自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/3/5(月) - 2001/3/9(金)
5日め

テーマ仕事を辞めたいと思ったことある?

今日のポイント

仕事のスタイルを変更したら、自分へのごほうびが要らなくなった

投票結果 現在の投票結果 y94 n6 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
海原純子
海原純子 海原メンタルクリニック

自分にごほうび、という言葉、私、実はあまり好きではないんです。正直言うと、嫌いなんですね。理由は自分自身つらい仕事のスタイルを続けている間中、「自分にごほうび」と言いながら、海外に行ったり、エルメスを……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

週休4日で、英気を養った(NRK・板橋区・未婚・26歳)

大学卒業後1年間働きましたが、いろいろありまして、辞めました。それから3年間、デパートの契約社員として、週3日の契約で働かせてもらい、週休4日の生活を続けてきました。そういう生活で、自分の時間を持てたからこそ(収入はなく貧乏でしたが)、次のステップへ行く勇気が出てきました。やっと今、またフルで働く気になり、この春から、派遣で働くことにしました。

結婚というスタイルになったら、仕事にもやる気が(koku・既婚・25歳)

結婚前は、結婚して早く辞めたいと思っていました。でも、結婚して夫の稼ぎだけで食べられるようになったら、却って辞めたくなくなりました。自分でも働いて、扶養されていないという自信のおかげで、自由に生きられるんですもん(夫への最低の思いやりはあります! )。それに、家に帰って、夫がいるのは最高のストレス解消で、また明日も頑張ろうと思えてきますので、嫌になって辞めたいと考えること自体が減りました。

自分は何が一番大切なのか考えてます(misa・岩手・未婚・30歳)

自分にとって、今一番何が大切なのかをじっくり考えると、会社を辞めるべきかそうでないかが見えてくるのかもしれませんね。お金のためであれば、少々のことはがまんするとか。人間関係のいいところを求めるのなら、思い切って転職を考えるとか。これは、今、自分自身にも言い聞かせていることです。でも、答えを出すのはなかなか難しい! 

つらくてもがんばったから、今がある(優・未婚・30歳)

会社に入って、はや8年。辞めたいと思ったことは、何度もありました。特に営業をしていた時代。得意先によっては理不尽なこともいわれたりして、つらい思いもしました。でも、そのたびに周囲(社内・社外問わず)の温かい励ましに支えられました。そして、会社勤めを続けていた結果、現在、メディアプラン策定・実行の仕事につけています。営業をしていた経験も役立っています。つらくても辞めなくてよかった。そして、周囲への感謝! 

自分にご褒美!良い切り替えになります(Jody・26歳)

辞めたいと思うことはあります。でも、くよくよ考えててもラチがあかないんですよね。そういうときは、うーんと自分を可愛がってあげます。高価なものは控えますが、多少の衝動買いもよし、きれいに自分を磨くもよし、休みをとって、いつもとは違うことをしてリフレッシュするもよし、スポーツもよし! そのときの自分にあわせて、仕事へのモチベーションの切り替えをしています。先日は友達と贅沢三昧のホテルプランでリラックスしてきました。1年に1度くらいは、思いっきり自分にご褒美あげてもバチあたらないですよね?いつも頑張ってるんだもの……。

今はスタイル変更は難しい?!(きよこ・東京・既婚・40歳)

15年くらい前、会社という組織に耐え切れず、フリーという仕事スタイルに変えました。そして現在に至っています。でも、当時はまだ景気が良かったからできたことかも。今はスタイルを変えたいと思っても難しい時代かもしれませんね。

少し休んじゃうと、楽に(yanko・調布市・既婚・37歳)

仕事を辞めたくなるときの精神状態は、何もかもがイヤになり、生きているのもイヤになるほど。このご時世、仕事を辞めたら経済的に食べていくことができなくなり、もう死ぬしかないと思い詰めてしまう。そんなときは、思い切って休む。非常に忙しくて、とても休めないと思っていても、会社は何とか回る。それから、そこまで追いつめられる前に、定期的に自分へのご褒美をあげる。(海外旅行とか)そして、こんな贅沢ができるのも働いているおかげと自分を励ます。

OTHERS

出産を機にスタイルを変えた(かな・横浜・既婚・32歳)

わたしが仕事のスタイルを変えたのは、出産がきっかけでした。会社員からフリーになったんです。思い切ってスタイルを変えたら、今までより強い責任感が生まれ、自分の意識がだいぶ変わりました。そのせいか、周囲も変わってきたように思います。スタイルを変えるきっかけを与えてくれた子どもに感謝です! 

昨日までのみなさんの投稿を読んで

自分にごほうび、という言葉、私、実はあまり好きではないんです。正直言うと、嫌いなんですね。理由は自分自身つらい仕事のスタイルを続けている間中、「自分にごほうび」と言いながら、海外に行ったり、エルメスを買ったり、サルデニア島(イタリア)のスパに行ったりしていたから。

つらい仕事とは、クリニックの診療で朝10時からお昼を12年間食べず、夜8時までトイレに行く時間もほとんどなしで働き、帰宅する前に、スーパーの買い出しをして、夕食を自分と家族の分を作り、その後は原稿書きとクリニックの検査の集計をして、寝るのが午前2時半という生活を続けてきたことです。その合間に、「ごほうび」はどんどんエスカレートし、ごほうびなしには仕事ができない、なんて感じていました。

断りきれずに患者さんはどんどん増えて、結果的にはわたし自身が体調を崩し、仕事のスタイルを完全に変更しました。

今は、カウンセリング中心で忙しいことは同じですが、自分の納得のいく診療を納得のいく方法でする、という仕事にしています。

「自分にごほうび」というセリフをまったく忘れたのは不思議なことです。休息をとったり、旅行にも出かけますが、それは休息であり、旅行であって、ごほうびではなくなりました。

ごほうびがなくては仕事を続けられない時は、わたしの場合は、どこかに無理があるのだと感じています。

海原純子

海原純子

海原メンタルクリニック

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english