自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/9/29(月) - 2003/10/3(金)
5日め

テーマ子どもにお金の教育をしていますか

今日のポイント

ニーズとウォンツを分け、限りあるお金をやりくりしよう

投票結果 現在の投票結果 y58 n42 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
伊藤宏一

子どもにお金の教育をしている方が60%近くいることを心強く思うと同時に、何をどの段階でどういう形で教えていくかということについては手探りの状況だということを改めて認識しました。また、投稿していただいた……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

お小遣い帳をつけさせているnew(mamarin)

現在10歳の長男には週100円、8歳の長女には週50円のお小遣いを、主人から毎週決まった日に渡してもらっています。その日までのお小遣い帳をつけておいて、見せてから「お小遣いください」「ありがとう」をきちんと言うようにさせています。長女はほとんど何も使わず貯まりっぱなしですが、長男はいろいろ使っているようです。

子どもたちがお友だちの家で電話を借りることを禁じていますが、使った場合には10円をお小遣いからその家のお母さんに支払うようにと決めています。厳しくしているつもりでもお金の教育は難しいです。自分もそれほど厳しくお金の管理をしていませんし、子どもたちにも時々何かを買ってあげてしまうこともあるので、混乱しているかもしれません。ただ、主な稼ぎ主であるお父さんからお小遣いをあげるのは、今後も続けていこうと思っています。

お金の教育は重要new(capital-one・埼玉・31歳)

お金の教育というのは大変に重要です。先進国となりながら一番お金の教育が遅れているのが、日本ではないでしょうか。未成年では財(金)の学習が、成人では金融の教育が是が非でも必要だと思います。

たとえば、最近よく言われる不良債権という言葉を理解していない人が多いのではないでしょうか。無条件に悪いというのは簡単ですが、中にはどうにもならない仕方ないものもあります。極端に言えば、個人的に貸したお金を決めた期限で返さなくても不良債権です。国債云々の執筆をよく見かけますが、的を得た意見がないというのも現実です。

みなさんはお金であるお札に書かれた文字の理由を考えたことあるでしょうか。日本であれば「日本銀行券」、北米では「Federal Reserve Note」です。ちゃんと根拠があるのです。こういったことを教える必要があります。

一カ月の小遣いを渡してやり繰りさせている(nanachann・既婚)

一カ月の小遣いを渡して、その中でやり繰りをさせています。衣料(下着類も含む)分も年間で渡し、その中で考えてやり繰りをさせようかな、と検討中です。子どもは高校生、中学生です。

段階的にお金の教育をしていきたい(MANAMI・東京・既婚・39歳)

5歳の息子がいます。今はまだ、機会を見つけて「お金は大切に使うべきものであること」「一生懸命働いて手にできるものであること」を教えている程度です。でも、中学生くらいまでには、お小遣いの管理をきちんとできるようにさせたいですし、高校生くらいになったら金利についても理解させたいと思っています。

うまく使えば、いろいろなことを楽しみ、生活を豊かにする手段となりますが、一歩間違えば身の破滅の原因ともなるものですから、きちんと教えていきたいと思っています。

限りあるお金の使い方を考えさせる訓練を(ありる)

子どもが4歳になったばかりのころのことです。「お買い物ごっこしたよ!」と言って、かばんから取り出した紙に書いてあったのは、「やさい」「くだもの」「えほん」「おもちゃ」そして……なんと「セ●ンカード」! 「お金は?」と聞いたら、「お金がなくても、これでお買い物できるんだよ」と。正直、怖くなりました。

まだ子どもだからと言わず、しっかり教育していかなければこれはえらいことになる、と。今はまだ「お金(と食べ物)はおもちゃにするな!」と言い聞かせること、それと月一回お買い物時に30円を持たせ、「どう使うか自分で考えなさい」ということをしている(4歳なりに、使ったり、ためたり、いろいろ考えていますね)程度ですが、小学校に入ったら完全に月ぎめお小遣い制にして、限りあるお金の使い方を考えさせる訓練を、と思っています。

お手伝いポイント票をつくった(binko)

子どもが小学校の時、ミニ四駆がはやりました。パーツを集めたり、ミニ四駆を走らせたりするのはいいのですが、そのパーツの値段が子どものお小遣いでは買えない値段でした。これに付き合っては、お金がいくらあっても間に合わないと思い、お手伝いポイント票をつくり、10ポイント300円で働いた分だけお金をあげることにしていきました。

初めはせっせと頑張っていきましたが、次第に頑張らなくなり、パーツも欲しがらなくなっていきました。その後、はやりには飛びつかなくなり、今は高校3年生になりました。あの当時、ミニ四駆の後カード集めもはやったが、うちの子は一つも欲しがらなかったので、どうしてか聞いたところ、メーカーに踊らされるのがアホらしくなったとのこと。

働かなければ多くのお金がもらえない制度にしてよかったと思うこのごろ。親に言われなくても子ども自ら悟った形になりました。今は、そのお手伝いポイント票は自然消滅しました。でも、お小遣い帳の記入の管理はわたしがやっています。

家の経済状況を知ることも大切(purpleroseshiz)

わたしはまだ学生で子どもの立場ですが、投稿します。小学生のときから、うちの家計事情を母親のぐちやぼやきを通して知り、うちの経済状況、母親のやりくり術を学び、経済観念をしっかり身につけました。

子どもは親の年収、家計などを知らなくてもいいという意見もありますが、子どもはいつか大人になっていくし、経済的に自立する前にお小遣いとかで、子どもはお金と接し始めるのです。そのためにも、子どもに経済観念を早めに身につけさせたほうがいいと思います。

