自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/4/23(月) - 2001/4/27(金)
5日め

テーマお金の話を子どもにするべき?

今日のポイント

お金について知るために、「体験できる場づくり」を!

投票結果 現在の投票結果 y93 n7 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
藤沢久美
藤沢久美 ソフィアバンク

子どもにお金の話をするべきかを語り合った一週間でしたが、話をした方が良いというご意見が圧倒的でした。

バブルの崩壊後、わたしたちの身の回りの「価値観」がずいぶん変化しています。お金に関しても、変わっ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

OTHERS

「もったいないお化け」になってしまったわたし(ち〜ず・30歳)

わたしの父は一代でゼロから店を構えた人。金銭に関してはうるさかったです。お陰でわたしは消しゴム一つ買うのにもビクビクするような、お金を遣うことに対して必要以上に萎縮するタイプになってしまいました。今では主人が付き合いの飲み会が続くだけで、お冠になってしまう始末。「大人の必要な付き合い」と言うのも頭では理解できるのですが、感覚的にはもったいないお化けになってしまいます。遣うべき所はポイントをおさえて遣う、というようなバランス感覚ある金銭教育を息子に教えていきたいのですが「その前に貯金ね」と二言目には口をついてしまいそうな自分が怖い。

我が子は一万円の次が1億円!(Sacchan・大阪・既婚)

お年玉の金額を数えていて、1万円の次に「1億円! 」とカウントしてしまう子どもは可愛いな、と笑ってしまいます。これはお金に触れる機会が少ないからだと思い、今はわたしの財布の残金をいつも数えさせています。少しずつ、小さいうちからも教えていくほうが良いでしょう。

お金の苦労をしなくて有難いです(Tink・神奈川・未婚)

子どもの年齢によると思いますが、わたしは子どもの頃、お金の苦労を感じたことがありません。ただ、ある時期、大変な時もあったようです。その時はわたしも高校生くらいで何となく感じていました。でも、わたしは子どもの時に「うちはお金がないんだ」という思いをしなかったことはありがたいと思っています。

生きていく力をつけてあげたい(MANAMI・東京都・37歳)

一人の人間として自立するために、社会の中で生きていく力を身につけるために、お金の理解は大切だと思います。お金だけにとらわれず、うまく使いこなせるように、成長段階に応じたお金の話をしていきたいと思います。

父のリストラを子どもに隠す母(hamaiso・28歳)

友人で、ご主人がリストラされたのを子どもに知られないようにするため、毎朝、ご主人を会社に送り出すフリをする人がいる。そういう時こそ子どもに真実を打ち明け、家族一丸となって生活を成り立たせる姿勢が大切なのではないか、と非常に憤りを感じてしまった。このままでは、ご主人も子どもも不幸にしてしまうのではないかと危惧している。

お金は一つのツールだから(JU・横浜・35歳)

率直にするべきだと思っています。日本人はお金の事や性に関して口にする事をはばかる傾向がありますが、お金はひとつのツールとして使い方・考え方など親として言うべき事がたくさんあると思う。

子どもとお金に関して話し合いました(しゅうママ・既婚・36歳)

子どもが小学校に入学する頃、おこづかいやお金に関してちょっと話し合いました。お金があれば何でも買えると分かってなんだか可愛くないことを言うので、わたしが小学2年の時の担任の先生に言われた、自分でお金を稼いだのでなくお父さんやお家の人が働いてもらったお金なのだから10円でも大事にしないといけない、という事を言いました。分かってくれたようで、時々ムダ使いしたくなるようですが、まあセーブしているようです。

ボーっとした人になってしまった(ツッチー・既婚・28歳)

わたしの両親は、貧しい暮らしの中で努力して大学まで出たようです。そのせいか、娘のわたしには「金銭的に苦労をさせたくない」という想いが強くて、お金をふんだんに使って育てられた気がします。そういう環境下、社会人3年目くらいまでお金について、かなりボーっとした、危機意識のない人間になりました。今はリハビリして少しマトモになりましたが。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

子どもにお金の話をするべきかを語り合った一週間でしたが、話をした方が良いというご意見が圧倒的でした。

バブルの崩壊後、わたしたちの身の回りの「価値観」がずいぶん変化しています。お金に関しても、変わってきました。
『貧乏父さん、金持ち父さん』という本が売れ、お金を稼ぐことは、働くことでもあり、資産運用することであり、そして、人生そのものを形成していくものであるということを考えるチャンスを多くの人に与えてくれました。

お金には、「大人用「子ども用」はありません。だからこそ、子どもの頃からお金について、考えたり、体験したりする機会が必要な気がします。

今週のコメントを拝見していて、やっぱり、子ども達がお金について知るために、「体験できる場づくり」を考えていかなくてはいけないなと思いました。そういう意味で、「フリマ」は、いい体験の場所ですよね。子どもに真実を伝え、体験させることって、お金の話だけじゃなくて、これからの教育における問題提起かもしれませんね。
今週一週間ありがとうございました! また、お会いしましょう!

藤沢久美

藤沢久美

ソフィアバンク

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english