自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/11/4(月) - 2002/11/8(金)
3日め

テーマ日本の銀行に預金するのは不安?

今日のポイント

邦銀も外資系も不安。では、みなさんが望む銀行はどんなもの?

投票結果 現在の投票結果 y61 n39 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
浅井秀一
浅井秀一 ストックアンドフロー代表

みなさん、書き込み&投票、ありがとうございます。
さて、新聞やテレビで、銀行の問題がしょっちゅう報道されていますが、いまひとつピンとこないというのが実感かもしれませんね。そこでまずはmoremoreさ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

外資銀行にも不安が……(matissee・兵庫・既婚・39歳)

今はどうしても銀行にお世話にならざるをえないので、対策として、わずかながらも預金を分散しております。しかし、何より怖いのは住宅ローン。外資銀行で組んでもらったのに、いつの間にやら邦銀に住宅ローンだけ移管されていました。こういう情報は、本当に間際にならないと素人ではキャッチできないので、ちょっと冷や汗もの。今はタンス預金にすることを真剣に考えています。そして、とにかく借金返済に躍起です。

ペイオフ後は不安です(さくら子・神奈川・既婚・50代)

完全ペイオフが延期されましたので、それまでは大丈夫かなと思います。しかし、ペイオフが実施された後は、不安な銀行はたくさん出てくるのではないでしょうか。日本経済の失われた10数年間、銀行の経営陣の危機感のなさにも責任があると思うのですが?

OTHERS

銀行の窓口に見る「将来性」(kanemai・神奈川・未婚・27歳)

銀行や郵便局に預けているお金はたいしたことないので、わたし自身はあまり不安は感じていません。ですが、日ごろ銀行の窓口を見ていると、銀行の未来は暗いと思います。ある程度の金額を預けている人や年の人にはベテラン行員が懇切丁寧に対応していますが、わたしのような20代の若輩には、入社したてのトンチンカンな対応をする若い行員が対応し、待たされること30分。大口顧客にしっぽをふっている時代は終わったのでは、小口の個人をうまく取り込まないと銀行はつぶれるのでは、と思うのは、わたしだけでしょうか?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「銀行の倒産」→「貸し出しの減少」→「企業倒産の増加」

みなさん、書き込み&投票、ありがとうございます。
さて、新聞やテレビで、銀行の問題がしょっちゅう報道されていますが、いまひとつピンとこないというのが実感かもしれませんね。そこでまずはmoremoreさんの書き込みもあった「銀行が潰れるとどうなるか? 」について、確認しておくことにしましょう。(このあとの発言は、あくまでも浅井個人の意見としてお聞きください)

結論からいうと、銀行がつぶれても一預金者(個人)としては、定期預金に、1000万円以上預けている人以外、直接的な影響は何もありません。別の銀行を利用すればいいだけの話です(もちろん、いろいろと手間はかかりますが)。むしろ、問題なのは企業や自治体のほうです。こちらは半強制的なものも含め、多額の定期預金を持っている場合が多く、万一の際には回収できない資金が発生する可能性が高いと思われます。


また、大抵の企業は銀行から「貸し出し」を受けていますが、銀行の破綻後に銀行が外資に買収されたりすると、多くの企業は貸し出しの返済を迫られることが予想されます。もちろん、他の銀行が貸してくれれば問題はないのですが、今のご時世ではそれも難しいでしょう。そうなると、いずれ資金繰りがつかなくなり、その企業は倒産するということになりかねません。つまり、銀行の破綻は、「貸し出しの減少」→「企業倒産の増加」となり、その企業で働いていた人たちの多くが「職を失う」ということになるのです。

銀行が破綻まで至らなくても、不良債券処理を強引に進めすぎると、銀行は貸し出しを抑えたり、回収強化に動きます。こうなると、やはり、倒産の増加や景気悪化につながります。そうした中で企業が貸し出しを継続して受けるためには、「リストラ」を要求されたりもするでしょうから、いずれにしても、雇用不安や景気悪化というj状況を加速化させることになります。

経済の血液は「マネー」だといわれますが、銀行はそのマネーを供給する心臓の役割を果たす「金融システム」の中核にありますし、時には「信用創造」によってマネーを創りだしてもいます。マネーという「血液」がうまく流れなかったり、足りなくなると、経済活動は縮小するこことになりましので、それがわたしたちの生活に悪い影響をおよぼすことにつながるわけです。

ちなみに、拓銀というマネーの心臓を失った北海道経済が、明日の日本を暗示していると言えるでしょう。たまに札幌に出張にでかけますが、高校を卒業する生徒のうち就職先が決まっている人の割合が50%切っているなど、個人の努力ではいかんともしがたい状況を耳にします。このように銀行がしっかりしないと、個人の職や生活が脅かされることになるわけで、その意味においては、銀行(あるいは銀行という機能)は不可欠の存在となってしまっているのです。

また、本日matisseさんが投稿してくださったように、「外資銀行にも不安が.....」ということも言えますよね。日本の銀行も、外資系銀行も不安。となると、じゃあ、どうすればいいの? となると思いますが、ここは逆に、どういう銀行を望むのか、みなさんの発言を期待します。このサイトから、みんなのメッセージを発信して、それが日本の将来の役にたてれば……なんて、大それたことも考えていますので、御協力お願いします。

浅井秀一

浅井秀一

ストックアンドフロー代表

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english