自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/6/4(月) - 2001/6/8(金)
2日め

テーマ代理出産に賛成ですか?

今日のポイント

Yes・Noではなく、代理出産についてどう思うか、率直な意見を

投票結果 現在の投票結果 y36 n64 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
山本真実
山本真実 淑徳大学社会学部専任講師

今週は今話題の代理母出産について取り上げてみました。わたし自身、「子どもの養育」と血のつながりがどのように関係しているのか、社会的にどのようなルールが決められるのが望ましいのか、考えてみたかったからで……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

NO

夫婦二人で人生を楽しむ選択(rikaachi・既婚・33歳)

不妊に悩んでいる身になれば、そんな気持ちになれないのかもしれませんが、子どものいない人生がダメ……という考え方は、どうかと思うし、どんな手段を使っても子どもがほしい……と考えてしまう状況には、疑問があります。子どもが授からない運命を、「神様が夫婦二人だけでも、有意義な人生を送ることができる人達だと判断して与えた運命」と考えることはできないでしょうか?

エゴの方が優先されている気が(けろろん・札幌市・既婚・33歳)

不妊治療がすすんで、子どもが授かる人が増えるのは結構だと思いますが、代理母はいきすぎのように感じます。好きな人の子どもを産みたいという気持はわかるのですが、代理母までくると、エゴの方が優先されているような気がします。一律に、子どもがいると幸せ、いないから不幸ではなく、今自分がある状況の中から、最大の幸福を見いだす努力をしていくことが大切だと思います。

OTHERS

わたし個人としては、子どもを諦めます(みぃ・京都市・未婚・26歳)

わたしが実際に子どもが産めない体だとすると、たぶん諦めると思います。代理出産を望む人がいるのだったら、それはいいと思いますが、わたしは考え付きません。

代理母出産してまでも子どもが欲しい要因は?(天使の歌声・東京都・既婚・44歳)

「子どもを産まないと肩身が狭い」や「子どものいない人生なんてつまらない」という価値観こそが問題だと思います。身体的なことなどでもし産めない方がいても、「ちっとも肩身が狭くもないし、人生を十分楽しめる」という社会を築くことの方が大切なのでは? 人生いろんな生き方があっていいと思います。人のお腹を借りてまでも子どもがほしいと思わせてしまったのはどんな要因だったのかなと思います。

出産の選択肢が増えたのは確か(悠美・兵庫・未婚・36歳)

倫理の問題もあるでしょうが、子宮を何らかの形で失ったにもかかわらず、どうしても子宝を授かりたい女性にとっての一縷の望みが代理出産という「借り腹」だと思います。ですが、いざ自分がその立場に立ったときどうするか?今は答えが出ません。しかし、この先出産の選択肢が増えたことだけは確かだと思います。

養子制度を勧めたい(Maja)

わたしは代理出産よりも養子制度を勧めたいと思います。代理母が出産後親権を主張することも考えられるからです。母として自分のおなかを痛めた子とは離れがたいと思います。DNA的なつながりを求めるより、精神的なつながりのファミリーがこれからは増えていくのではないでしょうか。

子どもが産めない人には現状は辛い(京・未婚・23歳)

自分の事としてはまだ現実味がなくて分からないけど……。でも、タレントの向井亜紀さんが、ご主人の高田さんの遺伝子を残したいって思った気持ちは、何となく分かる気がする。というよりも、分かれる人間になりたいと思う。それを考えると、現状は、子どもを産みたくても産めない人には辛すぎると思う。

気持ちはわからなくはないけど(ぴかりん・東京・既婚・31歳)

子どもを授かる前は、他人の妊娠のニュースを聞くたびにブルーになっていました。あの頃の張り裂けんばかりの「妊娠・出産したい」という気持ちを思い出すと代理母という選択をしてしまう気持ちもわかります。ただ、自分が実際そうなったら、どうするか、と考えた場合、経済的・精神的な負担を考えると二の足を踏んでしまうと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

今週は今話題の代理母出産について取り上げてみました。わたし自身、「子どもの養育」と血のつながりがどのように関係しているのか、社会的にどのようなルールが決められるのが望ましいのか、考えてみたかったからです。

諏訪マタニティクリニックの医師が語っていた「子どもを生みたい、欲しい」というニーズがあるならばその道を開くべきだ」という考えにも、共感するところがあります。確かに「子どもがいなくては完璧な夫婦ではなく、家族ではない」と思わされてしまう社会風潮が根底に有ることが問題なのだと思います。しかし、代理出産という社会的・身体的リスクを覚悟しても、なお子どもを持とうとするわけですから、生まれた子どもは「望まれた子ども」です。そういう意味では、説明をしっかりしてフォローの体制をつくり、極端な事例を生み出さないある程度の規制があれば、その道も一つの選択肢なのかもしれません。親に望まれて生まれた子どもだと子ども自身が実感できるのならば、素晴らしいと思います。できちゃった婚ではないですが、予期せぬ妊娠にとまどい、その不安を子どもにぶつけてしまい、子どもの誕生を前向きに受け入れられない場合もあるのですから。

しかし、その一方で子どもが生きる長い人生を考えた時、社会にきちんとした受け入れ体制や意識の改革がないのならば、たくさんの場面で子どもは傷つくでしょう。また、子どもの命は、親側の「欲しい」という思いを優先させていいのだろうかという点もあります。たぶん、みなさんも新聞等に寄せられている多くの方も、当事者になってみなければぜひも論じられないという思いがあるでしょう。

先日の朝日新聞の記事には、未婚か既婚か、また出産経験者か未経験者かで意見が分かれるという分析がありました。もし、そうなら国の審議会のメンバーが男性、それも高齢男性が多数というのは、疑問ですよね。自分の置かれている状況によって異なる意見であるはずです。良いか悪いかではなく、どう思うか率直な意見をお寄せください。

山本真実

山本真実

淑徳大学社会学部専任講師

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english