自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/3/10(月) - 2003/3/14(金)
5日め

テーマ生け花を習ったことがありますか?

今日のポイント

花と向き合い心豊かな生活を

投票結果 現在の投票結果 y73 n27 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
假屋崎省吾
假屋崎省吾 華道家

みなさま、ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。「生け花」についての一週間もあっという間に過ぎようとしています。みなさまからの投稿を拝見しましたところ、何と7割の方が習ったことがあるとのこと。びっくりいた……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

社会生活の中で学んだことが生かせる(春菜・埼玉・未婚・30歳)

大学時代の4年間、クラブ活動を利用して池坊を習っていました。非常に多忙でゆとりのない生活を送る中、お花を生けているうちにだんだんと心が静かになり、ゆとりを取り戻せることを感じました。心の乱れは生け方に表れますが、逆に、生けることによって落ち着きを得られることは、当時のわたしにとって貴重なひと時でした。また、ほんの少しの空間の取り方や枝の長さの違いで、出来上がりの美しさが大きく違うことを実感し、それを意識できるようになったことで、バランス感覚が身に付いたと思います。この感覚は、自分を律して生きていくためにも、社会の中で人間関係を保っていくためにも、広く応用できているように感じています。

自分のイメージアップになる(smilee)

かれこれ10年近く習っています。生け方はもちろん、作法や風習のようなものも習っている感じです。お茶や着付けも同じですね。特別よかったと感じたことはないですが、単純に知識として身に付いたと思います。周りの人に対して、お花を習っていることは自分のイメージアップになっていると思うことがあります。

入院を機に始めた生け花は心の蓄え(Sayuri・大阪・39歳)

7年前、突然入院し、手術をすることになり、それまでひたすら生活のすべてだった仕事を2カ月間休んだとき、自分に何もないと感じられて、生け花を習い始めました。お花をやり始めてよかったことは、自然に花が咲いている姿に目がいくようになったこと。そしてお花を通して季節の移り変わりを感じることができるようになったことです。そして何よりも、仕事以外のことを考える時間ができたことです。それまでは持っている心の貯金をはき出すだけのように感じていた生活に、蓄えるものができたような気がします。それが結局仕事にもいい結果をもたらしています。

「自由花」に抵抗がある(ぷーこ姫)

一種生けや一輪で「間」を決めるなど、生け花は日本人にしかできないものだと自信を持って言えますが、今わたしが生け花をやめているのは、こういった生け花の良さではなく、若い人たちが来ないからと、「自由花」という、小手先の洋モノを取り入れているからです。何だかポリシーがないように感じられ、今は行っていません。わたしはフラワーデザインも習っているのですが、生け花で教えてもらう「自由花」と呼ばれるものに抵抗を感じます。

自分の生けた花で自分の結納を飾った(Leo)

偶然にも、お花のおけいこの日が結納の日だったので、自分の生けた花で、部屋を飾れてうれしかった。

生け花は生けた人の分身(hidy・神奈川・既婚・40代)

大学生のころ、油絵を描いていたのですが、「生」のものを扱いたくなり、あまり「型」にはまらない流派を選び、6年間習いました。4年目ぐらいからのめり込み、本部での「30歳以下のための生け花教室」にも通いました。全国各地から月1回通ってくる人たちがいることにまず驚き、さまざまな素材を使った作品を目にして、生活の中のすべてが、素材になることを学びました。現在、夫が実家から「何かになるだろう」と持ってきた外灯用の透明ガラスの電灯カバーをつり下げて花瓶とし、アイビーをしたたらせて楽しんでいます。仙台の先生からは、「ただ漫然と生けない」ということを教わりましたが、それを肌で感じるようになったのは、自分が生けなくなってからです。駅のディスプレーや子どもの学校の文化祭などで「気」が込められた作品に出会うと、しばし足を止めて見入ってしまいます。生けられた花は、生けた人の分身なのでしょうね。

時間と対峙する感覚がある(summerstar・東京・未婚・32歳)

中学校のクラブ活動でやったことがあります。週一回だけでしたが(それもお茶と毎月交代で)。お花を生けるというのは、花に向き合うだけでなく、時間と対峙するような感覚があるような気がします。花と向き合っている時間だけでなく、花を飾ったあとの空間までを味わうような。せわしい今の生活で花をゆっくり生けるというのはわたしにはリアリティがないです(それは必要性がないからかな?)。でもだからこそ、そういう時間を無理にでも作ったほうがいいのかも、と思いました。

