自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/16(月) - 2003/6/20(金)
5日め

テーマキャリアのため、月3万円は投資してる

今日のポイント

キラキラした自分でいるために、自分磨きを続けていこう

投票結果 現在の投票結果 y40 n60 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
和泉昭子
和泉昭子 生活経済ジャーナリスト

今日もたくさんのご意見ありがとうございます。サーベイを担当する度に思うのですが、イー・ウーマンに集うみなさんは、経済面だけでなく精神面でも本当の意味で自立していらっしゃいますよね。今回もそれぞれ自分に……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

2足のわらじでコツコツ貯蓄(夢追人・既婚・40歳)

昨年秋に、契約社員として常勤で働いていた勤務先を辞め、現在はフリーランスのライターをしています。というのも、この春から通信制大学で主に心理学を中心に学び始めたからなのですが、スクーリングは週末の金・土・日の3日間を確保しなければならず、常勤の形のまま大学の勉強をするのは難しいと判断したからです。大学の費用については、これまでも副業の形でライターをしていたため、そちらでの収入を将来の勉強のためにとコツコツ貯蓄していました。2足のわらじは、体力的につらかったのですが、この蓄えが今となってはとても役に立っています。

心身ともに健康であることも必要(celtic・東京・既婚・37歳)

短期的・長期的の2つの目的のための自己投資をしています。短期的にはメディカル翻訳の分野で仕事がしたいため、翻訳学校での授業料や関連書籍代などに月3万円ほど使っています。長期的には心身ともに健康になるために整体治療代、カウンセリング代として月12万円ほど使っています。

健康にこれだけの費用をかけているのは、わたしが以前2つの病気で手術・入院を経験しており、今後子どもを生み育て、長期的に仕事を継続していくためのカラダづくり、という目的からです。健康でないと経済的にも精神的にも苦しくなってしまいます。キャリア(=よりよい人生)を手に入れるためには、幅広い知識や考え方を取り入れるだけではなく、心身ともに健康であることが必要だと思います。今はお金の貯金はできませんが、健康の貯金をしていると言えるのかもしれません。

500円玉貯金を活用(mmariko)

わたし自身の人生のキャリアを磨くために、毎月投資しています。費用の捻出法は毎月の収支の中で完全に予算化してしまって、絶対に手を付けないことです。あと、毎月の予算に入れるほどでもないが、まとまって費用が必要なときのために500円貯金をしています。自分でも知らない間にお金が貯まっているので、すごく得した気分になります。500円玉で貯めたお金は自分へのご褒美としてパッと使ってしまいます。

国家資格が取りたい(里穂・中部・38歳)

平均するとそれくらいはしていると思います。国家資格が取りたくて通信の大学に入学しました。参考図書を買ったり、図書館行ったり、学費貯金したり、スクーリング費用など、いろいろかかります。スクーリングのため飛行機代が往復5万2000円かかりますから……。でも、将来のために頑張ります。

大学院に進学してMBAを取得したい(xyz)

まず、自分のキャリアアップとして進学を考えています。アメリカに行けばほぼ間違いなく2年間現地で過ごすことになり、そうなると授業料+生活費その他で軽く1,000万円以上は掛かるため、その分の貯金をしています。ただし、貯金が投資という意味ではなく、MBAの最初の関門であるGMATやTOEFLのスコアアップのためにスクールに通い、自分の弱点補強を目的として投資しています。現在、コンサルティングファームにいますが、自分のキャリアパスをさらに伸ばし、給料も純増ではなくクオンタムリープ(跳ね上げ)させるためにもMBAのためにはぜひ行かねばならないと思ってます。

化粧品のランクが落ちた(まりい)

本業が非常勤なので、休みの日は講師をしたりして単発で2時間ン万円の仕事をしています。これが増えればもう少し自己投資に回せるかなと思ってます。大学院に進学して、今やってる仕事をもっと深めたいと思っているので、なるべくお金のかからない図書館を利用したり、時間はあるので立ち読みできる本屋で速読するなど工夫して勉強してます。大学院を目標にし始めてから化粧品のランクが落ち、服や靴を買わなくなりましたね……。

いい上司に恵まれるとモチベーションが上がる(miechan)

やはり、ちょっと先の自分のためにと思えば、自己投資には惜しみなく出したいと思います。なお、投資を続けるためにも、得た知識を活用し、自分のものにしていくサイクルを保つことも必要ですね。また、職場でそういった陰の努力を相談できる上司がいるのといないのとでは、モチベーションが違う様な気がします。現在の上司は、自己投資への時間とお金を確保することに肯定的な方なので、やる気が出ます。

NO

投資に見合った学習効果があるかチェックが必要(Kylin・大阪・既婚・44歳)

正直言って、「月3万円」を自己投資に充てるというのは難しい。「投資に見合った学習効果が上がっているのか?」という観点からのチェックが必要だと思います。いろいろなサイトに首を突っ込んでいるうちに、「こぼれ話セミナー」というのに参加したことがあります。異業種のメンバーが自分の業界の動向を講師になってしゃべるというもので、わたしも建築業界の話をしました。メンバーと懇談しているうちに、業界同士の意外なつながりが発覚しておもしろかったので印象に残っています。このセミナーの費用は実費。コスト・パフォーマンスの高い自己啓発でした。

