自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2152
国民投票法案、あなたは賛成ですか?
投票結果
48  52  
212票 227票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2007年04月23日より
2007年04月27日まで
円卓会議とは

藤田正美
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
藤田正美 『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
円卓会議議長一覧
現在、参議院で国民投票法案の審議が進んでいます。安倍首相はどうしても5月3日の憲法記念日までに成立させ……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
現在、参議院で国民投票法案の審議が進んでいます。安倍首相はどうしても5月3日の憲法記念日までに成立させたい意向だそうです。

4月14日、15日実施の共同通信の世論調査によると、「憲法を変えてもいいかどうか」については、今では国民の半分以上が変えてもいいと考えているといいます。しかし「国民投票法案を今国会中に成立させるべきかどうか」については、別にそれほど急がなくてもいいという人が多かったと思います。

憲法には憲法改正の手続きが書いてありますが、国会議員の3分の2の発議により、国民の過半数の賛成を得て改正できると書いてあるだけでした。どういう国民投票を行うのか、それを具体的に定めるのがこの法律であるわけです。

通常の住民投票などと違い、憲法という国の根本の法ですから、やはりできるだけ多くの国民が投票に参加することとか、投票された票の半分以上の賛成があるとか、制限が必要だという議論があります。最低投票率とか最低得票率といった議論です。

この法律が必要かどうか、必要だとすればどのような法律であるべきか、この1週間議論してみましょう。

藤田正美
『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
藤田正美


関連参考情報
■ 「藤田正美さんとのwin-win対談」
知的欲求は果てがないから……
■ 「憲法改正の必要があると思いますか?」
憲法改正はパンドラの箱
■ 「ユニバーシティ講座「日本語を書く力」」
藤田さんの指導を受けるチャンスです
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english