自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/7/23(月) - 2001/7/27(金)
2日め

テーマ1日8時間以上は、働きたくない?

今日のポイント

働く時間とプライベートな生活、気持ちのいい時間配分を教えて!

投票結果 現在の投票結果 y70 n30 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
野村滋
野村滋 『アントレ』編集長

さて、今回このテーマについてみなさんの意見を聞いてみたいと思ったのは、最近忙しそうで疲れている人が多いように感じたからです(もしかしたら自分の身の回りだけかもしれませんが)。働く意味は人それぞれだと思……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

実際会社にいる時間は平均10時間(tuliey・兵庫・既婚・30代)

8時間以上働きたくなくとも、責任のある立場上、まとめている部下の仕事が終わってから出番がやってくるといった感じで、結局は毎日残業せざるを得ませんね。土日も出勤すれば休日出勤で手当ても出るけど、主婦業との両立のため、家で仕事をすることのほうが多いし、平日も持ち帰り仕事、取引先も遅くまでいることがわかると連絡される時間がどんどん遅くなってくるし、会社にはいても午後6時以降はいないことにしているくらい。

管理職なのに時間管理ができない(crazydog)

仕事にわたしの時間はとられたくはない、と考えているけど現実は全く無理。7時に家を出て帰りが8時以降はザラ。家族で食事もままならず、自宅でも仕事をしている。わたしはこんなに仕事が好きなわけではないのにとイヤになっている。管理職なので、時間管理はしっかりしたい。

8時間は絵に描いたモチかな(kurikuri・東京・未婚・41歳)

理想は、仕事、睡眠、それ以外の生活を楽しむ時間(食事や趣味、将来のための勉強等々)をそれぞれ8時間ずつ。でも現実には、仕事、そして他の2つの合計が12時間ずつ。自由業(ライター)なので、やはり仕事はもらえるうちにもらって、なるべく蓄えを残したいという考えが強迫観念になっていて、仕事を減らすのはほとんど不可能。毎年毎年、ああ、来年こそは夏の1か月を休みにできる身分になりたいと思いながら、じっと手を見るのでした

日本人は会議のし過ぎ(Maja)

先日イタリア語の先生に「日本人はグダグダと会議ばかりに時間をかけているから、残業になってしまう。」と言われました。最初から残業をしないことが原則の社会では、企業の意思決定もスピーディーです。たしかに日本の企業の担当者は細かいところまで上司や社内的合意をえるまで時間がかかり、待機時間が長くなりがちです。大企業ほど動きが悪い。担当者に責任委譲をし、成果主義になれば1日7時間でもやっていけるのではないでしょうか。ゆとりがあればユニークな発想や創造性が生まれるでしょう。仕事の割り振りを効率化して雇用対策を考えていかないと、がんばり過ぎでは続かないと思います。

OTHERS

数字では答えられないですね(和歌乃・未婚・30代)

存分に働きたい気持ちと、そうでない気持ちとが同居していますが、基本的にわたしの職場では仕事は家に持ち帰らないと終らない。時間外手当は皆無に等しいです。でも、お金に振り回されて仕事をするのも嫌だし、かと言ってベストな環境だとは思わない。微妙な思いです……。

納得するためには(サト・未婚)

理想は、8時間ぐらいで終わりにしたいと思いますが、実際には雑務が入ってくるので現状では8時間労働は難しいです。納得できる状態にするためには仕方が無いかなと思っています。

メリハリの効いた働き方(とみりん・東京・既婚)

現在は平均して一日12時間。休みもあまり無く働いています。それが良いとは思いませんが、職場の実態を考えると今はただ邁進するしかないと思っています。管理職なので、できるだけ彼らの時間を守りたいと考える分、自分の負担が大きく……。将来的には仕事のシステムを改革することで、生活スタイルに合わせてさまざまな勤務時間を選択できるような職場を作りたいと考えています。ただ、個人的には本当の実力や自信をつける為にはどこかで人の2倍3倍働いて大きなプロジェクトを着地させるなど、物凄いハードワークを乗り切る経験がとても有効であると実感します。やるときはやる。休むときは休む。そういうメリハリの効いた働き方が大切であると思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

さて、今回このテーマについてみなさんの意見を聞いてみたいと思ったのは、最近忙しそうで疲れている人が多いように感じたからです(もしかしたら自分の身の回りだけかもしれませんが)。働く意味は人それぞれだと思いますが、大きく3つのタイプに分けて考えてみましょう。タイプ1は「働くこと=自己実現」という方。タイプ2は「多少の違和感・不満は感じつつも、現在の仕事を自分なりに合理化して納得して働いている」という方。タイプ3は「仕事内容に対するこだわりは少なく、生活のための金銭を得るために働いている」という方。

以前、このコーナーでも書きましたが、「自分が好きな分野で、かつ経済社会の中で他人よりも優れている能力を発揮できる仕事ができたら理想的」ですよね。しかし、現実的には、タイプ1はやはり少数派であり、タイプ3が圧倒的な比率を占め、それにタイプ2が続くというのが現実ではないでしょうか。

本日コメントをいただいたみなさんをはじめ、みなさんは自分がどのタイプだと思われますか? 労働時間を「自分がハッピーに生きるための時間管理」という観点でとらえた場合、どのくらいが自分にとって気持ちいい時間配分なのか? もっとみなさんのご意見を聞かせてください。

野村滋

野村滋

『アントレ』編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english