自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/3/17(月) - 2003/3/21(金)
5日め

テーマ投資先のIR情報をチェックしてますか?

今日のポイント

企業の社会活動にも目を向けた投資を

投票結果 現在の投票結果 y69 n31 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
小野瑛子
小野瑛子 家計の見直し相談センター

IR情報も今日が最終日。投資家の立場から、専門家の立場から、素人の立場からなど、さまざまな立場からの投稿を楽しく読ませていただき、わたしもとても勉強になりました。フェニックスさんがおっしゃるように、I……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

決算書などの簡単な構造をまず頭に入れる(れじ子・東京・パートナー有)

証券会社勤務を経て、現在は生命保険会社の運用企画部に勤務しています。主な仕事は機関投資家向けの運用報告リポートの作成です。前職では損益計算書も作っていました。この類のリポートは、読むのが大変なのは十分承知しています。しかし、作るほうもかなり大変なのです。エクセルの計算式を積み上げて表やグラフを作り上げていきます。一番簡単に読めるようになるには、決算書などの簡単な構造をまず頭に入れることではないかと思います。一般向けのIR情報に、いつか簡単な決算書の構造、「資産とは?」「負債とは?」などが載るようになると、わかりやすくていいなと思います。

情報公開の姿勢を重視(tutty・東京・既婚・30代)

最近はホームページに決算短信や有価証券報告書まで載せている企業も多く、定期的にチェックしています。でも一番重要視するのは、情報公開の姿勢です。知りたいと思った情報がすぐに手に入るよう配慮されていると、「ここの株なら、持ってもいいかな」と思います。逆に大手の優良企業と言われるようなところでもIRがいい加減だと購入は見送りです。

業界固有の指標を幅広く入手したい(nonnon2525)

自身の投資先以外の情報以外は見ないというのが一般的だと思いますが、小野先生のご指摘どおり、同じ業界を見ていくと、また違ったものが見えてきますね。そういった業界固有の指標を幅広く入手するのに何か便利な資料やサイトはあるのでしょうか?

不明部分は企業のIR担当者に電話(asukai)

最近はホームページで必ずIR情報をチェックしてます。ホームページ上だけではわからない疑問点などは、直接その企業のIR担当の方に電話をして、じっくり納得してから投資するようにしています。

担当者に聞いたり本を読んだり(ぐーすか)

チェックといっても、そういえば買うときだけですね、よくよく見るのは。証券会社の人などに聞いたり、本を読んだりする程度です。もっと勉強しなくてはと思うのですが。

開示情報の区別が気になる(MARNI)

企業のIR情報開示への取り組みはとてもいいと思うのですが、投資家向けと消費者向けの情報をまったく分けて考えている点が気になります。消費者が投資家に代わっていく、投資家もまた消費者であるという観点があるといいなと思っています。

ホームページなどで情報収集(yoshimi)

半年前より株式投資を始めました。オンラインで、本当に小額ですが大事なお金です。日ごろから好感の持てる身近な企業を中心に、ホームページなどで情報収集しています。IR情報については、一応見るものの、知識がなくて読みこなせていないのが実情です。そのもどかしさから、今勉強中のファイナンシャルプランナーの試験が終わったら、簿記も勉強したいと思っています。株式投資は配当とともに、たくさんの目標を与えてくれました。

証券会社のレポートを読む(はるたいママ)

わたしは、自分の買った株の会社のIRをチェックするよりは、ネットなどで入手できる証券会社のリポートを読むほうが好きです。その証券会社のバイアスがかかっているかもしれませんけどね。日本の企業の貸借対照表は信用できない、といわれて久しいですね。2006年からの減損会計の導入をもって、ようやくグローバルスタンダードに近づくのでしょう。この減損会計を延期しよう、というのが株価対策に入っていましたが、言語道断だと思っています。 政府が目先の株価を下げないための対策に、会計方針まで含めるのは、権限逸脱だと思います。

製品と営業スタッフを見た方が……(A6M2・愛知・既婚・46歳)

B/S、P/Lの確認は基本です。しかし、財務諸表をチェックすれば、投資先のことがわかるというのは、本当なのか?という感じです。安全性を問題にするなら、格付けで充分です。大切なことは、その企業のイメージと現実に、妙なギャップがないかを検証する手段の一つとして、財務諸表を見るというこではないでしょうか。たとえば、安全や品質を売り物にしている企業の製品保証引当金が増加傾向にあれば、何かあると思うというような、そういう見方です。財務諸表を見るよりも、販売店に行って、その会社の製品と営業スタッフの立ち居振る舞いを見たほうが、実は、ずっと有益な情報が手に入るのではないでしょうか。

