自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/23(月) - 2003/6/27(金)
2日め

テーマカウンセリング、受けてみたいですか?

今日のポイント

カウンセリングの基本形……あなたはどう思いますか?

投票結果 現在の投票結果 y92 n8 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大平健
大平健 精神科医

カウンセリングとひとことで言ってもさまざまです。今日は初日ですから、Sayuriさんも言及しておられる、カウンセリングの本家アメリカの人たちにとってのカウンセリングについてお話しますね。

僕のところ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

「他人の客観的な意見」(Sayuri・大阪・40歳)

アメリカのドラマなどを見ていると、登場人物たちは何かことあるごとにセラピストのところに行っていますよね。友人に相談していても、セラピストの意見が聞きたいのかな、と思います。生きていく上での、「他人の客観的な意見」を聞きたいのかな? でもそれって自分が生きていく上で本当に必要なものでしょうか? 人間、誰かとかかわって生きているものだし、かかわりのない人の意見って必要かな?

力を引き出すお手伝い(まりい)

かつて2年ほどグループのカウンセリングを経験していますので、やはり安心して自分の気持ちを語れる場所は大切だなと思っています。自分のことを自分で今は整理できるようになったし、何より自尊感情が回復したので、ずいぶん生きるのがラクになってきました。カウンセラーはわたしの中の力を引き出すお手伝いをしてくれたように感じます。

担当医は替えてもらえる?(シェルビー・大阪・既婚・30歳)

今実際にカウンセリングを受けています。きっかけは、夫と別居後、出先でパニック障害を起こし、救急車で搬送された先の病院で、精神神経科の受診をすすめられたから。ですが、総合病院のドクターに転勤はつきもの。2度受診しただけで、担当医が変わってしまいました。精神科の担当医は、異性がいいのか同性がいいのか、考えてしまいます。その時の自分の抱えてる問題によって、同性がよかったり異性がよかったり。でも、担当医がコロコロ変わるのは嫌だな。自分が合わないと思って「替えてください」って言った訳じゃないから。担当医が自分に合っていないと感じた時、「替えてください」って言うのはOKですよね?

疲れをリセットするために(フラアンジェリコ)

ストレスで心が壊れてしまう前に、カウンセリングを受けて、疲れをリセットすることで、仕事に再び意欲が持てるのではないでしょうか。

偏っていないが不安(里穂・中部・38歳)

受けてみたいと感じますが、果たしてカウンセラーの意見に左右されるのではないか、あるいはカウンセラーのアドバイスが偏っていないかが不安があります。しかし自分をまったく知らない人が、わたしのことをどう思っているかを数値化して、表してもらえると参考になるかな?

NO

まったく期待できない(ジョゼフィーヌ)

カウンセリングというか大学病院の精神科に行ったことがあるのですが、非常にがっかりした経験がありそれ以来、精神科=「薬を出してくれるところ」としか認識しなくなってしまいました。なんというか、非常に深刻で差し迫った悩みを打ち明けたにもかかわらず、「気分転換に旅行にでも行ってきたら」みたいなどうでもいいような、俗っぽいことを言われたからです。

自分が俗っぽくないということではなく、その時はこちらはそれこそ旅行どころではない、生きるか死ぬかの精神状態だったので。カウンセリングなども少しでもうさんくささを感じるともうダメです。自分の職業に誇りと愛情をもって懸命にがんばっておられる方もきっとおられるのでしょうが、わたし自身は心の病気でカウンセリングを受けようとも思わないし、まったく何の期待もしないというのが本音ですね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

カウンセリングの基本形

カウンセリングとひとことで言ってもさまざまです。今日は初日ですから、Sayuriさんも言及しておられる、カウンセリングの本家アメリカの人たちにとってのカウンセリングについてお話しますね。

僕のところには、アメリカ人の患者も来ますが、驚いたのは長野オリンピックのとき。あのとき、アメリカの放送局は100人単位の大クルーを日本に送り込んできたのですが、そのプロデューサーやらキャスターやらが、来日前からアポイントの電話をかけてきました。「ホテルも、食べるところも確保したから、あとは精神科医」というのです。用意がいいというか……。

で、本当に、彼らは週に1回、長野から通ってきました。話すことは、日々の出来事とそれについて自分が感じたこと。それだけ? それだけです。僕のほうは、相槌を打ったり、わからないところを聞き返したりはするものの、基本は黙って聞くだけ。自分の意見は言いません。それは、彼らにとってカウンセラーは鏡みたいなものでなくてはならないからです。

人は自分の顔を直接見ることができないので、鏡を見ます。アメリカ人たちは、自分の心を見る鏡として、精神科医を使うのです。そしてその30分に1万円も払う(病院の収入です。僕には特別には入りません。念のため)。これがカウンセリングというものの基本形なのですが……みなさんはどう思われます?

大平健

大平健

精神科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english