自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/5/19(月) - 2003/5/23(金)
4日め

テーマ仕事に合わせて服選びをしていますか?

今日のポイント

服選びで失敗した経験を教えてください

投票結果 現在の投票結果 y90 n10 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり コンサルタント

今日はみなさんの投稿から学ぶことが多い日でした。中でもファッション・デザイン・建築関係の方からの投稿には、エッセンスがいっぱい詰まっていました。この業界の方に仕事でお会いすることがよくあるのですが、み……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

年齢に合ったグレードであることを重視(ゆうりぃ)

相手や場所、今日の相手にはどう見られたら自分にとってプラスかと考えて服を選びます。同じ内容のアポイントでも、下に見られたほうがよい場合は軽めのスーツで、デザイン系の仕事の場合はちょっと崩したスーツで、などです。服を買うときに気を付けているのは、やはり、質です。生地、仕立て、シルエットが年齢に合ったグレードであることを重視しています。といっても、すべて高いものは買えないので、安いシルクのブラウスを買うのなら、上質のコットンのを、コットンシャツにはフラノのパンツを、というように、組み合わせで工夫するようにしています。

カジュアルながらきちんと見えるものを選び抜く(mamick・関西・パートナー有・36歳)

IT系の仕事をしています。社内のユーザ部門は海外向けだからなのか、毎日がカジュアルデー。わたしたちシステム部門とパートナーである社外ITコンサルタントの方々はスーツが基本。といってもわたしは普段はラフなジャケットか、襟のある服装で、砕けすぎないよう、かつきちんとした格好になるよう気を配っています。

選ぶ基準として、普段はGAPなどで汗をかいても気にならないようなラフかつ安価できちっとみえるジャケットやパンツを選び抜きます。これが結構難しく、楽しい時間です(上下揃えてはきちんとしすぎるので普段は着ません)。スーツの出番は、やはり着た時にラインがきれいにみえるジョルジオ・アルマーニなど。会議や社外に出るときなど、ここ一番の時に着ます。アクセサリーも普段用はアクセントに大きいチャームのついたものをつけますが、きちんとしているときはシンプルなピアスだけなど、引き算のおしゃれができる大人の女性を目指しています。

あと、履き物ですが、サンダルなど足の指の出るものは極力控えて、かかとのある靴を履いて背筋を真っすぐ、キビキビと動くなどの振る舞いにも気を付けています。もちろんお化粧はナチュラルで、髪もシンプルなど、着ているものと全体のバランスをあれこれ考えるのに、スタイリスト的な友人がいることも心強く、助かっています。

パーティやオフ日にはライトカラー(サコチャンアイチャン・大阪・38歳)

やはり色が変わります。仕事ではどうしてもダーク色になり、デザインに工夫のあるものを選んでいます。パーティーやオフ日に仕事という場合はライトカラーにしてお化粧も変えます。

NO

得意先にどう受け止められているかは謎(ジョゼフィーヌ)

デザイン業界はアートディレクタークラスの人でも、ジーンズにジャケットなどラフな格好の人が多いため、得意先を訪問する時ですらスーツを着ることはあまりありません。女性の場合はなおさらちゃんとした格好をしたほうが信頼されるんだろうな、とはわかっているのですが、周囲が若いせいか、ついつい自分も若づくりした格好をしてしまいます。さすがに30を超えた今ではジーンズで出社することはなくなりましたが、得意先にどう受け止められているかは謎ですね。

仕事というより、第一印象(risen)

住宅設計という仕事柄、洋服はそんなに厳しい規制はありません。もともと、ベーシックな色が好きですし、たくさんの洋服を置くスペースもないので、仕事に合わせるというよりも、数はいいから自分に似合う服・スッキリと着やせして見える服を選びます。上記の点を重視すると、デザインや、素材感は大切なポイントです。洋服は大好きなので、自分の選んだ洋服を着ることによって、お客さまに「この人に家を任せても大丈夫そう」とか「なんとなくセンスがよさそうかな」と感じてもらえたら、とてもうれしく思います。

ファッション通でいることも仕事(matissee・兵庫・既婚・40歳)

SOHOで、ファッション関係の仕事なので、まったくと言っていいほど、TPOを意識していません。が、たしかに、仕事に合わせて服選び、は大事だなと思うことがたびたびあります。秋山さんも素材のことを書かれていましたが、どんなカジュアルな服装でも、素材でかなり印象は違います。Tシャツひとつでも、シルク混あり、ストレッチあり、麻混ありで、特にわたしの場合は、「今年のもの」を身につけるようにしています。ファッション通を名乗りたい人間が、高級なものでも流行遅れはいただけないので。そのあたりがわたしのTPOでしょうか。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

服も自分のセンスをプレゼンするツール

今日はみなさんの投稿から学ぶことが多い日でした。中でもファッション・デザイン・建築関係の方からの投稿には、エッセンスがいっぱい詰まっていました。この業界の方に仕事でお会いすることがよくあるのですが、みなさんとてもおしゃれなので、その秘訣をぜひ知りたいと思っていました。洋服も自分のセンスをプレゼンするツールととらえていらっしゃる点にプロ意識を感じます。

センスを表現するポイントとして、matisseさんが、流行のものを素材で取り入れるとおっしゃっていましたが、他の業界で働く人も取り入れやすい点だと思います。また、カジュアルなものでも麻やシルクなどの素材を選ぶことできちんと感を出すテクニックもONの服装のバラエティーを広げられそうなので、取り入れていきたいですね。

また、周りの人の服装に合わせる気の使い方も大事ですよね。ゆうりぃさんの「今日の相手に自分はどう見られたら自分にとってプラスか考えて服を選ぶ」というご意見、毎日なんとなく服を着ている人は、ちょっとでいいから意識してみて!

秋山ゆかり

秋山ゆかり

コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english