自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/3/12(月) - 2001/3/16(金)
5日め

テーマ店で食べ残した料理、持ち帰れる?

今日のポイント

今夜から試しに言ってみましょう。「テイクアウトできますか? 」

投票結果 現在の投票結果 y62 n38 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
玉村豊男
玉村豊男 エッセイスト 画家

以前、滅多に行かない超の字がつく高級フランス料理店で、閉店間際の時間まで食事を楽しんで、支払いを終えて帰ろうとしたらレジの横に生菓子がいくつも置いてある。「これ、どうするの」と聞くと、「売れ残ったので……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

OTHERS

女性誌で「お持ち帰り」特集して!(みゅう・東京・30歳)

持ち帰り専用のおしゃれな入れ物とバッグが出回って、「みんなでおしゃれにテイクアウト」なんて、女性誌が特集したりして、お持ち帰りはもう当たり前という意識がみんなにつけば、スマートに持ち帰ることができるんでしょうね。

信頼し合えるお店をもっと持とう!(しゅう子・神奈川・32歳)

持ち帰るか持ち帰らないかということは、その店との信頼関係というものがネックのような気がする。お店も「このお客さまなら」というものがあれば、安心して持ち帰ってもらえるのでは?よく知らない人に持ち帰られて、文句を言われたら…と思うから、足踏みしているお店は多いと思う。信頼し合えるお店をどれくらい持つか、がこれからの課題なのでは?

ひとり暮らしは特にお持ち帰りしたいから(琴祐・浦安・未婚・29歳)

ひとり暮らしを考案中なので、おいしいものが少しでもあれば、持って帰ってみたい。持ち帰り運動が当たり前になって、外食もデリも同じ感覚で消費者に楽しんでもらえるようなお店が増えてほしい。そんなお店は、どんどん利用します! 

お店の人と仲良くなれば…(きり・東京・35歳)

とにかく、お店の人とある程度仲良くなることが、持ち帰りを成功させる作戦?の一つでしょうね。「これ、おいしいですね。何が入っているんですか?」「今日は混んでいて、たいへんですね」など、カンジ良さをアピールすることが大切でしょうね。なんでそんなに客が気使うんだって?それもそうですが…。

「おいしかったから…」と言ってみます!(えっこママ・横浜市・38歳)

恥ずかしくて「持ち帰りたい」と言えなかったんですが、そうですね。「おいしかったから……」って、言葉のはじめにつければ、言えそうです。今度食べ残しちゃったときチャレンジしてみましょう。

容器を持参しよう(YOYO・東京都・未婚・30歳)

以前、レストランでアルバイトをしていましたが、パック代もばかにならず経費削減の為、途中からお持ち帰りはお断りすることになりました。日本は、気候的に食中毒の恐れもあるし…。基本的には、持ち帰りが普通になればいいなと思います。持ち帰り前提で、容器持参で行くのはどうでしょう?

日本人の潔癖症を治さなければ…(ウィリー・千葉・既婚・36歳)

日本人は潔癖すぎて、かえって菌に弱いといっている学者がいますが、食べ物に対してもそうですよね。ちょっとの時間遅れて食べてもだいじょうぶなんだから、どんどん持ち帰りOKにすればいいのに。とにかく、日本人の異常なまでの潔癖症を治さなければ、お持ち帰りは定着しないかもね。

お持ち帰り部門、強化して!(ループ・東京・既婚・29歳)

今、お店をやっている人も、これからお店をやる人も、もっともっと」お持ち帰り部門」を強化させてほしい! そのほうが、売上も伸びると思うけどなぁ! 」家メシ」が流行っている今日この頃だもの。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

以前、滅多に行かない超の字がつく高級フランス料理店で、閉店間際の時間まで食事を楽しんで、支払いを終えて帰ろうとしたらレジの横に生菓子がいくつも置いてある。「これ、どうするの」と聞くと、「売れ残ったので捨てる」という。従業員も毎日のことなのでほとんど持ち帰らないらしい。「へー、もったいない」といったら、全部きれいな箱に入れておみやげにくれた。ラッキー! その足で友だちの家に持っていったらおおいによろこばれた。

毎回それを目的に閉店間際まで粘って……というわけにはいかないけれど、今度行ったら、肉料理を残して「持ち帰りたい」と言ってみよう。本当にいいサービスの店なら、YESにしろNOにしろ、きちんと誠実に対応してくれるはず。持ち帰りは、おなかはいっぱいだけどこの料理をもっと楽しみたい、ここで別れてしまうのは淋しい、という意思表示なのだから。

リラックスさせてくれるサービスの店で、素直に楽しんだ後の、ごく自然の成り行きとしての残り物テイクアウト。たしかに店と客の「あうんの呼吸」みたいなものは必要かもしれませんが、そのためにも、おしゃれな「持ち帰り運動」を展開して、それが自然にできる雰囲気をつくる必要があると思います。今という時代にふさわしい、知的で健全なライフスタイルとして……。

玉村豊男

玉村豊男

エッセイスト 画家

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english