自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/4/14(月) - 2003/4/18(金)
1日め

テーマ定期昇給はなくて当然だと思いますか?

今日のポイント

定期昇給制度そのものがなくなりつつあります

投票結果 現在の投票結果 y50 n50
凡例
キャスター
坂野尚子
坂野尚子 キャリア戦略研究所所長 ザ・クイック代表取締役

今まで日本の会社は、定期昇給が当たり前でした。つまり、年に一度は給与が確実に上がっていきました。そして、定期昇給=年齢や勤続年数と一緒に賃金が上がること、つまり、年功序列そのものであり、企業内の安定を図るシステムができていたわけです。4月になれば「春闘」があり、賃金アップのために労働者が団結し企業に交渉、そのエネルギーは高度成長期の日本の成長を支えてきました。

しかし、ここに来て、社会や経済環境が大きく変わり、今、定期昇給制度そのものがなくなりつつあります。経験年数が必ずしも能力アップに比例するとは限りません。実際の業績に応じた成果主義的な賃金制度を導入している企業も増えてきています。

逆に、能力のある社員にとっては経験年数が短くても給与アップが実現できます。しかし、逆に、年功序列や定期昇給になれてしまった従業員にとっては明らかに厳しい時代です。

定期昇給制度が消滅するにつれ、働き方に対する意識変化も芽生えてきています。みなさんは定期昇給という制度をどのように考えていらっしゃいますか? 今後はなくて当然と考えていますか?

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english