自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/21(月) - 2002/10/25(金)
3日め

テーマ子どもとの約束、守っていますか?

今日のポイント

「仕事のほうが大切なの? 」と子どもを不安にさせていませんか?

投票結果 現在の投票結果 y72 n28 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
加藤聖子
加藤聖子 モデル

今日は、mamarinさんから「本を読んであげています」というご意見が届いていました。わたしも息子が小学校1、2年生になるまでは、寝る前によく本を読んでいました。特に小学校に入学するまでは、仕事で帰り……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

身の丈でできることを(mamarin)

できるだけ守っています。1つは、二人の子どもたちが夜9時半までに寝床に入ったら本を読んであげるというもの。それより遅れても、基本的に10時前だったら読んであげます。あと、特に8歳の娘が希望するのですが、一緒にお菓子や料理を作ろうと学校の図書室から本を借りてくるので、休日は材料を揃えて二人でがんばります。あとは年1回の誕生日にはお友だちを呼んでパーティをすることと、息子にはチョコレートケーキを、娘にはイチゴショートケーキを手作りすることを守っています。しかし、子どもたちに禁煙を約束してほしいと言われていますが、これがなかなか守れません。

切ない気持ちが身にしみています(来夏・東京・既婚・32歳)

自分の子ども時代、母はフルタイムで働いていたので、数多くの嘘をつかれました。今でこそ母が嘘をつく気持ちも理解できますが、「8時に帰るからね」と言われたら、子どもが8時をどんな気持ちで待ち焦がれるか、何回時計を見ることか……。その切なさが身にしみてわかるので、自分の子どもには半端な嘘はつきません。帰りが遅い寂しさよりも、嘘のほうがつらいと思うから。

はじめに決めておく(himetaro)

絶対守れる約束と、あやうくなりそうな約束って、たいていは事前にわかるものです。だから子どもにそれを伝えておきます。絶対守れる約束が仕事の都合で破られそうになったとき、わたしは仕事を延期するか、代打をたてるか、断るかしてきました。働く母親にとって仕事は大事だけど、それを自分の裁量でセーブしたり調整することも大事だと思います。働く母親である前に母親であることを忘れている女性、増えてますよね。

OTHERS

子どもにも自覚を(メリーメイ)

子どもといえども、大人のミニチュア版です。ただ先に生まれて、多くの経験を持つものと持たぬものとの違いです。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉、大人だけの言葉ではないように思えます。母親が間違いを犯す最大の原因は、わたしのおなかで生み育てた子ども、わたしのお乳で育てたわたしの子ども。子どもの前に必ず「わたしの、わたしが」と主語が付きませんか? 子どもであって、そして一人の独立した幼い大人と見てあげるといかがでしょう? そうすることで、働く母親の姿が理解しやすくなるのではないでしょうか。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

子どもを混乱させない

今日は、mamarinさんから「本を読んであげています」というご意見が届いていました。わたしも息子が小学校1、2年生になるまでは、寝る前によく本を読んでいました。特に小学校に入学するまでは、仕事で帰りが遅くならない限りは読むようにし、そして、ことあるごとに抱きしめて、愛情を伝えてきました。またhimetaroさんの「守れる約束と、あやうくなりそうな約束」というのがありました。

わたしは、仕事が終わる時間がわからない時には、「今日の保育園のお迎えは○○ちゃんのお母さんにお願いしているから、一緒に帰ってきてね」と言うようにしていました。もしその日の仕事が、思っていた時間より早く終わっても、子どもを混乱させないために、お願いしたお友だちのお母さんに迎えに行ってもらっていましたが、これはなるべく曖昧なことは言わないように心がけたからです。

ただ、仕事柄、子どもが熱を出したり、体調を崩した時などに、仕事を途中で抜け出したり、時間をずらすことができなかったので、そういう時は本当につらい思いをしました。仕事をしながら子育てをしていると、迷いや揺らぎがどうしてもつきまといます。でも、迷っている気持ちが子どもに伝わらないようにしなくてはならないと思います。親のそういう気持ちは子どもを不安にさせてしまうからです。

わたしも、迷ったり、悩んだりすることはあります。でも、そういう時には「わたしはわたし」なんだと考えるようにしています。たしかにそばにいてあげられる時間は、少ないかもしれない。でも、それは「わたしと息子」の関係で、2人の絆がきちんとしていればいいのだと、自分に言い聞かせ、ここまで続けてきました。家族構成や、仕事の内容などによって、子どもとの関わり方は大きく違うと思いますが、子どもとの関係をしっかりと結ぶことが一番大切なのではないでしょうか。仕事をしながら子育てをしていると、「お母さんは、仕事と自分とどっちが大切なの? 」と子どもが不安に思うこともあるでしょう。こんな時は、「いつもお母さんはあなたのほうを見つめている」ということをきちんと伝えてあげることが大切です。

加藤聖子

加藤聖子

モデル

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english