自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2082
“食品の廃棄”減らす努力していますか?
投票結果
80  20  
805票 196票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2007年01月29日より
2007年02月02日まで
円卓会議とは

道畑美希
プロフィール
このテーマの議長
道畑美希 東洋大学講師 フードビジネス・コーディネーター
円卓会議議長一覧
ゴミを宝にしているnchさん、庭があるのは、とってもうらやましい限りです。そういえば、子どものころは、……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 生ごみは庭へ (nch・神奈川・パートナー有・45歳)
食べられるところは、捨てない努力はしているけれど、どうしてもゼロにすることはできません。狭い庭だけれど穴を掘って生ごみを埋めてしまいます。数ヵ月後には立派な土となって生まれ変わり肥料は一切買いません。粘土質だった庭の土もずいぶんと変わってきたようです。時には、じゃがいもやかぼちゃが思わぬところから目を出すことも! これって一石三鳥かも!

yes 提供者側へお願い (鳰・栃木・パートナー有・53歳)
外食の場合、やはり、残り物のお持ち帰りを許して欲しいです。昔は、結構気軽に持ち帰れたのですが、最近は、食品衛生上の理由でと、断られることが多い。犬用に、と言ってもダメでした。もちろん、注文するときには食べきれる量を考えるのですが、予想外に大量だったり、宴会やパーティーの時など、残して帰るのはもったいないです。残り物に関しては、店、会場から出たら、消費者の自己責任でいいんじゃないかと思うのですが。

yes 冷蔵庫に白板 (らいおん・東京・パートナー有・38歳)
何かでちらっと読んで実行してみたところ、効果絶大だったのは、冷蔵庫に白板を貼って、在庫を書いていくことです。うちは分量までは書きませんし、常備のもの(牛乳とか卵)も記入しませんが、これがあると、ほんとに使わないで棄ててしまう、というのが減って、驚きました。あと、冷蔵庫にあるもので作ろう、というときにも、それを一目見るだけで献立がたてやすく、意外に重宝しています。

yes 子どもとの外食でのメニュー選び (まりあむ・東京・パートナー有・40歳)
子どもが4歳なので、大人の量は食べ切れません。子どもとの外食ではまず子どもに食べたいものを選ばせてその食べ残しを自分が食べることも考えて自分のメニューを決めます。私がどうしても食べたいものがある時には、子どもが選ぶ時にさりげなく「これおいしそうね」と勧めたりします(笑)

yes 外食で残した時も持ち帰ります (ペゴニア・北米・パートナー有・36歳)
自宅での食事で食品を棄てるのはもってのほかで、外食で食べ残したときも、容器に入れて持ち帰ってます。アメリカでは一皿の量が多いせいか、極普通にそうしてます。でも日本で同じようなようにした時は、友人にふざけてですが「なぜそこまでして持ち帰る……いやしい」とまで言われてしまって、悲しかったです。食べ残したものをお家に持って帰ることは格好悪いものなんでしょうか?

yes 生ごみは菌のエサ (ayaPa・神奈川・パートナー有・31歳)
母は生ごみを、EM菌のエサにしています。EM菌の液体は、植物にまいたり、ヘドロがたまりやすいところに吹き付けたりすると、菌がばい菌を食べてくれるので、農薬代わりになったり、汚れを食べてくれたりします。生ごみは減るし、EM菌を育てられるし、一石二鳥です。

yes 手動の生ゴミ処理機を (sa-ho・山口・パートナー無・33歳)
生ゴミの処理にいつも負担を感じていたんですが、普通の処理機は環境の問題や電気代もいるので、やっと手動のを見つけて、毎日楽しんで処理してます。ほんとは生ごみ自体を減らす事がまず第一でしょうが、処理機によって、普段のゴミを出す回数も減ったように思います。

yes 鮮度保持袋 (みつ豆・大分・パートナー有・41歳)
このところ野菜が無駄になることがとても多かったのですが、先日知人から「鮮度保持袋」というのをいただいて、使っています。入れておくと野菜が長持ちし、味も良くなるのだそうです。それ以来、確かに捨てる量が激減したのと、その袋を見る度「粗末にしないようにしよう」という意識が高まってきたように思います。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「食を提供する側と、食べる側との対話を」
ゴミを宝にしているnchさん、庭があるのは、とってもうらやましい限りです。そういえば、子どものころは、紙ごみなどは家で燃やしていたような記憶がありますが、皆さんはいかがですか? 防火上の問題や煙、におい、果てはダイオキシンなどの問題があり、ほとんどゴミを燃やしたりする光景はなくなりましたね。

食の生産の場と食卓が離れてしまったことは、いつもお話している通りですが、ゴミを捨てる場と、廃棄場・処理場とはとても離れたものになってしまっていることに気づかされました。「ゴミが、家からなくなれば、それでおしまい」ではなく、捨てた後のことを、私たちは、もっと知り、責任をもたないといけませんね。

また、外食時の食べ残しの処理について、鳰さん、まりあむさん、ぺゴ二アさんから投稿をいただいています。海外では、食べ残したものを持ち帰ることができる習慣がありますが、今の日本では、食べ残しは、ほとんど持って帰らせてくれないですね。

店の側もできれば持って帰ってもらいたいところ(せっかく作ったものですし、しかもゴミを出すのもお金がかかります)ですが、店の側で、お客様が持ち帰ったものを、どのように保管し、いつ食べるのかを管理しきれないのです。もし、なにか問題があったとき、責任が問われるのは、店の側です。消費者の自己責任でコトが終わらないのが、今の風潮ではありませんか。

レストランなどは、提供する側と食べる側の対話が一番図れる場です。提供する料理の量がどのくらいの量かを、オーダーの前に、お客様とよく相談できるといいですね。通常のレストランで非常に難しい課題かもしれませんが、こういった対話を重ねていくことが必要です。高齢社会に向かうに当たり、レストランでの提供量について、もっと真面目に取り組む必要がありますね。

家庭の食品廃棄については、いろいろな得意技を披露して頂いて、ありがとうございました。皆さん、楽しくゴミを減らしていらっしゃるという様子がよくわかりました。業界側の食品廃棄を削減するにも、皆さんの協力が必要です。また、皆さんが本当に必要なことが業界に届いていないことも、改めて実感することができました。提供者と食べる側の対話、もっとできるといいな、と思います。

どうも1週間、おつきあいありがとうございました。明日は節分。蒔いた豆も食べないとダメですよ!

道畑美希
東洋大学講師 フードビジネス・コーディネーター
道畑美希


関連参考情報
■ 「服部幸應さんとのwin-win対談」
日本は、残飯世界一なんです
■ 「店で食べ残した料理、持ち帰れる?」
おしゃれな「持ち帰り運動」を
■ 「環境ジャーナリスト 枝廣淳子さんと対談」
「もったい」とは、命のことなんですよ
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english