自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/4/23(月) - 2001/4/27(金)
3日め

テーマお金の話を子どもにするべき?

今日のポイント

子どもの頃のお金に関する思い出を教えてください!

投票結果 現在の投票結果 y94 n6 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
藤沢久美
藤沢久美 ソフィアバンク

今日も、「当然すべき」というご意見が多かったですね。でも、「NO」と答えた方もいらっしゃいます。どんな理由で「NO」なのかというのもうかがいたいですね。

Sさん
おっしゃるように、子どもに夢を無くさ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

小さい時からセンスを磨くべき (かすたーどくりーむ・既婚・32歳)

きちんとするべきだと思います。特に、投資や財産の運用になるとセンスが必要になると思うので、小さい時からそのセンスを磨くべきです。ファッションと同じようにセンスには個人差とか好きキライも反映してくると思うので自分がどういったセンスの持ち主かきちんと把握するべきです。

お金を得るために働く姿も見せたい (yukipooh・海外・既婚・34歳)

いきなり「お金とはね…」と言うのではなくて、子ども達が欲しがったものは、お金と交換で得られる物だと教えたいですね。「壊れたら買う」「無くしたら、また、買う」なんでも手に入ると思ってしまってはいけないと思います。そのお金を得るために、父や母は一生懸命働いていることも、併せて教えられたらいいと思う。そのためには時々、父や母の職場へ見学に行き、家庭にいる時の顔とは別の、仕事への真剣さを見せてあげるのも良いことではないでしょうか。

OTHERS

子どもも一人の人間だから(ちゃんチャンのママ))

当然です。子どもは親のものではなく、一人の人間。人格もあるのですから「お金で物が買える」ことが理解できるならば、お金の話も必要です。特にお年玉をもらうようになれば、お年玉の由来からそのお金の使い方まで、ちゃんと教えるのが親では?なんと言っても親は人生の先輩! ただ木の上に立って見ているだけでなく、先輩として歩んできたことを伝えるのも仕事。

浪費家のわたしの育った家庭は・・・。(チュータ・既婚・28歳)

金銭感覚を身につけるためにも、子どもの頃から話すべきだと思います。わたしは、お金について話すことはタブーに近い家庭に育ち、かつ何でもほぼ自由に買ってもらえる環境に育ったためにこんな浪費家になってしまいました(苦笑)。自分でも主婦として失格と反省するのですが。子どもができたら、収入−支出=貯金の図式を自然に教えたいと思ってます。その前に自分をナントカしなきゃ!?

子どもに夢を無くさせる話方はNG(S・既婚・43歳)

お金の話といってもいろいろありますよね。お金の大切さは、教えるべきだと思いますが、我が家の経済状態とかを話す場合でも あんまりシビアに話すより、やはり主人(大黒柱)をたて、子どもに夢を無くさせないような話し方をしないといけないのではと思います。

モラルを含めて話すべき(たみたみ・30歳)

するべきだと思います。中学生の子どもをよく目にする職場にいますが、お金の価値がわからないままに、使っている子も目につきます。親がきちんと教えた上で渡しているとはとても思えないのです。外に出て人と一緒に何かする時にはお金の使い方に気を付けなければならないこともあります。そう言うモラルも含めてきちんと話すべきだと思います。

香港人に商売上手が多い訳(美香・既婚・35歳)

当然するべきです。お金の価値と使い方は子どもの頃に教えるべきです。香港に住んでいましが、香港の人は商売上手な人が多いです。小さい頃から親が株を買う所に連れて行ったり、家族マージャンをして金銭感覚を磨いているようです。日本人の感覚にではちょっと考えられないことですね。

小学校で金銭感覚を養う教育を実施(ななこ・既婚・32歳)

子どもの通う小学校では、数年前に金銭感覚を養う教育が実施されました。残念ながらうちの子どもは対象学年でなかったので、どのような内容か分かりませんでしたが、児童全員に小遣い帳を配布してくれました。子どもにとって限られたお金を計画的に使うというのはなかなか難しいですね。手元にあるとすぐ使ってしまって。あ、これは大人も同じ?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

今日も、「当然すべき」というご意見が多かったですね。でも、「NO」と答えた方もいらっしゃいます。どんな理由で「NO」なのかというのもうかがいたいですね。

Sさん

おっしゃるように、子どもに夢を無くさせるような話にしてしまうと、マイナス効果かもしれませんね。でも、子どもって「お金がない」と言いながらも、一生懸命働いている親の姿って見てますよね。私も子どものころは、「アイスクリームは30円まで」なんて言われて100円のアイスクリームに憧れたこともありましたが、一生懸命働く親を見てると、100円のアイスクリームが欲しいとは言えませんでした。そんな子ども時代のお金に対する思い出って、今の自分にとても深く影響を与えている気がします。

ちゃんチャンのママさん

子どもも一人の人間として扱うことは、とても大切だと思います。それは、老人に対しても同じ。年齢がどうであろうと、一人の人間に対してきちんと向き合うことの大切さを改めて感じました。お金と言うテーマは、そんな人間の本質的なことを考えさせてくれるパワーを持っています。

チュータさん、美香さん、yukipoohさん

子どもに対して、子ども時代にどんな経験をさせるかって重要ですね。香港の話しかり、親の職場で働く両親を見つめてみたり、お金を得るために大人がしていることをきちんと自分の目で見て、その場の空気を体験することからはじめたいですね。

たみたみさん、ななこさん

モラルをもって教えること、これってお金だけに限らず、本当は全ての学問がそうあるべきですね。そういう意味では、小学校などでカリキュラムに入れてもらうのは有効なのでしょうか? でも、これからの教育って、知識の伝達ではなく、智恵などの伝達になると思います。その文脈で行けば、学校教育より家庭や社会での体験と言う気がしています。みなさんは、子どものころのお金の思い出話ってありますか?

藤沢久美

藤沢久美

ソフィアバンク

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english