企業が発信するIR情報に疑問がある(いまいくん・埼玉・既婚・39歳)

以前は株式投資をしてましたが、現在はお休み中です。株式投資をしていた時にも、IR情報はそれほど参考にしていませんでした。企業の財務内容と株価は、必ずしも一致しいてるとは思わないので。それに、企業から発信されるIR情報の質の問題もあります。どこまで信じていいのか、かなり疑問があります。少なくとも企業などの不祥事に関する情報が、IR情報に公開されるはずはありませんよね。基本的に、その企業にとって不利な情報は、法の許す範囲で隠されてしまうと思っています。

NO

株価は下がるばかりなので(フェニックス)

株を買い始めたときに少しチェックしたが、だからといって株価は上がるどころか下がるばかりなので、最近はまったくしていません。

投資は企業への応援票ではない(marc・東京・20代)

株を買う、となったときは、入手できるすべての情報を把握して分析するのですが、その後その企業がどのような活動をしているのか、といったところまで踏み込んではいませんでした。ただ投資を企業への応援票と考えるとそのような姿勢ではいけませんね。最近はホームページにも必ずIR情報が掲載されていますし、もっと頻繁にチェックをしていこうと思っています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

IR情報のチェックなしに企業の経営責任は問えない

IR情報も今日が最終日。投資家の立場から、専門家の立場から、素人の立場からなど、さまざまな立場からの投稿を楽しく読ませていただき、わたしもとても勉強になりました。フェニックスさんがおっしゃるように、IR情報をチェックして購入しても株価は下がるばかり。むなしくなってしまいますが、株を買うということは、その企業に出資するということですから、IR情報のチェックなしに買ったのでは企業の経営責任は問えませんよね。

れじ子さんはIR情報を作成する立場にいらっしゃるんですね。決算書などの構造を頭に入れると理解しやすいというご指摘、わたしも同感です。とかく言葉の難しさに振り回されてしまいがちですが、その言葉の意味がわかれば、「なんだ、そういうことだったのか」とスッと理解できることがありますね。わたしも最初のころは「貸方」「借方」という言葉の意味が理解できずに悩みましたが、あるとき、「言葉なんかどうでもいいや。要するに、資産=負債+資本なんでしょ? 」と開き直ったのです。つまり、言葉そのものよりも、言葉の意味するものが理解できたらいい、と。それ以来、気楽に決算書が読めるようになりました。

情報開示の姿勢を重視したいというtuttyさん、企業のIR担当者に電話で聞くというasukaiさん、これは昨日のA6M2さんのご意見にも通じますよね。消費者や投資家を大事にしようという姿勢は、情報開示の在り方にも端的に現れています。そもそも、今どき自社のサイトにIR情報を掲載していないような企業は時代遅れだし、経費節減に本気で取り組んでいるとは思えません(自社のサイトで開示すれば、新聞公告はしなくていい。公告の費用だってバカになりません)。だから、わたしも購入は見送ります。

業界固有の指標を幅広く入手したいというnonnon2525さんの場合、その業界の団体に問い合わせてみてはいかがでしょう。リアルタイムで詳細な情報を入手するには、それぞれの企業に問い合わせるしかありませんが、概要でもいいなら、業界紙などにまとめて掲載される情報が便利です。生命保険業界の情報については、生命保険協会に問い合わせて『Insurance(インシュアランス)』という機関誌を教えていただきました。『Insurance』では、決算の1カ月後ぐらいに生保全社の決算書の概要をまとめた特集号を出しています。

最後になりましたが、キャッシュ・フロー計算書について。これは、その企業のお金の流れを計算したものです。つまり、会社が1年間にどれだけのお金を稼ぎ、どれだけのお金を使ったか、銀行などからいくらのお金を調達し、いくら返済したか、そして期末にはいくらの現金預金が残ったかを示しています。どんなに稼いでいても、経費を使いすぎていたり、借金が多くて返済が滞っていたり、現金預金がまったく増えなかったりしたら、その企業の経営はあまり健全とはいえないかもしれません。企業の資金繰りを見る上でもキャッシュ・フロー計算書は役立ちます。

小野瑛子

小野瑛子

家計の見直し相談センター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english