自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/6/24(月) - 2002/6/28(金)
4日め

テーマペイパーバック、読んだことある?

今日のポイント

お気に入りの作品を、原書で読んでみませんか?

投票結果 現在の投票結果 y58 n42 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
松本侑子
松本侑子 作家 翻訳家

英語ならではの美しくて洒落た表現、言いまわしの文章を読むと、胸がずきんと心地よく痛みます。カミナリに打たれたようにさえなります。原書を読む抜群のおもしろさをご存知の方から、たくさんの投稿をいただいて感……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

英語方言の味わい(ametora)

去年、ハーパー・リーの『アラバマ物語(To Kill a Mockingbird)』を原書で読みました。米国南部アラバマ州が舞台の小説でしたが、独特の南部言葉(“think”"の代わりに“reckon”という)などが、原書だと奥行きをもって味わえ、おもしろさが倍増しました。その後、邦訳でも読みましたが、上手な翻訳でもやっぱり英語で読んだ時の味わいを再現することは無理でした。「原書でなければ出せない味わい」というのは、苦労しても読むだけの価値はあると思います。

名作は何語で読んでもイイ!(Uka)

何度もチャレンジしては挫折してるので、いきなり原書はあきらめて、英語教材の『Graded Readers』から読み始めています。そのなかでレイモンド・チャンドラーを初めて読んだのですが、とてもおもしろく、つい日本語の翻訳も買ってしまいました。たった600語程度の簡単な単語しか使っていない本でも、プロットがおもしろければ、その良さは十分わかるなあと思いました。おもしろい、好きなものを読む、というのがやっぱり基本ですね。翻訳ももちろんいいけれど、いろいろな言語で読む楽しさって、あるなあとも思いました。とりあえず子どもの頃に読んだ名作を、原作で読むのが目標。一番読みたいのはやっぱり『赤毛のアン』シリーズです。

『スカーレット』を読みました(reikot・大阪・既婚・31歳)

大好きな『風と共に去りぬ』の続編が出たと聞いて、仕事の帰りに書店に寄りました。でも、日本語訳はまだとのこと。がっくりするわたしにその時、一緒にいた同期の友人(男性です)が「原書で、読む?」と聞くんです。「読む! もう、何が何でも読みたいっ! 」と叫ぶと、「たしか、丸善にあったと思うから、今から行こうか」と。英語の話をしながら丸善まで歩き、ずっしりと重たいその原書を抱えた時に、彼は「プレゼントするわ。しっかり読んで」と。「いいの?」と聞くわたしに「一生懸命、勉強してるなあって思ったから。がんばれよ! 」と。今、わたしは病気休職中で、時折、その彼からメールが入るのを楽しみにしています。大小さまざまな洋書が並ぶわたしの本棚を見つつ、「日本語も難しいのになあ」と読書量はゼロに等しい夫に、「これなら、読めるでしょ」と読書指導をしているわたしの職業は「図書館司書」なのでした。

軽いし便利!(cynthia)

わたしはアメリカやヨーロッパで育っていますので、英語で文章を読むのに抵抗がありません。ハードカバーも良いんですが、持ち運ぶにはちょっと重いですよね。その点ペイパーバックだと軽いし、仕事の往復時間や空き時間にさっとバッグから出して読めるから、こっちのほうが好きです。よく読むのは、働く女性がテーマなノンフィクション小説ですね。あと、『ブリジット・ジョーンズの日記』も出たばかりの頃、イギリス出張の時に買って読みましたが、映画はがっかりだったなぁ。

ほんとに読みたかったので(巽・大阪・未婚・41歳)

これまでに読了したのは2冊だけ、あるドキュメンタリーとクイズの本(笑)。読書の楽しみを得るには翻訳本の方がそりゃいいですよ。読み切ったのは、まだ翻訳が出てなくて本当にそれを読みたかったからですが、予想した通り読み終えた頃翻訳が出てました。でも、おかげで翻訳だけ読んでたら知りえなかった単語や用法がわかりました。それって、翻訳を読む時にも「これはあの単語の訳だな。するとこの言葉はこういう状況で使うのか」などと、さらに深くわかって読めるようになるんです。

ハリーポッターを読みました(tarepanda・愛知・既婚・30代)

