自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/5/19(月) - 2003/5/23(金)
2日め

テーマ仕事に合わせて服選びをしていますか?

今日のポイント

どんな基準でスーツを選んでいますか?

投票結果 現在の投票結果 y87 n13 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり コンサルタント

みなさんからいただいたご意見をまとめると、仕事の上での服装を選ぶポイントは、個性を出しながら、相手に合わせること。色、雰囲気など、職場で浮いてしまわないように、それでいて自分らしさを失わないスタイルを……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

色を考えて服装を選ぶ(sfummy)

社内の雰囲気、取引先の色を考えて服装を選ぶ努力をしています。自分の色も、大切にしたいと考えています。個性も大切だと思うからです。相手に失礼のない服装、社内で浮かない服装を基本としています。

同性である生徒の目線を意識(べんじゃみん・32歳)

女子校の教員として気を付けているのが、同性である生徒の目線。大人に対してはシビアな彼女たち、髪型を変えればすぐ気付いて言いますし、ファッションについてもしかり。ネクタイをすれば何とかなる男性とは違い、こちらも頭を悩ませます。学校の校風で違いはありますが、スーツを強要されることはまずないので、結局は本人の考え次第です。「襟のあるデザイン」、つまりブラウスやシャツを原則にし、ニットはたまに、カットソーやTシャツはインナーでなければNG、と思っています。

わたしは、子どものころからトラッドテイストのものを着ることがたまたま多かったので、その路線で出勤して違和感はありませんでした。色はかなり明るいのを着ていますが、デザインがオーソドックスなため、悪印象ではないようです。実は先日、職場で派手な服装をしていた同じ年の同僚が上司に注意されました。彼女たちのスタイルは、ノースリーブ、ミニスカート、カジュアルなカプリパンツと、まるで20代前半のアパレル関係の店員さんのようで、生徒から見て真似したいものに見えたようです。ただ、おかしいと思っても、生徒は直接当事者に言わず、他の教員に言うので、本人たちはしばらく「わたしは悪くない」と豪語していました。しかも趣味が似ていると、自分たちだけ浮いていることに気付かないのですよね。彼女たちの今年任された仕事は、わたしよりも少ない数でした。周囲の雰囲気、また、自分の年齢と地位にふさわしいスタイルができるか気づかないと、決してキャリアアップはできないのだと痛感しました。

相手と合う場所と年齢によって(里穂・中部・38歳)

一応気にしています。やはり第一印象に決まるものがあると思うので、わたし自身は相手と合う場所と年齢によって変えます。

服装、髪型は社会共通の自己表現(ゆみぷん)

童顔のわたしが仕事上外国人と付き合うことが多いので、服装には気を使います。「お嬢ちゃん」に見えないように、知的で仕事ができる女性に見られるように、態度、言葉使いだけではなく、服装、髪型はかなり重要と認識しています。「自分はこのような人間です」という社会共通のサインと表現だと思っています。

女らしさをアピールしない(ururu・東京・パートナー有・29歳)

自分が将来「こうありたい」と思うことで自然と服装選びは変わってくるのではないでしょうか。わたしは大学を卒業して最初に入った会社で、スカートで出勤していたら、まわりのおじさんに「脚が太いからはくな」などと言われたことがあります。そこでセクハラうんぬんではなく、「自分は女らしさをアピールしない」という意味で、スカートをやめました。今では1枚もスカートを持っていません。でも、何年もはいていないので、はき方を忘れた気がします。ちょっと寂しいかも。

TPOに合わせた変化が大切(mi-chan)

あると思います。でも、日本の場合、身分不相応な格好の方がよく目立つのではないでしょうか? 部長さんが、ヨレヨレのスーツ。新入社員が、ブランドスーツにブランドバッグ。何かが間違ってると思うのはわたしだけでしょうか? 重要なのは、TPOに合わせて七変化できることのような気がします。もちろん、中身が一番重要ですが。

自分が目指すキャリア像を明確にして(キョマリン・神奈川・独身・33歳)

服装一つで、その日の気合が違ってくるから不思議です。たとえば、社内トップへのプレゼンにはマニッシュな印象のスーツ姿で臨むと、自然と気合も入ってきます。逆に、社内でのセミナー・説明会等、相手と目線を同じくする必要のある時には、服装に女性らしい色合い・素材を取り入れると周囲も親しみを持って話を聞いてくれるようです。ですから、キャリアアップを目指す人はまず服装から入る、というアプローチはあるような気がします。もっとも、自分が目指すキャリア像を明確にし、それに相応しい服装を選ぶ必要はあると思いますが。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

上司が注意してくれたこと

みなさんからいただいたご意見をまとめると、仕事の上での服装を選ぶポイントは、個性を出しながら、相手に合わせること。色、雰囲気など、職場で浮いてしまわないように、それでいて自分らしさを失わないスタイルを目指している方が多いようです。

また、ゆみぷんさんから、服装は、「『自分はこのような人間です』という社会共通のサインと表現」とご意見をいただきました。この考えは、仕事の上での服装を考える上で、非常に鋭いポイントをついていると思います。

3年ほど前の話になりますが、わたしはかなりかっちりしたダーク系のスーツとシャツを愛用していたので、自分の格好が浮いているとは全然思っていなく、その反対にとてもきちんとしていると思っていました。しかし、ある日、尊敬している上司に呼ばれて、服装の注意を受けました。何が悪かったかというと、「素材」が職場のほかの人と合っていなかったのです。

日本の夏は暑いので、ニューヨークで買ったシルクコットンのスーツを着ていたのですが、いいスーツは上質のウールと決まっているそうです。暑い夏でもサマーウールが常識なのに、シルクコットンというカジュアルな素材は、「安く」見えるのでよくないと指摘されました。日本のビジネス社会では、まだまだ女性を下に見る人がいる中で、そんな服装をしていたら、自分を軽く扱ってくださいと宣伝しまわっているようなものだ、もっと考えて行動しなさい、と諭されました。

洋服は、どうしても自分の好みが出やすいところです。自分で浮いているか浮いていないかの判断がしにくい場合も多いと思います。しかし、セクハラになるから注意はされにくかったり、人の服装に対していい悪いを言いにくかったりするので、なかなか率直な意見をもらいにくいものでもあります。

そんな中で、「君は服装をもうちょっと何とかした方がいいよ」と言ってくれる人は、サポーターになる人です。その人から、どんどん意見をもらうのがいいでしょう。また、「この人の格好変」と思う人がいれば、反面教師にするといいと思います。

秋山ゆかり

秋山ゆかり

コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english