自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/4/16(月) - 2001/4/20(金)
4日め

テーマ引き出物の食器、使ってる。

今日のポイント

オリジナルな物とブランド物では、どちらが嬉しいのでしょう。

投票結果 現在の投票結果 y53 n47 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
山田祐巳
山田祐巳 西洋陶器デザイナー

名古屋のゆりんりんさんの御意見、「するどい! 」と、とても感心させられました。そうですよね。全員ではないにしろ、これまでほとんど料理らしきことに経験がない2人が食器類を選ぶというケースもあるのですから……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

カタログは、印象に残らない(ミーナママ・大阪府)

わたしは結構使ってます。食事の時は、いろんな食器があったほうが楽しいので、ピンクの花柄のサラダボールやグリーンの小鉢などを使い、お正月は半月盆と鉢とお箸のセットのうちのお盆だけ使って、口取りなどを盛り付けます。でもわたしの結婚の時は、食器は好みがあるからと、ピンク色の小さいポットにしました。親戚のおばさんたちには好評で、わたし自身も子どものミルク用のお湯を入れるのにずっと使っていました。決めるときにはあんなに悩んで決めたのに、すぐにバザー行きだとちょっと寂しいですね。カタログもあるけれど、自分で選ぶと後で誰からもらったんだったっけ?と印象に残らない気もします。

NO

料理経験のない二人が選ぶのだから…(ゆりんりん・名古屋・33歳)

引き出物の食器は、全く使えません。これから料理をするであろう二人が選ぶ物ですから、実用性は期待できません。あと、やたらとワイングラスが多い時があり、夫の分と合わせてかなりの数を持っています。

結婚式場と食器メーカーの関係は?(MAYUMI・札幌・既婚・29歳)

結婚式をあげたことがないのでわからないのですが、なんであんなに使いづらいものばかり引き出物にするんでしょう?結婚式場と食器メーカーって、何か特別に結びついてたりするのでしょうか…?

たしかにステキなデザインだったけど…(mko・東京・29歳)

この間、ひし形のお皿を貰ったのですけれど、重ねて収納ができないので、人にあげてしまいました。ステキなデザインだったのは認めるけれど、貰った人の都合をあまり考えてない感じで、くれた人の人柄まで考えてしまいました。わたしだったら、カタログにしたいですね。

OTHERS

自分のときは、お菓子とお花だけにした(MANAMI・東京都・36歳)

自分の披露宴のときは、引き出物はお菓子とお花だけにしました。物足りなく感じた人もいるのかもしれませんけど、概ね好評でした。

シルバー製品はおすすめです(サラス・東京・既婚・30代)

20年前、従兄弟の結婚式でもらった「純銀のミニフォークセット」を今も愛用しています。これなら壊れ物ではないですし、高級感もありますし、重くもないので、なかなかいいですよ。陶器だと色や模様で好みが分かれるところですが、シルバーならそれもないですし、これはおすすめです。

引き出物コーナー充実してきた(さるねこ・既婚)

かつては悲しい気持ちになる引き出物も確かにあったけど、最近はそんなひどいものには当たらなくなりました。引き出物を選ぶ側も、自分がもらって困るものは選ばなくなっているようですし、おそらくホテル等の引き出物コーナーでも、品揃えが現代感覚に合うようになってきているのだと思います。ウェディング産業も競争熾烈らしいですから。

ちょっと露骨だけど、商品券うれしかった(既婚・37歳)

先日、主人が出席した結婚式の引き出物は、しゃれたバターナイフ1本と商品券数千円分でした。商品券は、ちょっと露骨と思われがちですが、もらった方はとってもありがたかったです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

名古屋のゆりんりんさんの御意見、「するどい! 」と、とても感心させられました。そうですよね。全員ではないにしろ、これまでほとんど料理らしきことに経験がない2人が食器類を選ぶというケースもあるのですから、やはり実用性には欠けるでしょう。

また、実用性に乏しい食器というのは引き出物を選ぶ際、使いやすいものを差し上げるという配慮より、見た目にすてきなものをあげるという送る側の満足度が前面に出ているのではないでしょうか。ですから、自分が差し上げた引き出物を「とても使いやすいから、うちでもいくつか買って使っているのよ」などという声はあまり聞きません。

食器だと断然実用性があるもの、あとはバターナイフや一輪挿しなど、ちょっとしたものが喜ばれるようですね。イタリアでは「ボンボニエラ」と呼ばれる陶磁器の蓋ものが、よく引き出物として利用されます。手のひらに入るくらいの小さなものです。オリジナルのものだったりブランドのものだったりさまざまなので、いただいたものをコレクションしている方も多いようです。わたしの知り合いの工房(窯元)でも100個ぐらいで頻繁に注文が入るそうです。

いろいろな御意見が出る中、引き出物選びは、ほんとうに難しい……。でも、できればカタログではなく選んでほしいと勝手ながら思ってしまいます。

山田祐巳

山田祐巳

西洋陶器デザイナー

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english