき、一緒に問題集をしてみたり。でも、どこまで理解出来ているの!?と考えると、勉強した口には入りません。そして、一番理解出来ていない事は、私は個人事業主にあたるのですが、亡き父が定着させてくれた取引先へ、その頃からのスタッフが納めてくれた仕事も、無力な私の年収として上がる事にギャップを覚えます。

no 説明をききます (dokinchn・東京都・パートナー無・47歳)
保険や投資の際には必ず担当者から説明を納得するまで聞きます。自分が納得しないと購入しませんし、ちょっとあやしい商品ではないかと警戒します。もともと担当者はいいことしか言わないのでマイナスの面をうまく聞き出すのが必要となります。
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
金銭感覚にすぐれた人と、おとっている人の違い
今日のご投稿には、今後の議論の方向を示すようなご意見が寄せられました。

AFP養成講座を受講し「知らないって恐ろしい〜」と衝撃を受けたmikbell0205さんは、「知らなかったことを知った恐ろしさ」を知ったんですね。私もまさにそうでした。40歳過ぎまで専業主婦としてそれなりに家計管理を行い、必要に応じてその都度、勉強したつもりだったのですが、40台後半にAFP養成講座を受講して系統的にお金の勉強をしたとき、知らずに生きてきたことの恐ろしさに立ちすくむような思いを味わいました。ただし、受講した人すべてがそう感じたわけではなくて、AFP養成講座で学んだことはこれまで知っていたことの整理整頓に過ぎないと感じた方も大勢いたようです。

この違いは、それぞれの金銭感覚や育ってきた環境によるものかもしれません。qyf07416さんは「自分で情報収集し、常識的に理解すれば困ることはないはず」とおっしゃっていますが、「常識」そのものが人によって異なるのでしょうね。金銭感覚にすぐれた人と、金銭感覚にうとい人との違いともいえるかもしれません。自分が金銭感覚にすぐれているのか、普通なのか、おとっているのか……、お金の勉強も、その分析にもとづいてやり方を決めたほうがいいでしょうね。

金銭感覚にすぐれている人は情報収集を効率的に行い、収集した情報をわかりやすく整理整頓することも上手ですから、自分が必要と思ったことに集中して勉強していくのがよいと思います。一方、金銭感覚におとっている人は、一度、系統的な勉強をしたほうがよいですね。

明日から、集中的な勉強法と系統的な勉強法についてお話していきましょう。Raiさんの「お金の勉強って? 経済とは違う?」という疑問もご一緒に考えてみたいと思いますが、その前に皆さんご自身が、ご自分の金銭感覚について分析してみていただけませんか? 皆さんは自分を金銭感覚にすぐれたほうだと思いますか? それとも、金銭感覚におとるほうだと思われますか? 分析とご意見をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

小野瑛子
家計の見直し相談センター
小野瑛子


関連参考情報
■ 「経済の勉強、しておけば良かったと思いますか?」
正しい「判断」の根拠、材料になるのは「知識」や「勉強」
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english