自分の小遣いを費用に充てている(tomiko10)

基本的には、お金を使わず勉強する方法を取っています。学生のころから、塾には頼りたくなかったので、大人になった今でもその姿勢を変えていません。ただ、参考書などには費用を惜しんでいませんので、結果としてはお金がかかっているかもしれません。そういう費用は、すべて自分の小遣いから賄っています。

スポーツジムで筋トレとエアロ(サコチャンアイチャン・大阪・38歳)

今の仕事は家族で経営しているので収入面も立場面もキャリアアップはあり得ません、が、自分自身が生き生きとしていたいので、スポーツジムで筋トレとエアロで汗を流してストレスを溜めないように心掛けています。読書が好きなので本は惜しみなく購入します。しかし月に3万円はきっと超えていないと思います。

自腹を切るとさらに情熱を持てる(jinglejungle)

大学院進学希望の大学4年生です。今まで教育費は何から何まで親に払ってもらっていました。最近、数万円程度ですが、初めて自腹を切って他大学の講義を受けたり、洋書を買ったりしました。今までにないほど、休まず真剣に講義に取り組んだり、本を熟読しました。ホントに学びたいという気持ちが自腹を切るという行為につながり、自費だということでさらに情熱を持って取り組めることがわかりました。

教えてもらうのではなく自分で覚える(sohomama)

とんでもないです。キャリアのための投資はできるだけ低く抑えています。教えてもらうのではなく自分で覚えるという精神です。そもそも在宅仕事を始めて1年なので、収入の1割といったら2,000円から多くても1万円です。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

役立つ費用の調達手段を紹介します

今日もたくさんのご意見ありがとうございます。サーベイを担当する度に思うのですが、イー・ウーマンに集うみなさんは、経済面だけでなく精神面でも本当の意味で自立していらっしゃいますよね。今回もそれぞれ自分に合ったスタイルとペースで、確実に自分を育てているのがよくわかり、大きな刺激になっています。

ところで、先日、「産経マネーフェスタ」のパネルディスカッション「20年後の自分のために、今できること」で、涼風真世さんとラサール石井さんとご一緒しました。涼風さんは、「ずっと働き続けるつもりなので、女優という仕事柄、体や顔のゆがみを矯正するなど健康や美容の維持管理を怠れない。また9月11日生まれなので、米国の多発テロ以来、チャリティーに関心を持って活動している」とのこと。またラサール石井さんは「さまざまなネタを仕入れたり、演出で使う曲を考えるために、書籍やCDにかける費用は惜しまない。将来は、大学院に行って勉強したい」とおっしゃっていました。華やかな世界に生きる方たちも、プロ意識のもと、常に自分磨きをしているんですね。

今回の投稿では、自己投資費用の捻出法をご紹介下さった方がいましたが、FPのわたしからも、ある程度まとまった費用の調達手段をご紹介したいと思います。

まず、会社に財形制度があるなら、「一般財形貯蓄」がおすすめ。財形住宅や財形年金のように税制優遇はないのですが、自己再開発や介護・教育など特定の理由のためにお金を50万円以上引き出すと、給付金が支給される「財形活用給付金制度」があります。ただし、勤務先がこの制度を利用していないと使えないので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。また財形貯蓄をしていれば、1.78%の固定金利で最長10年間お金が借りられる「財形教育融資」も利用できます。
>厚生労働省のサイト

留学するなら「外貨預金」。円預金より金利が高いですし、外貨のまま引き出して使うなら、為替差損を回避できます。金利だけでなく、外貨決済などの利便性や手数料をチェックして金融機関を選ぶといいでしょう。

教育ローンも選択肢の一つ。子どもだけでなく、社会人が働きながら勉強する場合にも利用できます。たとえば国民生活金融公庫の「国の教育ローン」は、1.5%という低金利(2003年6月現在)。返済期間は10年以内で、一定期間元金据置で利息だけを返済するという方法もあります(6カ月以上、対象の学校へ通う場合。継続して一定の収入があることが前提なので、会社を辞めて留学する場合などは不可)。
>国民生活金融公庫のサイト

また、大学が民間金融機関と提携し「奨学融資制度」を導入しているところもあり、一般の教育ローンより有利なケースがあるので、チェックしてみるといいでしょう。

自己開発をがんばる人に国が費用の一部を負担してくれる雇用保険の「教育訓練給付制度」もうれしい制度。この5月から、5年以上の加入者で支払った費用の4割支給(上限20万円)と、枠が縮小されましたが、3年以上の加入者も利用できるようになりました(上限10万円で2割支給)。まだ利用していない人は、興味のある講座が対象になっているかチェックしてみては? 
>厚生労働省のサイト

少しずつではありますが、日本も「がんばる人が報われる社会」に変わりつつあります。キラキラした自分でいるために、自分磨きを続けていきたいものですね。

和泉昭子

和泉昭子

生活経済ジャーナリスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english