自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/6/10(月) - 2002/6/14(金)
3日め

テーマ「キャリアプラン」を持っていますか?

今日のポイント

キャリアプランとライフプラン、どうやって調整している?

投票結果 現在の投票結果 y45 n55 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
田村真理子
田村真理子 日本ベンチャー学会

「人生は常に切磋琢磨」と理想と現実の狭間を行き来しているmatiseeさんの言葉に、思わず「ハイ」と頭を縦にふりたくなります。「世の中、計画通りにはいかない」というUnchanさんのご意見、これまた然……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

独立、SOHOで食ってはいるが……(matissee・兵庫・既婚・39歳)

サラリーマンでいることより、やりたいことのあるわたしは幸せ! とばかりに2年前退職。なんとか前職の流れで収入は維持しているが、キャリアプランとはほど遠く、理想と現実のギャップにまさに翻弄中。見込み違いは自分自身。と、おおいに下降修正し直し、それでもやりたいことは何? を問いかけつつ切磋琢磨中。教訓、人生は常に切磋琢磨。達成感とは、何に対して得られるのかしら。少なくとも、収入だけではけっしてない。しかし、がんばった対価であることにはかわりない。

タイムリミット(サニーゴ・既婚・33歳)

厚生年金の受給資格は25年以上掛けた者。それに求人広告を見れば30歳で一区切り、さらに35歳でもうひと区切り、とランクダウンされていきます。そうなるとやはり「35歳で再就職! 」と子どもを出産したばかりの頃(24歳)は決意していました。でも、自分の設けたタイムリミットが近づくにつれ、本当に再就職できるのか、こんな自分を雇ってくれるところがあるのか、子どもはちゃんと留守を守ってくれるのか、不安でいっぱいです。

妊娠して改めて考え直した(まやれい)

どうしてもやりたかった仕事を、妊娠(というか出産計画)のために手放してしまいましたが、あきらめたつもりはありません。子育てを「ブランク」だと思っていましたが、社会勉強だと思って、いつか市民活動にまた参画できればいいと思っています。人生その都度、できることを必ず夢につなげていけるようになりたいです。

めざせ在宅勤務(チョコレートケーキ)

8月に育児休業を終えて復職予定。長男は再来年の4月から小学校です。悩みはそのタイミングで、退職するかどうかということ。夫の仕事が安定(クビがない)なら、専業主婦になって、消費生活アドバイザーの資格をとり、その関連で、一生できるような事業をやりたいです。わたしは環境保護、ゴミ問題に興味があり、消費の部分から切り込んでいきたいと思っています。今の職場は量販店なので、その経験も活かせれば……。でも、いつも出歩くのはいやなので、在宅でできればなおオッケーと思っています。

どんな自分でありたいか(crazydog・北海道・既婚・46歳)

目先のことよりも、「どんな自分でありたいか」のために仕事や家族や環境を考えてきた。その結果、夫に仕事を辞めさせ、東京から札幌へ家を売って転居し、しばらくは自分が世帯主で家庭を支えた。これは息子の子育ての環境の問題と、自分の仕事「看護師」としての自己開発だった。結果、十分に満足できる仕事についた。この先の生き方、医療の方向性や保険が破綻するであろう現実、これらを鑑み、今、新たに予防医学に取り組んでいる。これが自分のキャリアアップ。

NO

こんなに呑気なわたしで大丈夫?(petite)

学生時代は偉そうなことを言ったけど、実際に今の職場に落ち着いてしまうと、現状のまま日々が過ぎていく……。のんびりとした職場で、仕事をがんばるというよりも、パンを焼いたり、ぬか漬けを始めたり、本を読んだり、とプライベートライフを楽しむようになってしまいました。外資とかでバリバリ働いていたり、独立を目指して勉強してる友だちを見ると、こんなんでいいのかなあと不安になってきます。

OTHERS

収入よりやりがい(いかいか)

わたしの友だちは安定した収入を求めて、高校を卒業してすぐに公務員に就職。収入はまあまあで安定はしているものの、ここは昔からいるおじさんたちの権力の強いところ。バリバリのキャリアウーマンを目指していた彼女ですが、いつしかそれは順番的なものだ、というようになり、今ではアフターファイブを飲み明かす日々。先に収入や安定を求めるのではなく、本当に自分がやりたい仕事を選択しなければ、忍耐も生まれない。

計画通りにはいかないからな(Junchan)

ダンナの都合に合わせ渡米(泣く泣く仕事を辞め)、帰国後、やっとお仕事プランを再構築して就職したところで、多忙を極めたため体調を壊し、1ヶ月入院、その後自宅療養。結局、2ヶ月半休職。自分の努力だけでは、どうにもならない現実の理不尽さに落ち込んでいます。ここ数年、常に計画の変更を余儀なくされているので、どうしたものか……、と若干途方に暮れ気味です。体が元気になれば、自然と再びやる気にもなるのかもしれませんが、世の中、計画通りにはいかないものです。はい。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「キャリアプラン」は変更を余儀なくされる

「人生は常に切磋琢磨」と理想と現実の狭間を行き来しているmatiseeさんの言葉に、思わず「ハイ」と頭を縦にふりたくなります。「世の中、計画通りにはいかない」というUnchanさんのご意見、これまた然りです。

「こんなはずではなかったのに……」と「キャリアプラン」を書き直してはこれまでの「キャリア」はなんだったんだろうと思い悩むことは多々あると思います。とくに女性は結婚、出産、子育て、介護などで「キャリアプラン」の変更を余儀なくされる場合が頻繁に訪れるわけですから。となると「キャリアプラン」を考える上で、まやれいさんのように「ブランク」だったはずの子育てが次のキャリア形成の基礎作りに役立つだろうという考え方を前向きに変える柔軟性が重要なのではないでしょうか。予期しないできごとを、いかに経験として活かしていけるかが「キャリア」を形成する時のキーポイントだとは思いませんか。

みなさんは「キャリアプラン」を計画して、それが達成できずにかえってストレスを感じてしまった経験はありませんか。もし、あるとしたら、どのようにそのストレスを解決しましたか。

田村真理子

田村真理子

日本ベンチャー学会

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english