自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2000/11/13(月) - 2000/11/17(金)
2日め

テーマ夫/彼の起業に賛成?

今日のポイント

独立で二人の結びつきは深まるか、すれ違いになるか。

投票結果 現在の投票結果 y81 n19 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
川嵜昌子
川嵜昌子 オンラインマガジン編集長

「まかせなさい」「挑戦して欲しい」という頼もしい意見が多く、とても嬉しいです。何が嬉しいかというと、そういえる背景に、精神的・経済的に自立していることがあるからです。パートナーの稼ぎによって、自分の生……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

(きゃべつ・愛知県・未婚・26歳)

わたしは賛成です。まさに今、わたしの婚約者は起業しようとしています。起業と言っても、飲食店なんですけどね。この春からずっとお店の場所を探していますが、自分の希望の場所に空きがなく、彼は無職のまま過ごしています。たまにアルバイトみたいな事をしていますが…。来年春頃には籍を入れる予定ですが、ひょっとしたら彼は無職のまま入籍になるかもしれません。それでもわたしは彼を支えていこうと決めています。人生一度きりのことだし、何より自分の選んだ人だから。もし失敗したって一人より二人の方が負担は半分で済むしね。

(Kikumi・アメリカ・既婚・37歳)

配偶者とは日頃から「鶏口牛後」と唱えつつ、いつかはお互いがそれぞれ自分でビジネスをすることを話し合っています。彼がまだ会社勤めをしている理由は、億のお金を動かせるようになってからのノウハウをもう少し身につけて、海外で働いて視野を広げるため。わたしのほうはまだ学位が取れていないので、学校に通い続けているためです。そういった意味で、起業=勝負という感覚はなく、開いたときにはそこそこにうまく行く、というビジョンはあります。

(Carrie)

やりたいことをやらずにうだうだ言われるより、やりたいことを思いっきりやって、失敗したら失敗したで学ぶことはたくさんある悔いの無い人生にしてもらいたい。自分の家族の食べる分くらいはわたしが稼げるので、自分の彼にそんな心配はしてもらう必要が無いから、こういうこと言えるんでしょうけど。

(pepper)

もちろんわたしがフルタイムで仕事をしているから、可能なことだと思いますが。新しいことにはどんどん挑戦していってほしいです。守りに入るのって好きじゃないから。

(rossa)

情熱のすべてをかけてサポートします。冒険するなら。まかせなさいって感じ。

(パキラ・京都市・未婚・34歳)

実際にわたしの彼は起業しはじめました。6歳年下なので、最初、ビジネスモデル、センス等うるさく口出ししたら、何も言ってくれなくなりました。その後、ベンチャー系には起業する情熱が一番ポイントと友人に聞き、励まして、時折、「わたしならこうする」的に話題の中に盛り込んでいきました。そうすることによって、今は仕事の話も出来るし、精神的な支えとしての安堵感のみを求めるときも必要、と両方の面から付き合っています。

(MANAMI・渋谷区・既婚・36歳)

我が家の場合、住居費、光熱費、食費、子どもの関係の費用といった共有の出費以外は別会計なので、夫自身の資金と才覚で起業しようというのなら、自由にしてもらってかまわないと思っています。いざとなれば、養ってやろうじゃないの! ! 

NO

(PYO・香川・36歳)

夫は将来起業したいと思っていて、今少しずつ準備をしているようだが、わたしにはどうも現実感がない。夢のような話を聞かされるのははっきりいって苦痛なときもある。老後の趣味の範囲でとどめておいて欲しいと思う。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「まかせなさい」「挑戦して欲しい」という頼もしい意見が多く、とても嬉しいです。何が嬉しいかというと、そういえる背景に、精神的・経済的に自立していることがあるからです。パートナーの稼ぎによって、自分の生活が大きく左右されてしまう立場の女性なら、もっと慎重にならざるをえないでしょう。「もし、失敗したら、私や子どもの生活はどうなるの? 最悪、路頭に迷うより、いまのままのほうが安全……」と思う人も多いでしょう。もちろん、パートナーの性格を見極めての反対もあると思いますが。

わたしの夫は、いまから約4年前、子どもが生まれたことをきっかけに、勤めていたデザイン事務所を辞め、フリーのデザイナーになりました。起業とはニューアンスが違いますが、いずれは独立してやっていこうと考えていたようです。会社員よりフリーのほうが、自分の都合で時間管理ができ、夫は主体的に家事、育児に関わっているため、わたしは、出産後も出産前と同じように働いています。独立後の設備投資(PCまわりやソフトウェア)ほか、私も、かなり協力しています。起業すると、逆に、家のことにはまったく関われなくなる、プライベートの時間はまったくなくなるというケースも多いと思います。こういった状況に納得、協力できるか、また、ビジネスが軌道に乗るまで、精神的にサポートができるかでも、答は変わってくるでしょう。独立で、2人(家族)の結びつきが深まるか、逆に、すれ違い、別れることになるかは、信頼関係もありますが、コミュニケーションも大きいと思います。

川嵜昌子

川嵜昌子

オンラインマガジン編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english