自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/3/18(月) - 2002/3/22(金)
2日め

テーマ身近にセンスを盗みたい人がいる。

今日のポイント

センスの良さは生まれつき? いえいえ、努力の成せる技?

投票結果 現在の投票結果 y62 n38 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
渡辺教子
渡辺教子 ベネトンジャパン広報部長

最近、ベネトンジャパンで中学生に洋服の着装の仕方を教えるという「カラーボランティアプロジェクト」を立ち上げた。すでに3校に行って中学生の男女に、ベネトンのサンプルを使ってコーデイネイトを考えるというも……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

センスの良い友だち(miyabi・兵庫・未婚・27歳)

友だちにはセンスの良い人が多いです。そういう人たちを「いいなあ」、という目で見ているとどうしてもそれに近いイメージになりがちです。けれども最後の最後はやはりわたしはわたし、自分に似合わなければな……というところで成り立っているように思います。彼女たちにはそれぞれのスタイルや顔があるわけで、同じ格好をしても必ずしもわたしに似合うとも限りませんからね。やはりさりげない部分をうまく取り入れさせてもらい、自分のものにする……そんな感じが良いように思います。たいがいは本人に聞くのではなく、ああこういう使い方もできるんだなあって密かに思うことの方が多いですね。

若かりしころ(てつや)

中学生のころって、色気づくころですよね。あのころは、友だちの使ってるムースだとか整髪料がとっても気になってたなぁ。自分で使い出したのもその影響だし。シューズもけっこう影響された。いまは女性の多い職場なので、盗みたいにも盗みようがない(笑)。でも街を歩く時は、けっこう注意してみてるかも。

研究熱心にならなくちゃ(朧月夜)

わたしの友だちで、センスがいいなーと思う子がいます。センスがいいというよりもおしゃれの仕方が上手。たとえ値段が安い洋服でも、彼女が着るとなんだかとってもおしゃれに見えてきてしまうんです。とってもうらやましいと思っています。彼女とわたしの差は研究するか、しないか……ではないか、と思っています。めんどくさがりはダメですね。

おしゃれに対する姿勢 (オクラ)

高校時代からの友人はとってもおしゃれ上手。先日も彼女と一緒に買い物に行きましたが、「このカットソーには、こんな感じのスカートに……」など、いろいろとコーディネートをしてくれます。そんな彼女を真似したいな、と思うものの、もともとのセンスが違うので、彼女のような洋服は買えません。でも、おしゃれに対する彼女の姿勢(ちょっとおおげさ)は真似したいな、と思っています。やっぱり、いくら中身が良くても、おしゃれのできない人って、男も女も魅力的じゃないと思いますから。

NO

「その人らしさ」がにじみ出るような人 (ヒ)

わたしの身近にそういう人、残念だけど、最近いませんね。おしゃれだなと思う人はそれなりにいるけれど、そのセンスを盗んで、自分の中に取り入れたいかといえば、別問題かな。ちょっと大げさだけど、最近は、洋服そのものの美しさや組み合わせのきれいさよりも、服が、着る人の内側にどれだけ寄り添っているかみたいなところに興味があって。要するに「その人らしさ」がどれだけあるかってことなんだけど。そういう意味で印象に残る人、最近いないなぁ。「あの女性(ひと)って、ファッションセンスはいいけどね……」じゃ、意味ないし。

意欲の問題かも(生春巻)

以前はセンスを盗みたい人は身近にいたけど、今はいなくなった。というより、自分自身をもっと磨こうという意欲がなくなり、周りの人のセンスに興味を持たなくなったかも……。

チャレンジ&環境(mieko)

残念ながら現在身近にそのような存在がおりませんが、センスのある人はチャレンジ精神が旺盛な人、いろんなことに興味を持ち、積極的に取り入れていく人。また、もともと母親のセンスがよく、小さい頃から本物? いい物に自然と接する環境にいて、身についている人が該当すると思います。自分なりに、自分が気持ちよく、少しのチャレンジ精神をもって、ファッションを楽しみたいです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

