自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/7/23(月) - 2001/7/27(金)
2日め

テーマ盛り付けにこだわってる?

今日のポイント

あなたの家族、盛り付けなんか気にしてない?

投票結果 現在の投票結果 y73 n27 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
山田祐巳
山田祐巳 西洋陶器デザイナー

盛り付け……というと、ついレストランや料理の本などのプロの盛りつけを想像してしまい、難しい、面倒と思いがちの方も多いですね。でも、盛り付けは日々食事をしたり、料理を作ったりするなかで無意識に接している……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

和洋中なんでも持ってます!(K・東京・既婚・35歳)

食器は、和洋中のさまざまな種類を持っています。最近暑い日が続くので、涼しさを演出するためにクリアなお皿をよく使いますね。お皿を決めてから、料理を考えることも多いです。楽しいですよ。

鉢類に凝ってます(ひまわり7)

器、集めるのも使い回すのも大好き。土地柄(京都・清水焼)、和食器が多いです。最近凝ってるのが、鉢類です。信楽焼の大鉢を陶器市でゲット。お客様にも好評です。今日は、玄関で花器に使っています。夏には、涼しげな染付けをよく使います。変わった形の物がほしくなるのですが、収納を考えて思い止まります。長年かけて集めた清水焼が並んだ食器棚は、眺めているだけで幸せな気分……。

お気に入りのクリスタルグラス(shunetsu)

結婚した時、客用にとクリスタルのグラスを揃えました。でも今は日常でも使用。そこでやっと分かりました。クリスタルだと、飲み物を注ぐだけでもいい音がします。グラスに爪がちょっと当たっただけでも透き通った美しい音色。今では麦茶だってクリスタルグラスで飲んでいます(笑)。よって、食器の数は少ないのですが、お気に入りのものを毎日大切に使っています。一人での食事も、マナーに気をつけるようになりました。

NO

白いお皿に合わない料理もある(みゆ・千葉・既婚・30歳)

料理重視でお皿はなんでもいいってほうです。どんな料理でも合うように、白いお皿しか持っていないですし……。でも、お魚は、白いお皿は似合わないなぁと思う今日この頃です。

景品のお皿を活用(guregure)

結婚して3年専業主婦してますが、未だに一番活用してるのは某パンメーカーの景品のお皿。毎日することなのに、料理に楽しみを見いだせず、嫌々キッチンに立っているのは、この辺のセンスのなさも原因だったりするんでしょうかね……。

ひとり暮らしなので……(morgan)

器って大好きなんですが、ひとり暮らしなのであんまり種類を持っていません。例えば、焼き魚用の細長いお皿とか……。でも、手塩皿などのちょこちょこしたかわいいものは、けっこう衝動買いしてしまいます。あと、季節感のある食器類をぜんぜん持っていないので、欲しいなぁと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

盛り付け……というと、ついレストランや料理の本などのプロの盛りつけを想像してしまい、難しい、面倒と思いがちの方も多いですね。でも、盛り付けは日々食事をしたり、料理を作ったりするなかで無意識に接している日常的なことだと思います。そこにちょっとしたこだわりや工夫があると、ぐっと食卓が豊かになるのではないでしょうか。

また、盛り付け=料理に合わせて食器を選ぶということではないと思います。もちろん、たくさんの種類の食器を持っていて、それらを使いこなして盛り付けをすればとてもすてきなことです。でもひとり暮らしだったり、スペースの問題から最小限の食器でという場合もありますよね。こんな時こそ「どうせ……」などと思わずに「どういうふうにしようか……」と考えてみてはどうでしょう。

私も以前ひとり暮らしをしていた時、少し厚手のアイボリーのプレートとボールのいくつかのサイズを揃え、すべての料理をこれでまかなっていました。どんな料理でも合うのですが、投稿にもありましたようにお魚、特に焼き魚は悲しい程合わないのです。何度か我慢していましたが、そのうち「美味しいお魚の夕飯」のはずが「寂しいひとりの夕飯」に思えてきました。そこで苦肉の策でお皿とお魚の間に笹の葉や竹の皮、あるいは寿巻き(おすしを巻く簾)を敷くなどし、少しでも楽しい食卓になるようにしていました。

食事の主役はあくまでお料理ですが、それを美味しく見せたり楽しく演出したり、食欲をわきたたせたりするのは 盛り付けによるところだと思います。さまざまな種類の食器から、自分はどんなものを選んでどんなふうに使うのか人それぞれです。そして、なんといってもそれを喜んでくれる家族や恋人、友だちなどの存在も大きいですよね。みなさんの周りの方は、盛り付けに関していかがでしょうか。まったく気にしていない? それとも盛り付けの工夫、気づいてくれますか?

山田祐巳

山田祐巳

西洋陶器デザイナー

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english