自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/5/21(月) - 2001/5/25(金)
2日め

テーマ早くデフレが終わってほしい?

今日のポイント

デフレのいま、昔より幸せですか。

投票結果 現在の投票結果 y68 n32 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
浅井秀一
浅井秀一 ストックアンドフロー代表

投稿を拝見すると、やや暗めの内容が多かったようですね。まあ、デフレというのは四季でいうと「冬」の時代。そりゃあ、あんまり明るい話題はないでしょ。

でも、冬に備えて食糧(=マネー)を貯めてた人は、暖か……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

OTHERS

「価値あるもの」と「その他」の振り分けが進む(あけどん)

物価だけの問題じゃなく、社会全般の動きとして「価値あるもの」と「それ以外」の振り分けが進んでいるのではないかと思う。意味あるものにはお金を出しても、それ以外のものには食指が動かない。たとえば、衣食住。雇用もしかり。個々人での「価値判断」はいろいろだと思うけれど。そう簡単にはデフレから抜け出すのは難しそう。なんたってスパイラルらしいですから。

お金の使い方が工夫するようになった(こびっち・愛知・未婚・26歳)

入ってくる量が減ったので「その中でいかに生活するか」に集中するようになった。以前は多い収入を無自覚に使っていたから。モノを吟味して買うし、靴や洋服のお手入れもマメにするようになったし、外食も減った。う〜ん、書いているといいことづくめだな。20代のうちにミニマムで生活することを体験できてよかった。

子どもを持とうと思えない(夏樹・既婚・28歳)

デフレと国の赤字との関係はよく分からないが、物が安くなっても家計に何の余裕も感じられません。それは、常にリストラと減給、そして国からの保障(年金など)への不信と隣り合わせだからです。5年先は自分がどうしているか分からない。そんな状況で子どもを持とうと思えません。雇用問題も含め、四方ふさがりの国の状況が打開されない限り、デフレのまま?いつか解決するの?

犯罪の増加が心配(malva・奈良・既婚・55歳)

安定的な収入がある人にとっては、むしろ暮らし易い。年金なども物価スライドといっても、そのまま維持されているし、物価が下がった分だけゆとりが出るということです。住宅ローン、子どもの教育などを抱えていれば厳しいでしょう。それぞれの立場で違ってきます。わたしは、家計に与える影響より、社会、雇用不安、閉塞感、それによる犯罪の増加の方が心配です。

公務員家庭としては……(Larkfield・仙台市・既婚)

デフレが続けば家計に響きます。うちは国家公務員ですので、その立場から言わせて頂きますと、デフレが続けば企業の利益が減リ、リストラ等失業者が増え、物は売れなくなり、国家財源の税金徴集額が減れば、公務員の給料もカット。実際ボーナスは2年程前から既にされています。

モノが余って売れなくなる(らりっく・東京・既婚・27歳)

デフレは日本人の消費行動の将来を示している気がします。クレジットカードや消費者金融に頼り、収入に応じない買い物をする人は破産します。日本の年間輸入は7億トンで輸出1億トンと新聞で読みました。外国人の日本製品購入を優遇するなどで修正をしない限り、モノが余って売れず、日本経済は沈んで行くのでは?

一体この国はどうなるの?(悠美・兵庫県・未婚・36歳)

物を買わない→その結果企業は「リストラ」せざる終えなくなる→「失業」→しかし「ローンや子どもの養育費がかさむのは変わらない」→さらに「家系圧迫」→また物を買わなくなる→リストラ! 悪循環の繰り返しで会社も家庭もよいはずはありません。一体どうなるんでしょうねこの国は。なんとか盛り返したいです! 「働けど働けど生活は楽にならず」の心境です。

投資に興味をもった(ぴかりん・東京・既婚・31歳)

安全圏にある金融商品だけでは、お金は増えなくなって「投資をしてみたようかな」という気になった。現在、全資産の2割程度を、リスクの低い(よってリターンもたいして高くないが)金融商品に移行中。やってみると結構面白いのね。目覚めたってやつ!? ま、投機はせずに、せいぜいお金のセンスを磨こうと思っております。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

投稿を拝見すると、やや暗めの内容が多かったようですね。まあ、デフレというのは四季でいうと「冬」の時代。そりゃあ、あんまり明るい話題はないでしょ。

でも、冬に備えて食糧(=マネー)を貯めてた人は、暖かい暖房の下で快適な生活を送ってるのも事実。要するに、人によって、現在の状況は大きく変わるということです。

デフレで一番困るのは若い世代(特に子どものいる家族)。買ったマイホームは値下がりするのに、住宅ローンという借金はデフレで価値が増えてしまい、頼みの綱の給料は増えない……。物価が下がっているといっても、出産費用や学校教育費は逆に値上がり……、とまさに踏んだり蹴ったりの状況。反面、退職金など、手持ち資金の豊富な高齢者にとっては、モノが値下がりするデフレはパラダイスですね。

でも、いつまでもデフレが続くわけじゃあ、ありません。若い世代にとって、まだまだ先は長い。「デフレという時代もある」こと、そして「デフレ時代にはどのように対処すればいいか? 」が今回勉強できたことを、将来に役立てるとしましょう。

浅井秀一

浅井秀一

ストックアンドフロー代表

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english