自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/23(月) - 2003/6/27(金)
3日め

テーマカウンセリング、受けてみたいですか?

今日のポイント

気持ちを筋道立てて説明するコミュニケーション・スキルの難しさ

投票結果 現在の投票結果 y93 n7 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大平健
大平健 精神科医

昨日は患者の心を映し出すアメリカ風カウンセリングというものをお話ししましたが、これが機能するためには、カウンセラーとクライエントの双方に技術が必要です。カウンセラーは患者の心がうまく映し出せるように面……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

定期的に行けるところを見つけたい(cu)

以前、1度カウンセリングを受けたことがあります。ホームページで見て行ったのですが、カウンセラーの方の顔写真や考え方などが事前にわかっていると安心して行くことができます。遠方だったので1度きりになってしまいましたが、近くで積極的に情報発信しているところがあれば行ってみたいですし、定期的に行けるところが見つかるといいなとは思っています。

料金に見合う内容かどうか(dancingbear・東京・未婚・38歳)

何が自分自身の悩みの根っこなのか、第三者のカウンセラーの意見によって、凝り固まった自分の考え・悩みへの対処方法や別の(気持ちが楽になる)考え方へと修正してくれることを望みます。ただ、一般的に保険が適用されないので、料金に見合うか否かの判断がつけられないのが難点でしょうか。

的確なカウンセリングが受けられるか、まだ疑問(Natalie)

アメリカに長年住んで企業にも勤めていたせいか、わたし自身はカウンセリングという言葉の存在自体が普通であり、当然もっと活用してもいいと思うが、日本ではカウンセリングなるものがはんらんし、また費用も高く、的確なカウンセリングが受けられるかどうかも残念なことに疑問なので、受けたことはない。

わたしにとって「カウンセリング」とは、人は問題や悩みを誰かに聞いてもらいたい、渦中の人間だから気付かない、見えない問題や不安がどこから来て、どうすれば乗り越え、また打開していけるのかをプロとしてアドバイスしてくれるものだと思っている。ただし、カウンセリングは絶対的なものでもなければ、こうすれば100%解決すると、思い込まないことが大切。

もっと受けやすい状況に(deer1020)

些細なことから人生の岐路まで信頼できるカウンセラーの方がそばにいてくれたら、答えは自分で出すのはもちろんですが、とても心強く安心できると思います。家族の様子についても、変化のあった時どのように接すればいいかのアドバイスも受けられると思います。でも実際に良いカウンセラーに出会うのは本当に難しいと思います。もっと選択方法や紹介方法、または広告などを目にできて、受けやすい状態になることを願っています。

自分の行動を肯定してほしい(nononoti)

自分のしていること、考えていることを理解して、それでよいのだよと肯定してほしい。建設的な意見や前向きなアドバイスはいらない。「あなたはこうすればよかった、こうするともっとよい」というアドバイスは今の自分では足りない、不十分と言われているように感じ、自己否定が深くなる。とにかく、よくやっていると誰かに肯定してもらいたいと思う。

アドバイスの効力に期待(mayumit・東京・41歳)

カウンセリングは、友人に話す愚痴、世間話とは違い、なにかしらアドバイスがあり、その効力を期待します。ただ、なにか悩みがなければカウンセリングは受けられないように思います。

敷居が高いのが現実(イスタンブール)

心理カウンセリングを受けてみたいです。子どものころ両親が不仲だったことを自分のせいだと思っていたことで、今でも自分に自信がなく、コンプレックスを持っています。誰かに全部話して楽になりたいと思いながら現在に至っています。敷居が高いのが現実です。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

カウンセラーとクライエントの双方の技術

昨日は患者の心を映し出すアメリカ風カウンセリングというものをお話ししましたが、これが機能するためには、カウンセラーとクライエントの双方に技術が必要です。カウンセラーは患者の心がうまく映し出せるように面接の技術を磨いていなくてはなりませんし、クライエントはカウンセラーを使って自分を見つめるために、自己表現の技術を持っていなくてはならないのです。

だから、これは、アメリカ人にとっても、なかなか難しいことです。いかがわしいカウンセラーが多いのはアメリカの特徴ですが、ちゃんとしたカウンセラーを使いこなせない人が多いのもまたアメリカの特徴なのです。

さて、日本。カウンセラーのレベルは、アメリカで言うと、中級に相当する人がほとんど。傑出した人は非常に少ないのですが、ひどい人も少ない。教育のあり方を反映しているのでしょう。日本の教育は、むしろ受ける側に大きな問題を生じさせています。

自分の考え、自分の気持ちを他人に筋道立てて説明するコミュニケーション・スキルの訓練、というのがまったくいっていいほど行われていませんから、カウンセリングに行っても、「さあ、ちゃんと分かってね。いいアドバイスをちょうだいね」そんな受け身な構えになりがちなのです。

仕方がないので、カウンセラーはなんとかクライエントの気持ちを理解しようとし、彼女なり彼なりが必要としているアドバイスを与えようとするのですが、これがしばしば的外れになります。

ここで失敗しないためには、カウンセラーのほうが相当技量を持っていなくてはならないのですけど、あいにくカウンセラーの教育はそこまでカヴァーしていないのが現状です。それにしても、いわゆる町の「人生経験豊富」な人よりは格段に上手です。

大平健

大平健

精神科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english