自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1714
日本は小さな政府を目指すべきだと思う?
投票結果
70  30  
675票 289票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2005年09月26日より
2005年09月30日まで
円卓会議とは

竹田圭吾
プロフィール
このテーマの議長
竹田圭吾 『ニューズウィーク日本版』編集長
円卓会議議長一覧
今の日本は小さな政府をめざすべきかといえば、僕は「Yes」だと思います。改革の手法や法案の中味はともか……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 国民一人ひとりが自立すること (サリーの恋人・埼玉・44歳)
国の将来を考える上で「小さな政府」は必須と思います。ただし、それを円滑に確実に機能させ確立するための準備も必要と思います。長い間私達国民は「お上の言うとおり」「お上にお任せ」でここまで来ましたが、一人ひとりが自立することが大切なのではないでしょうか。個人が、地方自治体が各々できること、またしなければいけないことを確実にこなし政治に対し常に関心を持ち続けること、積極的に参加していこうとする姿勢がなければ成り立たないと思うからです。その上で、「小さな政府」で充実した国政運営を期待したいものです。

yes まずは日本の現状を考える (youyouchan・千葉・パートナー無・29歳)
難しい問題ですね。「自国の身の丈にあった大きさの政府」を模索していくのはどうでしょうか。まずは日本の現状を国民も政府も考えていくべきだと思います。

yes 官でも民でも関係なく (本の虫・千葉・パートナー有・33歳)
ご質問の“官から民へ”の流れに身を任せることは危険だとは思いません。人々が本当に求めているサービスを適切な形で提供できるのであれば、その団体は官であろうが民であろうが関係ないと思います。利益や効率ばかりに目を向けてしまうことが問題を生むのだと思います。

yes 適切な大きさがあるのでは (瑜月・埼玉・パートナー有・28歳)
小さな政府を目指して欲しいとは思いますが、実際に小さな政府になって欲しいとは思いません。市役所などに行った時暇そうな役人や、無駄なシステムの多さには閉口しますが、小さくなりすぎてサービスが低下するのも困りものです。ですから、税金を一番効率良くつかえるくらいの『適当』な政府であって欲しいと思います。

yes まずは目指してみる (sai1019・広島・パートナー無・26歳)
一度は小さな政府を目指してみても良いのはないでしょうか? 弱者に優しい社会であって欲しいとは思います。ですが、今の現状を直視して考えて、実際にどうするのか? そしてどうしたのか? という結果を出してみる必要があるのではないでしょうか? 言葉だけが独り歩きするのではない、そういう社会にしていくためには、自分のこととして考えるという社会を構築する必要があると思います。

no 官民の役割分担を見直し (A6M2・愛知・パートナー有・49歳)
大きい政府・小さい政府という言葉は、誤解を招く用語だと思います。現実の社会には、市場の失敗や外部不経済があるのです。要するに、市場の機能だけでは解決困難な公害問題や、放置すれば格差が拡大するだけの貧富の問題を是正するための機会均等のための施策は、政府の重要な役割だと思います。大切なのは、官民の役割分担の見直しではないでしょうか。郵便や金融も、民間でできる仕事ですが、離島や僻地に、最低限度のサービスを提供することは民間任せでは、限界があります。政府の機関でサービスを提供するのか、補助金などのインセンティブで民間に公共的な使命を担わせるのかという方法論を議論すべきではないでしょうか。大きい小さいという抽象論では、問題の所在や本質が忘れ去られて、結局、社会的な弱者にしわ寄せが行くだけではないかと懸念します。

no 情報公開の推進を (kemkem・岡山・パートナー有・45歳)
今の日本のシステムは陳腐化していて、改革が必要だとは思います。でもそれは郵政民営化に象徴される「官から民へ」の改革、公務員削減とイコールなのでしょうか。民営化した方がhappyになるよね、と感じる業務は確かに存在しますが、医療や環境、道路公団の問題をみていると、「一部の民」が政治、行政に介入し、妙な規制を作って改革を妨げている面も多々あると感じます。小さな政府で一部の勝ち組「民」と政治が癒着した時何が起こるか…、考えるのも恐ろしいことです。今の日本の問題の根本は「政治、行政の不透明さ」と「国民の主体性のなさ」であり、まずやるべきことは「情報公開の推進」ではないでしょうか。そして小さな政府でwin-winの関係を築くためには、国民が「必要なサービスを自分で選択すること」、民主主義に成熟することが先決と思います。でも国民への説明責任を担うマスコミの記者が野党第一党党首の会見より、某新人議員の会見に集まるようでは先は暗いですが。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
国民全体でバランスを考えながら追求を
今の日本は小さな政府をめざすべきかといえば、僕は「Yes」だと思います。改革の手法や法案の中味はともかく、郵政事業や道路公団、整備新幹線、政府系金融機関、社会保険庁などなど、どう考えても税金がムダに使われていたり、本来は産業競争力の強化に役立てられるべき資金が非効率に用いられているケースは枚挙にいとまがありません。公務員の数を減らせば解決するといった単純な問題ではありませんが、国と地方がかかえる莫大な借金を考えると、行政にしみついたムダ遣いの体質を一刻も早く改めなければ、この国は本当に滅んでしまうのではないかと思います。

ただしそれは、大きな政府という言葉が表す幅広い公的サービスを切り捨てることと同じ意味ではありません。世界で最も速いスピードで進行している社会の少子高齢化は、医療や高齢者福祉、社会保障の分野で今後、行政の責任が加速度的に重くなっていくことを意味しています。またよく言われるように、市場のルールにのっとった小さな政府への移行は、競争に敗れた人や取り残された人をフォローする安全網をきちんと整備しなければ結果的に機能しません。

つまり今の日本は、社会の成り立ちの変化の面からみても、あるいは構造改革の必要性から考えても、小さな政府と大きな政府を同時に両立させることが求められていると思います。それは「ほどほどに小さな政府」でも「ほどほどに大きな政府」でもなく、「中くらいの政府」でもありません。小さな政府と大きな政府のそれぞれのデメリットを最小限に抑えつつ、それぞれのメリットを最大限に追求する必要があるということです。

木曜日に北欧の例を挙げましたが、現実的なモデルとして近いのは90年代末からヨーロッパに広まったいわゆる「第3の道」です。ただしその理想形ともみなされたイギリスのブレア政権は、ムダを減らして成長力を高める小さな政府の部分はともかく、大きな政府が担う医療や教育などの公的サービスでは国民の強い不満を買うようにもなりました。

ブレア首相ほど政治手腕に長けた指導者でも悪戦苦闘している「両立モデル」の構築を、日本が成し遂げられるかどうかはわかりません。しかし日本にとってそれは時代の要請であり、国民全体でバランスを考えながらも追求していかなくてはならない道なのではないかと思います。

竹田圭吾
『ニューズウィーク日本版』編集長
竹田圭吾


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english