自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2000/10/30(月) - 2000/11/3(金)
2日め

テーマあなたの映画の選び方は?

今日のポイント

秋の夜長はサスペンス。失恋したら恋愛もの。気分によって選ぶ

投票結果 現在の投票結果 これまでの投票結果の推移
キャスター
ダニエル・カール
ダニエル・カール 山形弁研究家

やっぱり、新作からチェックするという人が、多いみたいだな。オラも映画はすんごく好きで、山形ではしょっちゅう映画館に通ってたなあ。今はなかなか映画館に行けなくなったのが残念。

フランス映画スペイン映画……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

opinion

(Kate・熊本市・32歳)

イライラしているときはアクション、穏やかな秋の夜長はサスペンス。失恋や恋に悩んでいるときは恋愛もの。その時々で気分によってジャンルを選びます。その後で、好きな俳優や監督で選ぶかな?恋愛に悩んでいるときの恋愛映画は大好き。どっぷりはまれそうな内容を選んで泣き崩れます。

(つりきち・東京都)

わたしの好みはフランス映画とかスペイン映画とかギリシャ映画とか、どことなく暗めの映画。に対して、夫の好みはダイハードやインディジョーンズなど、まさにエンタテインメントもの。二人の好みが合うわけないので、無駄なイサカイを避けるため、夫の好みに合わせてビデオを購入します。でも、なぜか黒澤だけは二人とも好みなのであった……。

(はろはろ)

恋愛ものもいいですが、だいたいのあらすじがわかれば、終わりまでわかってしまいます。ですから、どんでん返しがあるサスペンスは大好きです。

(chiyu)

新しい映画ほど、情報(映画のCMなど)が記憶に残っているので、とりあえず新作をチェックします。今は次々と新作が出て、ちょっと前の映画のことはもう忘れてしまいますから。(

(pink44kg)

雑誌のコメントなんか見て、マイナーなものはだいぶたってから観ます。おすぎさんのコメントも参考にします。

(yellow・文京区・29歳)

やっぱり話題の映画、最新作が気になります。映画館で観たいと思いながら、時間がうまくとれず、結局ビデオで、ということが多いので。その次にはそのときの気分で、暗いのがいいとか、救いがあるのじゃないといやだな、とか。ハデハデアクションものがいい、とか。まちまちです。

(京・23歳)

あまり話題作には興味が無いので、基本的に、古いものを借りることが多いです。映画は、エンターテイメントとして楽しめる素材ではあるけれど、芸術色の濃いものもある。どちらかといえば、芸術色の強いものを観て刺激を受けたいので、一般的にマイナーと言われるものを借りることも多いです。話題についていけないこともあるけど、それは仕方ないと思っています。

(SacchanM)

学生時代は、映画が好きで2本立ての料金の安い映画館で、手当たり次第に映画を観て、自分で5つ星の評価などして楽しんでいましたが、今は感動作とか娯楽アクション物でも一級品のものが観たいと思うので、評価の高い作品を中心に観るようにしています。(

(toro・埼玉・25歳)

とりあえず新着はチェックしますが、借りるのはちょっと古いのが多いです。ジャンルは気分によってですね。逆に選んだビデオでそのときの自分の精神状態がわかっちゃうような感じです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

やっぱり、新作からチェックするという人が、多いみたいだな。オラも映画はすんごく好きで、山形ではしょっちゅう映画館に通ってたなあ。今はなかなか映画館に行けなくなったのが残念。

フランス映画スペイン映画とか、そういえば国別に選ぶというのもおもしろいね。日本の映画でいえば、オラ伊丹十三さんの監督作品がおもしろいと思う。「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」「あげまん」……その中でも、「お葬式」は日本のタブーな問題をおもしろくとりあげていた。「ここが変だよ。日本人」的な視点があるよな。在日外国人もときどきお葬式に呼ばれるんだことあるんだけど、なにをどうしていいのか、何でこんなふうにするのか。ぜんぜんわかんないんだよ。なに? 日本人もよくわからない? 伊丹監督は日本人の決まり事やしきたりに関する疑問をバラしちゃったんだな。このしきたりがもしかしたらおかしいんじゃないかって考えさせてくれた。「お葬式」はオラにとっては日本の文化を知る上で、すごく勉強になる映画だったなあ。

ダニエル・カール

ダニエル・カール

山形弁研究家

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english