自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/10/15(月) - 2001/10/19(金)
3日め

テーマ愛する人が戦場に行くこと考えられる?

今日のポイント

愛する人、特にわが子が戦場に行くことは考えたくないという事

投票結果 現在の投票結果 y13 n87 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
前田恵子
前田恵子 お見合い紹介歴50年

今日のみなさんの書き込みを読んで、「やっぱり日本人ですね」と思いました。「戦後生まれは甘ったるい」と、年寄りはいいますが、いざという時は家族のため、国のためなら立ち上がる、それがヒシヒシと感じられ、頼……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

男性だけが徴兵されるのは不公平(あせおは)

男女平等を主張するなら、男性だけが徴兵されるのは不公平でしょう。「仕事は同じようにさせろ」、「でも戦争には男が行ってくれ」・・・なんていうのはね。愛する人だけでなく、自分が行くことも考えないと。

NO

結婚して夫がいる今(なごみ・兵庫・既婚・30歳)

旅客機がビルに突っ込んだあの映像を見ながら、これは戦争になるかもしれない、核を使われたら日本も安全じゃないと思い、初めて「戦争」を身近なものに感じてぞっとしました。湾岸戦争の時と違って、結婚して夫がいるからだと思います。主人が戦争に行くなんて、絶対に絶対にイヤ。考えられません。でも、アフガンで地上戦に入るかもしれない今、戦禍が拡大して「絶対にイヤ」では済まなくなるとしたら?対岸の火事ではなく、自分の身に降りかかることとして、捉えなくてはいけないと思うようになりました。 

子どもが戦場に行くことは……(いつこ)

子どもが戦場に行くことは考えたくないですね。自衛隊だけはなく。今、アフガンやパキスタンで取材されている記者や、ご家族のことを考えると、仕事とはいえツライですね。

人一倍正義感が強い彼(みいむ)

彼が戦争に行くことは、とても考えられません。でも、職業が医者で、人一倍正義感が強い彼だけに、行ってしまう可能性は十分に考えられる。アフガン戦争が始まり、本当にそうなる日が来るんじゃないかと、怖いから、できるだけ彼のそばにいたいと思ってます。

出張でさえ不安なのに(Yasumin・既婚・35歳)

夫はプログラマとして働いていますが、例えば何かのプログラムを作るということで、現地に送り込まれることは想像できても、第一戦で、弾丸が飛び交う渦中に行ってしまうことは、全く考えられないです。実際そういう立場になったらどうだろう・・・一週間くらいの平和な出張だって、いないと不安なのに、「亭主元気で留守が良い」なんて言ってられないですよね。

OTHERS

戦地に赴く可能性(edah・未婚・28歳)

自衛隊派遣が浮上した時、好きな人、兄弟、そして子どもが戦地に赴く可能性が出てきたことに、怖くなりました。さまざまな思惑の入り混じった報道に翻弄されるのではなく、しっかり自分で勉強し理解し、自分の意見を確立しないといけないと思いました。

何かの形で支援(taratta)

私は家族が戦争に行くことには反対ですが、祖父は軍人だったので戦場に行きました。親しい男の友人は、「もしもの時は、国と家族を守るために戦争に行くことになるかもしれない」と言いました。もし、私の大切な人たちが戦場に行くならば、私も何かの形で支援していくと思います。

全体主義には断固反対(フレーバーママ)

嫌に決まっていますが、義務ということもあるのかもしれません。しかし、今のアメリカのように、どこか全体主義の雰囲気の中で行くことは、断固反対です。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

人生は”七転び八起き”

今日のみなさんの書き込みを読んで、「やっぱり日本人ですね」と思いました。「戦後生まれは甘ったるい」と、年寄りはいいますが、いざという時は家族のため、国のためなら立ち上がる、それがヒシヒシと感じられ、頼もしく思ったのです。今はまだ対岸の火事かもしれませんが、人間が生きていく以上”七転び八起き”がかならずあります。七転び、八転びにならないように、しっかり生きていこうではありませんか。戦争体験者の私も、本当の苦労は、わたしたちの両親たち(今、御存命なら80〜100歳位の方)だったと思います。何しろ、もうすぐ70歳になるわたしは、小4〜女学校2年に体験したので、本当の苦労というより、楽しさ一杯の青春でした。箸が転がっても笑う、それが青春ですよね。今振り返っても、どうやって生きてきたのか忘れる程、あまり悲しいことはありません。

「焼夷弾が落ちると類焼する」と言うので、どんどん下町の家が壊され、縄をかけてみんなで家を倒すのを手伝ったり、「お国のために役立てば」と言って、火鉢や火箸にいたるまで提出したり、わずかな配給の麦御飯をサツマイモや豆などでふくらませて食べたり、お粥や雑炊はあたりまえ。栄養不足で、脚気やしもやけ、吹き出物に悩まされました。衣類も不足してきて、おむつやメンスの手当ても、古い浴衣を割いて使ったり、やっと県立女学校へ受かったのに、セーラー服も自分で手作り、もちろん革靴は御法度ですから、ぺったんこの運動靴をさがしたり、おさがりを、もらいに行ったり。そのうち、着物をつぶして、もんぺにショルダーバック(布製のズタ袋)を作りました。全部、今でいう中学1年生のころに自分で工夫して作ったものばかり。

こういう状況は、程度こそ違っても、今の難民の人々と同じだなとおもうことがあります。でもちっともそれが苦でなく、生きていくすべてだったのです。小.中みんながそれに近い状態だったから、自分だけみじめだとおもわなかったのでしょう。疎開先では、イナゴやバッタを捕って、ビタミンを補給し、赤蛙のおいしかったこと、野イチゴのおいしかったことなど、思い出すと楽しくて笑っちゃいます。たんぼに足を入れた時、痛いなと思って這い出してみたら、足中、蛙で真っ黒。蛙だって、必死に生きるために血を吸いに喰いついているんだねと。気持ちが悪いけど自然界ってみんな自分の生きる道に必死なんだと思い、しばらく呆然として立っていました。貧乏になったら何かで工夫する、人間の知恵ですよね。こんな話、おじいちゃん、おばあちゃんが亡くならないうちに、聞いておくのもよいのでは。

前田恵子

前田恵子

お見合い紹介歴50年

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english