自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/4/23(月) - 2001/4/27(金)
2日め

テーマお金の話を子どもにするべき?

今日のポイント

お金の話、子どもにどのように伝えればいいのでしょうか。

投票結果 現在の投票結果 y92 n8 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
藤沢久美
藤沢久美 ソフィアバンク

最近、教科書問題を始め、教育について議論されることが多いですね。そこで、今週は、子どもにお金の話をするべきかについて、みなさまと意見の交換をさせていただきたいと思います。
わたしは、今、お金の話をする……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

OTHERS

小さい時からの金銭教育は必要(Maja)

お金と時間と命は人生で一番大切なものです。小さいときから金銭感覚、金銭教育が必要だと思います。物のあふれる時代だからこそ、バランスシートがわかるように、お小遣いも教育費もいかに捻出しているかを子どもに話しています。最近は経費の要求の交渉術を身につけてきました。先日フリマに参加しましたが、小学生が手伝ってくれました。経済のしくみを体験的に学ぶ良い機会だと思います。

すぐに「買えばいいじゃん」という子に……。(YAKO・金沢市・既婚)

子どもたちはまだ小さいので、具体的な話はしませんが、何かが壊れたりなくなったりするとすぐに「買えばいいじゃん」というので、「買うのにはお金がいるんだよ。お金はパパとママが一生懸命お仕事しないともらえないんだから、そんなに簡単に買えないの」と言います。理解しているかどうかはわかりませんが、少なくとも湧いて出る物と思わないようには気をつけています。

必要な時に渡せるように用意している(remiちゃん・既婚)

わたしは今、お金の心配をする必要のない毎日を送ってます。でも、子どもには余分なお金はない! と言っていますしお小遣いも少ないほうだと思います。だから子ども達は我が家はお金持ちではない……と思っています。友達の中には結構お金を持っている子がいるので、その子のことはお金持ちだと。そういう時よく言い聞かせます。「君達が本当に必要な時にいつでも渡せるように用意してるのよ」と。

銀行にいけばお金があると思っている娘(笑(パーク・武蔵野市・既婚)

子どもはまだ4歳ですが、わたしがよく「銀行に行かなくちゃ」と言っているのをいつのまにか、シチュエーションも含めて覚えているらしく、「○ ○ 買って」と子どもに言われたとき、「今、お金ない」と言うと「じゃ、銀行に行けばいいじゃん」と返してきました。銀行にいけばいつもお金があると今は思っているみたい。でもそのお金の源泉は……というと、これから少しずつ話して聞かせたいと思います。

自己責任の時代だから(malva・奈良県・既婚・55歳)

日本ってお金のことを云々することは、はしたないとか卑しいとかっていう風土がありましたよね。でも、超低金利の今、いろいろな金融商品とそれぞれのリスク、また「契約」に関する認識など、もっと家庭でも教育の場でも、その成長段階に応じて話題にする機会があってもいいと思います。先日の大和都市管財事件での相変わらずの被害、世の中そんなにうまい話はない。自分の身は自分で守ることが要求される「自己責任」の時代になっていますから。

伝え方、慎重になる(夏樹・既婚・28歳)

わたしの母は、お金についてわたし達子どもに話していました。結果、洋服もお下がり以外は自分でアルバイトをして買っていました。お金では買えないものを尊ぶ人でもありました。わたし自身、お金の話はする必要があると思っていますが、わたしの主人は「全ては金」というのをよく言います。同じお金を意識するのでも、結論がこれだけ違う。自分の子どもにはどう伝えていくべきか、慎重になるべきことですよね。

生きたお金の使い方教えたい(sanna・既婚)

社会経済と生活経済のつながりっていうのかな?自分達の身近にあるお金と世の中のしくみについて少しずつ教えていこうと思っています。生きたお金の使い方ができるように育てていきたい。

実母が植えつけてくれた金銭感覚に感謝!(ちろ・兵庫・既婚・28歳)

「お金と食べ物は粗末に扱ってはダメ! 」と育てられ、必要以上のものは買ってもらえなかった子ども時代。決まった額内で生活していくすべを学んだ短大時代。今現在、贅沢もせず、ひもじい思いもせず、ある程度のゆとりを持って生活できるのは、実母が植えつけてくれた金銭感覚のおかげだと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

最近、教科書問題を始め、教育について議論されることが多いですね。そこで、今週は、子どもにお金の話をするべきかについて、みなさまと意見の交換をさせていただきたいと思います。
わたしは、今、お金の話をするのが仕事になっていますが、お金の話や投資の話をする人として、色眼鏡で見られるという経験を何度かしたことがあります。でも、お金というのは決して卑しいものではないし、生活にかかせないツールの一つだと思うのです。それは、まさに「言葉」と同じ意味合いを感じます。コミュニケーションするための一つのツールのような気がしています。

さて、みなさまからの今日のコメントを拝見していきましょう! Majaさんフリマに小学生が参加するのは、とても良いアイデアだと思います。実際にお金が動いているのを体験してこそ、経済が理解できます。そういう意味では、経済というのは、最も体験しやすい教科の一つですね。YAKOさんとパークさん子どもの素朴な反応に、なるほど! と感嘆しました。お金はどこからやってくるのかというのを伝えておくのは、大切なことですね。そして、お金も命も限りがあるものだということも伝えたいです。remiちゃんさん、夏樹さん、ちろさん私も子どもの頃、いつも欲しいものを買ってもらえなかった記憶があります。だからこそ、買ってもらえたときはうれしいし、買ってもらうために親にどのように頼めば良いかを考えたものです。お金を通じて、子どもに工夫する・考えるというチャンスを与えてあげるのも良いかもしれません。malvaさん、sannaさん社会経済と生活経済のつながりや、「契約」に対する認識など、大人になってからの自己防衛のためにも、子どものうちから伝えておきたいことですね。さて、それをどうやって伝えるかが、これからの課題ですね。

圧倒的にYESが多い今週の課題ですが、子どもに対するお金の教育をどうするかが、課題になりそうです。お金の話ってどう伝えれば良いと思われますか? これって、子どもに対してだけでなく、今まで「お金の話を卑しい話」として避けてきた大人に対しても共通の課題かもしれませんね。

藤沢久美

藤沢久美

ソフィアバンク

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english