自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/14(月) - 2002/10/18(金)
4日め

テーマ生理のトラブル、放置していない?

今日のポイント

イライラして子どもやパートナーにあたってしまったり。

投票結果 現在の投票結果 y67 n33 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
湯原均
湯原均 産婦人科医

みなさんの投稿を読んでいると、生理中のことよりも、むしろ生理が始まる前の体調や心理的な変化について悩んでいるように思いました。この体調、心理的な変化は、ホルモンバランスが原因の場合が多いのです。ホルモ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

ささいなコトで子どもをしかってしまう(Yasumin・36歳)

普段はなんてことないコトでも、生理前の一週間は結構イライラして、本当にささいなことでも子どもをしかってしまい、自己嫌悪です。大きな声で怒鳴ったあとに、気がつくと生理直前って感じです。結婚前はとにかく生理痛がひどかったのですが、子どもを産んでからはなくなりました。そういえば肩こりとかもなくなったし……。子どもを産むことで身体の歪みが取れて、生理痛がなくなるってことありますか?

初潮の時から悩まされっぱなし(kuniwaka2001・神奈川・既婚・30歳)

子どもはいません。初潮のときからお腹の鈍痛に悩まされてきました。若いときから結婚するまで、生理不順で、3カ月ないこともありましたが、結婚が決まってからは驚くほど順調にやってきます。ときどき(年に1度くらい)、仕事のストレスで一週間ほど生理が遅れることがありますが。薬を飲んでもこの痛みは消えないので、仕事を休めるときは、無理せずに休んでいます。また、月経前、高温期に入ってしばらくすると、多少お腹に鈍痛を感じますが、感情的に不安定になったりはありません。でも、やっぱりこの不快感はいやですねー。子どもを産んだら生理痛も軽くなると聞きましたが、本当なのかなあ? 確かに、婦人科の先生もおっしゃっていたけど。

大事な人にあたってしまう(虹色)

診察を受けたことはないのですが、多分、月経前症候群だろうと思います。20代のころはそうではなかった気がするのですが、子どもを産んでから?なのか定かではないのですが、大変です。生理前一週間くらいになると、胸が張って痛い、眠い、イライラする、ドカ食いになる、攻撃的になる、悲観的になるなど、本当に自分でもイヤになります。今のわたしには生理痛よりつらいです。自分から距離のある人には、遠慮もあって表に出ませんが、大事な人、たとえば、子ども、彼に対してささいなことであたったり喧嘩してしまい、自己嫌悪に陥ります。女のわたしでも生理による不安定さをコントロールできないので、彼にとってはたまらないと思います。うまく説明もできないのですが、彼はインターネットで調べて、こんなサイトがあるよって見てくれます。でもどこまで理解してくれているのかなと思っています。生理がはじまれば、嘘のようにこんな症状がひいてしまうので、自分でも怖いです。一度病院に行ったほうがいいのかな……と考えております。

わたしより小学校の娘が(づみ)

生理痛に縁がなく、月経の量が多いのが気になるくらい。でも小学校5年生の娘がよくおなかが痛いといい、うまくアドバイスができず困っています。病院へ連れて行けばよいのか、それとも薬を与えたらよいのか……。わたしは学生のころに生理で体育を休んだこともありません。ひどいときはやはり休ませてあげたほうがよいのでしょうか? 適度な運動はしたほうがよいと聞いたこともあります。寝ているとかえってうっ血して状態がよくないと。

生理がなくなってしまいました(あせおは)

生理がなくなって数年放置してしまいました。ようやく婦人科に行って、ホルモン療法を受け始めて5年が経ちますが、改善の兆しはなく、たぶん子どもはもう産めないんだと思います。放置したことをとても悔やんでいます。

暴食と便秘(ぐり・兵庫・未婚・27歳)

生理が始まる2、3日前からむしょうにお腹が空き、食べても食べても満足感がありません。そのくせ便秘が続き、おかしいなぁと思っていると生理が始まります(始まるとお腹をこわしたような便通があります)。生理で体力を使うから、事前に自己防衛策を体が取っている(欲求している)のかと考えていたのですが、生理のたびに毎日のリズムが崩れるので気になります。これってもしかして、一般的ではない症状なのでしょうか。

NO

イライラが本当につらいんです(bwoman・未婚・36歳)

生理10日前あたりから体調が狂いはじめます。動悸、発汗、寒気、喉の渇き、ふしぶしのだるさとこわばりなど、いろいろ大変です。それでも、体のほうはそんなものかと我慢できても、精神面のコントロールが効かず本当に困っています。やはり攻撃的になりちょっとのことでも無性にイライラして、車の運転には危険を感じます。自分ではどうしようもなくて本当につらいです。数ヶ月前にやたらテレビで騒いでいた、更年期障害に症状がことごとく当てはまっていたため、勇気を出し婦人科に行ったところ、話もよく聞いてもらえず「違うと思いますよ」と言われました。ホルモン検査も異常なしとのことだったのですが、あとで月経前症候群の名前を知り、先生がそのときに少しでもその話をしてくれたら良かったのに、と思いました。特に精神面の症状を少しでも軽くする方法があれば、ぜひ教えていただきたいと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

生理前の心理的不安定

みなさんの投稿を読んでいると、生理中のことよりも、むしろ生理が始まる前の体調や心理的な変化について悩んでいるように思いました。この体調、心理的な変化は、ホルモンバランスが原因の場合が多いのです。ホルモンの分泌は、日常生活のリズム、置かれている環境に左右されます。もう一度、毎日の生活をチェックしてみることも大切です。

婚約が決まったことにより、生理が順調にくるようになった、という人がいましたが、まさにこの典型なのではないでしょうか。精神の安定がホルモンに作用して、乱れていた生理がきちんとくるようになったのだと思います。また、出産を経てから生理痛が軽くなったという人がいましたが、これは個人差があります。妊娠を機に生理が軽くなる人もいれば、逆に乱れる人もいます。それから、ホルモン療法を受けているけれど、生理がこないという人がいました。年齢や、治療方法など詳しいことが書いていないので、はっきりは申し上げられませんが、子宮に問題がなく、ホルモン治療を行えば、生理は通常くるはずです。もう一度、何かほかに原因がないか調べてみる必要があるかもしれませんね。

ホルモン治療について少し、触れておきます。ホルモン治療には二つの方法があります。まず一つ目は黄体ホルモンだけを補充する。これで生理がこない人には黄体ホルモンにエストロゲンを加えて補充する方法です。いずれの方法も1カ月から2カ月間、ホルモンを補充しながら様子を見ます。ここで、子宮に問題がなければ通常は生理は再開します。まれに子宮性無月経のために生理がこない、という人もいますが、これは子宮の発育不全のために起こる症状で、生まれつきの体質の人が多いですから、これまで生理がきていて、ある日を境にずっとこなくなる、ということはないと思います。

最後に、どの病院に行ったらよいか悩んでいる人たちに。とにかく一度、病院に行ってみてください。女医さんがよいと思う人は女医さんのところへ行くのがよいでしょう。最終的には患者と医師との相性だと思います。たとえ、女医さんの所に行っても、あまり親身になってアドバイスをしてくれなかった、と不満に感じることもあるかもしれない。女性だからこそ、「大したことないでしょ」で終わってしまう場合もあるかもしれません。もし、その医師と相性が悪いなと感じたら、ほかの病院をいくつかあたってみるのも一つの手です。患者は医師を選ぶことができます。相性のよいと思う医師を探してください。

湯原均

湯原均

産婦人科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english