自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2026
「配偶者控除の撤廃」に賛成ですか?
投票結果
65  35  
495票 272票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2006年11月06日より
2006年11月10日まで
円卓会議とは

森信茂樹
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
森信茂樹 中央大学法科大学院教授、東京財団上席研究員
円卓会議議長一覧
女性と税制の関係について、特に考えたことがない方も多いかもしれません。しかし現行税制は、個人単位の税……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
女性と税制の関係について、特に考えたことがない方も多いかもしれません。しかし現行税制は、個人単位の税制であるにもかかわらず、配偶者控除という形で主婦(時には主夫)とつながっており、これが女性(時には男性)の労働に対する中立性を損なっているという問題があります。

また、個人単位の税制に対しては、フランスのように家族単位にして、家族の人数に応じて税負担を調整するような税制(これをN分N乗税制と呼びます)にすべきであるという主張が最近では大きくなってきています。家族単位と税制の問題は、実は結婚という問題に大きな影響を及ぼすもので、軽々には結論の出ない問題です。つまり、家族単位税制にすると、税負担が今より大幅に増えたり、逆に減ったりして、結婚を罰したり、促進したりする税制となるのです。

そこでこの1週間、「女性と税制」について、わが国の所得税制の問題点を皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。税制というと、とっつきにくい、専門的で難しい、というイメージがあるので、できる限りわかりやすく論点を指摘したいと思います。

まず、「配偶者控除」からはじめたいと思います。その後、課税単位の問題を議論し、最後に「少子化対策としての税制」を考えたいと思います。

森信茂樹
中央大学法科大学院教授、東京財団上席研究員
森信茂樹


関連参考情報
■ 「配偶者税制は女性の自立を妨げている?」
よりよい税制を作っていくために必要なこととは……
■ 「扶養の範囲内で働きたいですか?」
扶養を抜けたら「損をする」のではなく、実は……
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english