今の世の中、二十歳を越えても学生という身分の人が増えていると思います。いつまでも、親のお金が降ってわいてくると思い、お金に対し無頓着な同世代の若者が多いような気がします。

欲しいものを自分のお小遣いで買わせる(コアントロー)

小学校2年生の娘に、毎月お小遣いを渡しています。彼女は欲しくてたまらない「ゲーム機」を自分で買うため、お小遣いをためています。

お小遣いを渡し始めたのは、小学校1年生のときからで、当時は何に使っていいのかもわからず、漠然とためていたようです。2年生になり、お金を使ってみたくなったようで、ガチャポンや欲しい漫画本などを買っていました。

最近ゲーム機が欲しくなったようですが、わたしはあまり与えたくありませんでした。それで「自分のお小遣いで買うのならOK」と言いました。すでに6,000円ほど貯めているようです。時々机の上に小銭をばらまいて、必死に数えています。本当に欲しいものを、自分のお小遣いでためて買えば、お金の価値もわかるし、買ったものも大切にすると思います。

子どもの前で給与袋を開封して仕分けている(aim↑)

月単位のお小遣いはまだ早い年(6歳)かなと思い、買い物に行った時、お菓子をせがまれる前に「これで買えるものを」と200円くらいを渡して、レジに並ばせています。

また給料日には「一カ月お仕事頑張りましたねってくれるのよ」と子どもの前で給与袋を開封して分けています。5歳の時は「うわあ、いっぱい!」と言っていましたが、今は「これはおうちのお金、これはスーパーで買う分……」と用途と限りがあることを理解しているようです。年齢に応じて教育していけたらと思っています。

小遣いの内訳を明確に決定している(annkoro・神奈川・既婚・42歳)

お金の教育は、子どもの自立心を育てるのに有効だと思います。うちでは小遣いの金額は何にいくら必要なのかを明確にして決定しています。

たとえば、高校生には、(散髪1,800円+学食昼食代500円×日数分+本代+アルファ)といった具合です。お年玉やおじいちゃんおばあちゃんからもらうお小遣いは、基本的に子どもたちに管理は任せています。貯金をするという子、すぐに使ってしまう子。友人のところでは、おじいちゃんおばあちゃんからもらったお金は10%を貯めておいて、誕生日や何かお祝いの時に子どもたちからプレゼントを用意するそうです。

ところで、大学生の子どもに対してどのようにするのがいいのかは少し迷っています。18歳にもなって学費も交通費も食費も小遣いも、何もかも親に頼っているようでは心配な気がします。せめて小遣いは自分で工面するように子どもには伝え、アルバイトなどをしてやりくりしているようですが……。小遣いって何歳まで? 独り立ちできるまで? 親が与えるものなんですかね……。

NO

税金や年金のことを子どもに教えてほしいnew(takiko)

わたしは未婚なのですが、税金や年金のことを考えると、親は子どもにそういうことをぜひ教えてほしいと思うのです。滞納する人って、夫婦のどちらかがお金の管理をしていてもずぼらで、ついついたまってしまったり、税金を払わずに生活に合わない高級新車を購入したりして、お金に困って払えないというのを聞きます。こういうご時世だからこそ、そういった制度について親からよく教えてもらいたいものです。

お金に少しずつ触れさせたい(ゆうこmama)

まだ子どもが小さいのでお金の教育をしていませんが、小さいうちからお金に対する知恵をつけさせるのは大切なことだと感じています。

お手伝いをしてくれた時に、ちょっとしたお小遣いとして1円、10円の小銭でもいいと思います。お金に少しずつ触れさせて、大切に使うことが重要であるということを、教えていってあげたいと思っています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

お金の知恵を親子で一緒に身につけたい

子どもにお金の教育をしている方が60%近くいることを心強く思うと同時に、何をどの段階でどういう形で教えていくかということについては手探りの状況だということを改めて認識しました。また、投稿していただいたみなさんが真剣に取り組んでいることに、とても心を打たれました。

capital-oneさんの言われるようにお金の教育はとても重要になってきています。そこでtakikoさんのように、親が子どもにお金のことをきちんと教えてほしいと思うのはもっともなことです。しかし考えてみると、家庭は別として、学校では親の世代もきちんとしたパーソナル・ファイナンス教育を教わってきたのではありません。ですから親も子どもと一緒に、一からお金の勉強を系統的にすることが必要になっているのではないかと思います。

親としても、年収がいくらか、昨年払った所得税はいくらか、今夫が死んだ場合、生命保険金はいくら出るのか、貯金は全部でいくらあるのか、公的年金には何年加入しているのか、資産は時価でいくらあるのか……こうした基本的なことからきちんと把握していくことが大切ですね。

また、mamarinさんの言われるように、親も厳しくお金の管理をしていないことも多いと思います。親のお金の使い方は知らず知らずのうちに子どもに伝わっていきます。そういう意味でも親子でお金のことをきちんと勉強し、衣食住と同じような生活技術にしていくことが求められると思います。

貯蓄と節約だけしていればいい時代は過ぎ、今は投資・資産運用や年金・税金・保険・不動産・ローン・クレジット・相続といったお金に関するさまざまな分野の知識について、一定のレベルで生活技術化することが求められていると思います。また、フリーマーケットで親子で販売してみたり、最近行われている起業のゲームなどに取り組んでみたりすることもいいのではないかと思います。

お金では買えないものがあること、お金は幸福になるための一つの手段という前提の下で、生活技術としてのお金の知恵を身につけ、「環境にやさしい暮らしをしよう」といったことと同様に教育していくことが大切だと思います。投稿していただいたみなさん、ありがとうございました。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english