自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/7/23(月) - 2001/7/27(金)
3日め

テーマ1日8時間以上は、働きたくない?

今日のポイント

理想の労働時間は6時間?

投票結果 現在の投票結果 y71 n29 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
野村滋
野村滋 『アントレ』編集長

本日もたくさんの投稿、ありがとうございました。非常に興味深いご意見が多く、いろいろと考えるきっかけをいただけて、出題サイドとしてもうれしい限りです。

さて、まず一つ目は「6時間理想説」。このご意見は……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

子どもがいる場合、6時間が理想(ojarumaru・既婚・35歳)

独身の時や結婚しても子どもがいない時は仕事にやりがいを求め、残業も抵抗がありませんでした。しかし、小さい子どもがいる現在は子どもと一緒にいる時間も大切だし雑用もかなり増えたため定時退社を目標にしてます。それに8時間以上の勤務になると20代の時に比べてかなり能率が落ちてきました。

理想は6時間(ゆぅ)

わたしも多分、圧倒的多数の「生活のために働く派」でした。(今はそのことに疲れてしまって失業中です。)自分に合った、やりたいことを職業にするというのは、本当に難しいことです。この先も恐らく、生活のために働くことになると思います。ただ、パラサイトシングルで少し余裕もあるので、これからはもう少し仕事偏重から脱却したいと思っています。1日の中で実労働時間がたとえ8時間としても、通勤や支度にかかる時間を含めると、「働くこと」に費やしている時間は1日の大半を占めてしまいます。だから実労働時間の理想は6時間、ですね。

NO

12時間くらいなら戦えるかな?(食事付きで!(saya0511・千葉・26歳)

勤務時間の長短よりも、出勤時間、仕事内容、環境、の方が気になります。通勤が1時間半かかるので、遅い出勤で電車で座れるとか、仕事内容を自分で組立てて行動できる、とか。イヤなやつがいないとか(笑)、ストレスフリーなら長時間も気にならないかな……。でも将来子どもを持ったら変わるだろうと思います。

だって楽しいもん(plastic)

特に何か秀でているわけでも、ものすごく仕事ができるわけでもない派遣社員ですが、毎日が楽しいです。人から頼りにされるのがうれしいし、自分なりに片付けていく過程が楽しいです。だから朝も人より早く行くし、残業も全く苦じゃありません。プライベートがゼロになってしまうのはイヤだけど、ある程度の残業、休日出勤は何とも思わないどころか、楽しんで働いちゃいます! 

何時間でも働きたい(tam・神奈川・既婚・40代)

わたしは自営で建築設計事務所をしています。今は仕事の量がかなり減ってきているので、1つのことにじっくり取り組めるので、仕事としては楽しくできるのですが、事務所の業績を考えると、困った状態です。基本的に設計していると、時間など忘れて仕事をしたいので、1日何時間でも働きたいということになります。でも夫もいるし、なかなか難しいです。

OTHERS

仕事内容による(shunetsu)

異動するまでは、仕事に充実感を感じていたので時間なんて気にしていなかったし、休みがつぶれてもストレスにならなかった。異動したら、朝起きるのも嫌になり、残業なんて全然する気になれない。基本的なことですが、仕事内容によります! 

常に自分の優先順位を意識して(mamisan)

これはその時々のライフスタイルやプライオリティによって意見が変わるのではないでしょうか?仕事とプライベートを100%切り替えたい時もあれば、仕事=自己実現の場になる時もある。何をもって仕事と呼び、何をもって遊びと呼ぶかは各々違うものだし、大切なのは「今」の自分の優先順位を常に意識することであり、はっきりしない時は気のむくままに、なかなか見つからない時は、タイトルのように仕事は1日8時間と意識的に決めるのも良いと思います。

理想の労働時間なんてない(gachiko・神奈川・既婚・59歳)

理想の労働時間はその人の年齢、環境によると思います。わたしはかつて1年以上ほとんど無休で、朝から夜中まで働いていたことがあります。その時は仕事が面白かったからでしょう。その間家族には辛い思いをさせたかもしれない(誰も言わないのが怖いとこですが)。女性の方たちからは総スカンを食いそうですが……。でも、苦しいときが続いて逃げ場が無くなり、終電の駅のプラットホームで「ここで飛び込んでしまえば楽になるなー」と思ったことも何度か。その時家内や子どもたちのことをふと思い、踏みとどまりました。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

本日もたくさんの投稿、ありがとうございました。非常に興味深いご意見が多く、いろいろと考えるきっかけをいただけて、出題サイドとしてもうれしい限りです。

さて、まず一つ目は「6時間理想説」。このご意見は、サイトに紹介できない投稿も含めて、お子様がいらっしゃるか、将来お持ちになりたいという方から多く寄せられました。従来は1日を3等分し、「睡眠」「仕事」「生活・趣味の時間」に8時間ずつ配分するという考えの人が多かったのではないでしょうか。そこに「子どもとの時間」というカテゴリーを加え、1日を4等分で考える人が増えてきたということかもしれませんね。

二つ目は「時間よりやりがい。やりがいがあれば時間は関係ない」というご意見。以前、取材でおもしろい話を聞いたことがあります。「時間は時計が勝手に刻むもの」。要するに、自分のやりたいことさえハッキリしていれば、時間に関係なく、自分のペースでやりたいように目標に向かって頑張ればいいじゃないか、ということです。時間軸に追われ過ぎないで行動を起こす重要性は、過去の歴史も教えてくれています。しかし、1日という自然のサイクルの中で生きている以上、豊かに生きるための知恵として「時間管理」は大切だと個人的には思っています。もう少し「仕事」と「時間」の関係に関するご意見、聞かせてください。

野村滋

野村滋

『アントレ』編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english