自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/7/23(月) - 2001/7/27(金)
4日め

テーマ1日8時間以上は、働きたくない?

今日のポイント

長時間労働は効率の悪化を招くだけ?

投票結果 現在の投票結果 y71 n29 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
野村滋
野村滋 『アントレ』編集長

本日もたくさんのコメント、ありがとうございました。今日はyoko007007さんの「長時間労働は効率の悪化を招く」という視点からこの問題を考えてみましょう。

これも取材で伺った話ですが、某上場企業の……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

8時間以上働くと割に合わない(JNaka)

3歳の息子を幼稚園+延長保育+預かり保育のリレーで預けて仕事をしています。保育料は高いです。仕事と時給と保育費用とのバランスから言うと一日8時間が限界です。理想は6時間かな。残業が続くとどうしても子どもも「母恋し」モードになって扱いづらくなり、こちらの体力も精神力も限界に……あとのリカバリがたいへんです。思う存分残業できた頃がちょっぴり懐かしいです

長時間労働=効率の悪化(yoko007007)

1年半前に会社から独立したけど、同じ仕事で同じような分量をこなしているのに、今の方がはるかに時間の余裕がある。結局、無駄な会議や部下の管理などに思わぬ時間をとられて非生産的な日々を過ごしていました。今のように効率化が進んだ世の中で1日8時間以上働くことは疲労を蓄積させるだけで、かえって効率が悪い。今の日本に元気がないのはリストラが進んで超過労働が増えたことも原因の一つと考えています。

時間帯も重要(e子・東京・未婚・26歳)

今、会社の就業時間が約8時間です。わたしの業務はだいたいこの時間内に収まるのでちょうど良い位ですが、勤務時間を選べる制度があるとさらに嬉しいです。一緒に仕事をする人達の都合を考えるとそんなに好き勝手にはできませんけど、朝夕のほんの30分、1時間がとても貴重な場合がありますので。将来子どもを持ったら勤務時間と時間帯とが特に重要になってくると思います。

「仕事」以外の労働だってあるし(reikot・大阪・既婚・30歳)

既婚で、仕事ももってます。8時間働いて、家でまた家事。というのはやはりしんどい。もちろん、それをしっかりこなしてきた人たちもいてますが。休みの取り方とかも考えつつ、出来る限り短ければ良いと思います。

勤務時間は明確にするべきでは(ぴぷ・大阪・30歳)

この春、転勤をして仕事の経験年数の短い人が大半を占める職場になりました。時間の使い方がルーズで長い時間働けばいいと考えているところがあり、会議の時間はなんと6時に開始。しかもその時間にやっと「会議をします」の連絡。時間の使い方を考えて仕事ができないのでストレスがたまります。勤務時間を明確にしてその中で能率よく仕事がすることは必要ではないかと思います。

自分の時間とのせめぎあい(めぐ・東京・未婚・38歳)

働くことと、自分の時間とのバランスを考えると8時間がいいところではないでしょうか。本音を言えば、もう少し自分の時間を持てたらうれしいけれど。朝起きて、新聞を読む時間もなく仕事に行き、帰ってくればお風呂に入ってテレビを見て寝るだけの生活は、やはり豊かではないと思うから。

NO

仕事も趣味だから(Yasumin)

わたしの場合、好きなことを仕事にしているので、あんまりストレスを感じた事がありません。仕事が生活のなかに入り込んでいるので、8時間じゃとても足らない(笑)OL時代には8時間以上働くなんて、全然考えなかったですけどね

OTHERS

残業も時には必要悪(renka)

一日8時間労働は、理想的な数字ですよね。仕事もプライベートも充実できそう。でも、実際はなかなかそうもいっていられない。わたしは、納期のある仕事をしているので、納期が短いと自然、残業が発生する。それでも、仕事に対する責任がある訳なので、必要であれば、8時間を超えるのも仕方がないかなと思っています

昨日までのみなさんの投稿を読んで

本日もたくさんのコメント、ありがとうございました。今日はyoko007007さんの「長時間労働は効率の悪化を招く」という視点からこの問題を考えてみましょう。

これも取材で伺った話ですが、某上場企業の経営者の方が「サラリーマンの給料には我慢料が含まれている」というお話をされていました。つまり、「時間で拘束され、やりたくない仕事をやるのも給料のうち」という考え方です。これは確かに一理あると思います。しかし、やりたくない仕事の比率や残業が増え、それに人間関係の面倒さが加わったりすると、その会社がイヤになり、多くの方は転職を検討することになります。これを従来は「個人」と「会社」のミスマッチと捕らえてきました。

しかし、現在考えなくてはならないのは「個人」と「仕事」のミスマッチの問題でだと思います。ある人にとっては苦痛である仕事も、ある人には楽しい仕事かもしれません。こうした「個人」と「仕事」のベストマッチングの推進が、労働生産性を向上させ、社会の元気を取り戻すためのキーポイントになるのではないかと思います。社会全体として、個人の労働時間をもっと減らしても同じ成果をあげることができるのではないか。個人的にはそう思いますが、みなさんはどう思われますか?

野村滋

野村滋

『アントレ』編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english