自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/2/26(月) - 2001/3/2(金)
2日め

テーマ和食器より洋食器の方が好き?

今日のポイント

食器の素材や大きさについて、知りたいことを教えて下さい。

投票結果 現在の投票結果 y36 n64 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
山田祐巳
山田祐巳 西洋陶器デザイナー

第一日目は和食器派が多く、その理由として和食器のほうが温かみがある、形や大きさにバリエーションがあるという意見が目立ちました。

和食器のほうが温かみが感じられるというのは、その食文化が少し関係してい……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

和食器は形が豊富で収納に困る(たあちゃん・宮城・未婚・49歳)

和食器の良さはわかりますが、形が豊富で収納に困ったり、時間がないと盛り付けが面倒。その点洋食器は統一感も楽しめますし、今は自分の好みのものを一つひとつ集めて楽しんでます。お友達を呼んでご馳走するときは、大皿に何品かの料理を盛って取り分けて食べますが、食べる時も後片付けも簡単で、洋食器中心になりつつあります。

NO

日本の食器は大きさや形がいろいろで楽しい(おみい)

米国在住ですが、普段使いの食器のほとんどは広い意味での和食器です。日本の食器は、皿ひとつとっても大きさや形がいろいろあって、季節やお料理によって使い分けられ、見た目にも楽しく、料理も引き立ちます。また、深みのあるものはソース(汁気)のあるお料理に活躍します。ディナープレート、ブレッドプレートなど、大きさ(使い方)の決まっている洋食器ではそういう楽しみはありません。

洋食器は食器自身の存在感がありすぎる(ゆたんぽ・福井・既婚・34歳)

素朴さ、温かみといったらやっぱり和食器ですよね。洋食器は美しいけどどことなく冷たくて、料理を引き立てるより食器自身の存在感がありすぎて、なかなか手が出ないですね。子どもが小さい現在は、コーディネートより乱暴に扱っても大丈夫という機能重視になってしまい、色気のない食卓になってます。

旅行の思い出にもなる和食器(katuttin・洲本市・既婚・39歳)

和食器って、コ−ディネイト次第でどんな料理にも合うような気がします。値段もピンキリ…。探すのが楽しみ! 旅行の思い出にもなるし…。

貧弱な料理も素朴な器だと色合いが映える(ふろーる・千葉県・既婚・32歳)

和食器派です。でも、派手に絵付けされているものは嫌いです。シンプルな色合いで、土の素朴さの出ている焼物が好きで、形は洋食にも合うものを、気に入ったら購入しています。最近は楕円形や細長いものが使い勝手がよくて、頻繁に食卓に登ります。貧弱な料理でも素朴な器だと色合いが映えて美味しく見えたりして…。

OTHERS

和食器が落ち着くが、お茶の時間は洋食器(輝美姫・既婚)

やはり和食器の方が落ち着きます。子どもが好きなハンバーグなどの洋食も、どっしりした落ち着いた色の和食器に盛りつけると、温かい感じがして大人のご馳走に見えてきます。わたしにとってはあの感触と雰囲気が食事をゆったり楽しめる元になっています。ただし、お茶の時間は洋食器派です。

思いがけない組み合わせにご満悦(kurokami・東京・49歳)

和食器、洋食器にとらわれず、クロスカルチャーなテーブルコーディネートを実行しています。日本の民窯の器とベトナムの安南焼がピッタリとあったり、思いがけない組み合わせにご満悦。

あまり型に囚われず、ちゃんぽんで楽しむ(Kikumi・アメリカ・37歳)

どちらが好きと決められる問題ではないですよね。どんな料理を出す時でもあまり型に囚われず、ちゃんぽんで楽しんでいます。クリスタルはスウェーデン製が好きで、洋食器はLennox、Wedgewood他いろいろ揃えています。和食器は薩摩焼と備前焼を中心に各種少しずつ、帰国のたびに揃えて、和洋中華エスニック料理を問わず、色合いや量やお客様やライティングで組み合わせを変えています。でも、フリーマーケットで気に入った一鉢・一皿に出会えることもあり、本当にコーディネートできているのかは疑問。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

第一日目は和食器派が多く、その理由として和食器のほうが温かみがある、形や大きさにバリエーションがあるという意見が目立ちました。和食器のほうが温かみが感じられるというのは、その食文化が少し関係しているのではないでしょうか。

日本など米を主食とする食卓には、ますお茶碗が並びます。そしてもう一つ、お茶をいただくお湯呑み。いずれも食事のとき欠かせないもので、手のひらの中で使われるものです。これらを中心とする和食器は、手に馴染む形や質感など人に触れることを大切に考え作られてきました。

一方洋食器には手のひらにのせて使うものがありません。全てテーブルに置いて使う食器です。(近年カフェオレボールなど両手で抱えて使うものなども出てきましたが)このような用途の違いからくる意識の違いが、その質感や形に反映してきているのでしょう。

ただ、必ずしも洋食器が温かみに欠けるとはいえないと思います。フランスのブルターニュ焼き、イタリアのマジョリカ焼きなど素朴で温もりがあるものもたくさんあるんですよ。

今日は温かみについてお話ししましたが、明日は素材の違いや大きさなどについてお話しします。何かお知りになりたいことがありましたら、お伝えください。

山田祐巳

山田祐巳

西洋陶器デザイナー

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english