初めて読んだのは、学校の授業の副読本。でもこんなことが聞きたいのではないのでしょうから(笑)。今まで何度も原書に挑戦したいあこがれがあったわたしが、初めて読破したのが、今はやりの『ハリーポッターと賢者の石』でした。わたしの英語力では苦しいところがありましたが、読み終わった後の充実感は久しぶりのものでした。また読み返して、英語力、もう少しつけたいと思っています。

OTHERS

積ん読になってます(^^;(Yasumin・既婚・36歳)

買いましたよー、ハリーポッター。しっかし読めませんね。たまたま1ページずつ翻訳してくれるメルマガがあったので、それと平行して眺めてはいますが、結局切羽つまらないと、英語は学べないと痛感しています。

小説は手に余る(コルク)

中学生の頃に英語のピーターラビットの絵本をプレゼントされ、数ページで挫折したことがあります。小さな絵本で、字数も少なかったのに……。まるで教科書を読むように、辞書片手に読んだのがいけなかったのかなと思います。最近は、語彙と言い回しを覚えたいなと思いペイパーバックを手にして見ましたが、わからない、おもしろくない。まだまだ力が足りないようです。雑誌や新聞のほうがわかりやすいので、まずはここからかな。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

ペイパーバックを上手に読む工夫

英語ならではの美しくて洒落た表現、言いまわしの文章を読むと、胸がずきんと心地よく痛みます。カミナリに打たれたようにさえなります。原書を読む抜群のおもしろさをご存知の方から、たくさんの投稿をいただいて感激です。

といっても私も、興味のないジャンルの小説や文体が好みではない作品は、英語で読んでもおもしろくありません。日本語に訳されても読みません。やはり読書は、おのおのが好きな世界が描かれた物語を、ソファや座りごこちのいい椅子に腰かけて、ゆっくりと楽しんでページを繰るものですね。今は原書を楽しむ人たちも、最初からスラスラ読めたわけではありません。ペイパーバックを上手に読む工夫を、書いてみます。

  1. ものすごくやさしい本から始めましょう。まずは、洋書を読みふける醍醐味を実感することが、一番、やる気が出て、効果があります。初心者は、英語の本を読む楽しさを満喫できる、やさしくて楽しい内容の本を選びましょう! ざっと読んでみて、意味がわからない単語や熟語が、1ページあたり10も20あるようなら不向きです。もっとやさしい本を選んで下さい。投稿のコルクさんが読まれた『ピーターラビットのおはなし』は19世紀の英語なので、日本の中学生には難しかったかもしれません。でも大人になられた今ならきっと読めますよ! 私もポターが暮らした湖水地方のニアソーリー村でセットで求めて、大好きな本です。一番のオススメは、ワイルダー作『大草原の小さな家』シリーズ。とてもシンプルで素直な英語です。日本の高校生でも読めます。わたしはこの本を原書で読むと、感動が二倍にも三倍にもなり、心があったまって泣いてしまいます。
  2. わからない単語は、ひとまず飛ばして読みましょう(上にも書きましたが、難しい単語が10も20もある場合は、もっとやさしい本を! )。しかし、文中に何度も出てくる単語なら、辞書で引いて、忘れないように本の後ろにまとめてメモしましょう。一冊を読み進んでいくうちに、少しずつ、英語の文法や単語の意味がわかってきて、気がつかないうちに、語彙力・文法力が、格段に伸びます。
  3. わからないところは、日本語訳の本を読みましょう。最初に、日本語で読む方法もいいと思います。
  4. 洋書を目のつくところに置きましょう。cynthiaさんのようにバッグの中、あるいはテレビの上など、毎日、目と手の届くところに置いてください。本棚にしまいこむと、ついつい中途で終わってしまいます。
  5. 文法、英語の構文を忘れていると気づいたら、中学生用、または高校生用の文法の薄い参考書を、お休みの日にざっと読んでみて下さい。かつてご自分が使っていた文法書でも構いません。いろいろな決まりを思い出して、また読めるようになります。

読む力がつくと、英語の手紙やメールを書く力も、大きく伸ばしてくれます。各国のさまざまな英語サイトを自由に読めるようになり、あなたの世界そのものを広げてくれます。料理、旅、おしゃれ、健康、手芸、美容、ビジネス……。英語が読めれば、海外の英語サイトはあなたのものです!

松本侑子

松本侑子

作家 翻訳家

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english