ファッションのマジック

最近、ベネトンジャパンで中学生に洋服の着装の仕方を教えるという「カラーボランティアプロジェクト」を立ち上げた。すでに3校に行って中学生の男女に、ベネトンのサンプルを使ってコーデイネイトを考えるというもの。普段学校では制服、家では親や近所の目を気にして服を選ばなくてはいけない子どもたちが、300点にものぼる色鮮やかなニットや帽子、バックやブラウスを前にして「自由に好きなだけ着てごらん」と言われて最初は呆然。しかし時間と共に 「これ、チョーかわいい! 」、「ねえねえ、私にも似合う服探して! 」とギズモと化し、最後は鏡の前で別人になった自分に熱狂し、カメラの前でハイポーズ。「そんなことできるかよー」とふてくされていた男の子も、別人になった自分に目をきらきらして身体から凄く強いエネルギーを発散させる。ファッションには「まったく別の自分」になるというマジックがある。いつもビジネスとして服を扱っているわたしたちが、あらためてファッションの持つアドレナリンに感嘆します。

思えば、ブティックの販売のバイトを含めると、わたしは23年間アパレルの仕事に携わり、その間、現在の広報宣伝分野に15年、イトキンでアクセサリー類(バックや傘、靴、ベルトも含めて)地方ドサマワリ営業に3年、トキオクマガイで靴と洋服の営業及び販売員教育やら販促で3年、そのあと、エルビスでフェレの営業と会社全体の広報宣伝を4年、そしてベネトンでもう10年と「ファッションの総合商社」みたいなキャリア。

そういうわたしの個人ファッションの変遷も、大学生の時の、ワイズやビギという国産ブランドから、社会人になってフェレやミッソーニ、アルマーニというイタリアン、シットボンやソニアというフランスもの、そして現在のベネトンまで「着て、着て、着まくった」というのが実感です。

さてそういうわたしの今までの人生でのお手本は、20年前は『流行通信』などのファッション誌、そしてストリート。とくに今原宿の交差点あたりに「レオン」があった頃そのカフェでお茶していた業界人のファッションはとてもすてきだった。20代後半は実際、ミラノ、パリ、ロンドンコレクションに行き、モンテナポレオーネ通りやスピガ通りのミラノマダム、パリコレに集う海外ジャーナリストに釘付け。こういう人たちのスタイルがお手本。この頃から日本のファッション誌は「ブランドご用達本」で参考落ち。

ただ90年代は、ベネトンのワールドワイド戦略の日本における展開を任されてからは、ビジネスとして洋服に興味はあっても、自分が何を身にまとうかということには急速に興味を失い、渡辺教子「ファッション暗黒時代」でした。ただこの10年間で、わたしの今の「顔とスタイル」をつくった。そして2002年の今、わたしはシーズンが変わると真っ先にベネトンメガストア表参道やシスレーに行ってばーーん、アクセサリーも値の張るジュエリーを中心にばーーんとお買い物。個人的には10年間の空白を今取り戻すように洋服から髪型など、どんどん新しい物にトライしています。

渡辺教子の今日の2F (何着てるの、そして食べてるの? Fashion&Foods)

さて月曜の朝は9時から取締役会。ベージュの細身のクロップドパンツ。スカイブルーのレーヨンの半そでのニットと同色のソックスにキャメルのシューズ。それに白のトレンチコート。春になりキレイ系の色を身に着けたい時、ベネトンは本当にグッド。シューズは青山の骨董通りのお店で、おでん食べた帰りに酔っ払って4足も買ってしまったイタリー製。足つぼダイエットの中敷きをソニープラザで買って、じんじんしてこれお勧め! 洋服は全部で3万円くらいかな。アクセサリーは、ルビーのネックレス、指輪、ゴールドの時計で400万円くらい、全身で403万円ナーリ。朝はいつもと同じ、野菜スープとパウダー(にんにくと高麗人参、マムシにウコンの混ぜ合わせ)をスプーン一杯、DHCの野菜ジュースで流し込み。ああ、まずい。昼はなし。今夜は麻布のお店で2ヶ月待ちの予約の席。何が食べられるのかな? とっても楽しみ、楽しみ。

渡辺教子

渡辺教子

ベネトンジャパン広報部長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english