自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/21(月) - 2002/10/25(金)
2日め

テーマ自分の想いを言葉で表現できていますか

今日のポイント

プライベートと仕事では、想いの伝え方が違う?

投票結果 現在の投票結果 y27 n73 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
石井浩子
石井浩子 同時通訳者

日々、言葉を商売にしているわたしにとって、ときに「言葉」は、辞書の定義の言葉とは異なると感じることが多々あります。というのも、言葉は文化に裏付けられているからです。日本語と英語という次元でもそうですし……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

NO

仕事だとうまく伝えられない(エコ)

プライベートではさほど思いが伝えられないと思うことはありません。時に冷静に、時に感情的に表現していくことで、相手に伝えられます。でも、仕事だとそうはいきません。相手によって言葉をどう使うか変える必要があるし、相手にどう響くか細心の注意が必要。プライベートでは相手にどう伝わったかも確認し、うまく伝わってなければ再度ということもできるけど。仕事上ではそんなに何度も伝えなおすわけにも行きません。相手がどんな人間かを見極め、表現していくことに難しさを感じる今日このごろです。

知らぬ間に顔が怒ったように(宮里砂智子)

自分の思いがうまく伝わらないとき、怒ったような顔をするのだそうです。パートナーに何度となく言われているのですが、そのときどんな顔をしているのかよくわかりません。不安や不満をうまく表現できずに顔が怒ったようになっているので「意見を受け入れてくれない」というようにとられてしまうみたいです。難しいですね。

仕事場で説得したいときに表現できない(catty)

仕事をしていていつも感じています。うまい言葉や表現はないかと。なぜできないのかを説明するときや代案を提案するときなどは、特に言葉を選びます。無理難題を言ってくる上司に上手な説明はどうしても必要です。とても圧迫感を与える人と冷たいオフィスで会議をするのは、かなり体力を奪われてしまいます。その上司は日本語と英語をひとつの文にごっちゃ混ぜで話すので、わたしは英語で話をするべきか、日本語ですべきか一瞬悩んでしまうのも疲れます。最近は言葉をたくさん使って説明をするよりも、自分で選んだ言葉を、相手の目を見てゆっくりとはっきり話すことを心がけるようになりました。わたしにとって、これからもずーっと課題ですね、これは。

こだわりを伝えられない(remy・東京・未婚・27歳)

スポーツや旅行などに興味があり、自分なりのこだわりを持っているつもりです。旅行も自分で調べて、わたしらしい旅行をしている、ということに満足しています。ただ、その「こだわり」をうまく人にアピールすることができません。きちんと表現しようと言葉を選ぶと、なかなか興味を持ってもらえないし、かといって雄弁に語ると、相手が押されて、やはりちゃんと聞いてもらえないような気がします。文章の形で、時間をかけて伝えようとすると比較的うまく行くのですが。何か損をしているような気がします。

OTHERS

言葉の力を信じる(もなこ・大阪・既婚)

言葉というものは、人となりを如実にさらけだすものだと思う。以前は、自分を等身大以上に大きく見せたくて力んでいたような気がする。そのために会話を心から楽しむことができなかった。最近は、ちょっと肩の力が抜けてきてとにかくユーモアを交えながら、自分の考えを表現できればいいなぁと考えている。謙虚さと自信を併せ持つつことで必ず自分の言葉が相手に伝わると信じている。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

人の持つ「文化」を理解しない限り、「想い」と「言葉」は一致しない

日々、言葉を商売にしているわたしにとって、ときに「言葉」は、辞書の定義の言葉とは異なると感じることが多々あります。というのも、言葉は文化に裏付けられているからです。日本語と英語という次元でもそうですし、もっとミクロな話をすれば「言葉を発している人独特の文化」もあるでしょう。自分の「想い」は言い換えればその人の持つ「文化」であり、これを考慮して発信したり、受けとめたりしないかぎり「想い」と「言葉」は一致しません。

cattyさんのおっしゃるように「目を見る」ことは大事ですね、言葉が伝わっているか否かを見ていないとわからないとき、ありますから。言葉はあくまでも「やりとり」です。速球ばかりで相手が受け取れない場合は違うボールを投げることも大事。ときには相手の言葉も自分の語彙に入れてみるのもよいかもしれません。必ずしも同意しなくても「そうですか、何々とお考えなのですね」とまず相手の言い分をリピートすることもときには大事です。こうすると「聴いてもらっている」というところから会話が流れます。「会話がはずむ」という言い回しがあるように、「リズム」も大事でしょう。明日はさらに言葉とリズムの関係についても考えていきたいと思っています。

石井浩子

石井浩子

同時通訳者

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english