花と向き合った瞬間、すべてを忘れることができる(kechu・佐賀・既婚・31歳)

草月流を10年ほど習っています。わたしから生け花を取ってしまったら何も残らないというほど大好きです。仕事や家事で心底疲れていても、花と向き合った瞬間、すべてを忘れてしまうことができます。花の中でもユリ系の花が大好きで、何かを達成できた時は自分へのご褒美にたくさんカサブランカを買って、部屋中に飾ります。自分の生けた花たちに囲まれて、お気に入りのカップで紅茶を飲む! サイコーのひとときです。

生け花と祖母の思い出(みぽりん)

生け花の先生をしていた祖母が生前の頃、数回習っていたことがあります。おもしろいなと思い始めた矢先にわたしが忙しくなって行かなくなってしまい、もったいないことをしたと思っています。あのころ、わたしが両手じゃないとはさみを入れられなかった硬い枝を、片手で軽々とパチンと切っていた祖母は80歳近く。芸術的センスもさることながら、力もいるものだ、と思った瞬間でした。

環境になじめなかった(ゆみぷん)

とある流派で習ったことがあります。来ていらっしゃるマダム方の、社会人としての常識のなさ、村社会体質、半強制的集団行動があまりにも居心地悪く、それなら自分で本を読んでやってみたほうがいいや、という感じでやめてしまいました。美しいものは好きなので、今もお花の本などはよく見ます。

習っていたがお金がかかりすぎる(里穂・中部・37歳)

昔、母に勧められて習いました。でも免状をもらって作品を出してとやっているうちにお金がかさむようになりやめてしまいました。どの習いごとでもそうでしょうが出費がかかりすぎるような気がします。花代だけでもお金がかかります。

NO

習えば自己満足の世界も広がる?(marine722)

生け花は、ある意味自己満足の世界かな、と思っています。生け方や決まった形に沿って生けたとしても、そこにはやはり、生ける人の感性が入るし、生けた人が表現する「美」が形になり、生け花の存在が生きてくると思います。まだ我流でしか花を生けたことがないので、いつも自己中の「美」の表現しかできません。花は、香り、色、姿にとても癒されるものです。おけいこすればもっと気楽に生けることができ、自己満足の世界ももっと広がるのかもしれません。

花への心配りができる自分でありたい(はせどん)

生け花を習ったことはありませんが、ガーデニングには凝っています。緑のある生活がどうのこうの……といった格好いいものではありません。水やりめんどくさいなと思いつつも、枯らした時のショックを思い出して、枯らさないように必死で世話をしてる自分に、まだ自分以外のものに時間と気持ちを割けるのだと、安心していたいからではないか、と思っています。

現代の生け花を創作してほしい(marco302・東京・未婚・31歳)

生け花といえば、花嫁修業……それは一昔前のこと。今では「癒し」の一つの方法として活用されているのではないでしょうか。町にはおしゃれなお花屋さんが増え、お花の値段も以前より断然安くなっています。「お花を習う」という形式ばったこともいいですが、何よりも「自然を感じる」ということが一番ではないでしょうか。その延長線上に生け花があるように思います。今まで生け花は「しつけ」の一つでしたが、文化を大切にしながら少しずつ形態を変え、現代に合った生け花を創作していってもらいたいものです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

現代の「花咲か爺(じじい)」になりたい

みなさま、ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。「生け花」についての一週間もあっという間に過ぎようとしています。みなさまからの投稿を拝見しましたところ、何と7割の方が習ったことがあるとのこと。びっくりいたしました。長続きしない理由はいくつかありましたが、やはり先生に問題があるという理由が一番多かったように思います。

わたくしの教室は老若男女、北海道から沖縄まで日本全国より集まって、みなさま頑張っていらっしゃいます。指導法で特に心がけているのは、やはり個性を尊重して、いいところ、美しい部分を見つけ出し、長所を伸ばしてさしあげることです。花を生けていると、嫌なことを忘れリフレッシュでき、生き生きとしてきて癒しの効果があるように思います。花のパワーによって自然と明るく元気になれるんです。すばらしいと思いませんか? ひとりでも多くの方が幸せになり、平和であってほしいと願っています。そしてわたくしも40歳を過ぎましたので、現代の「花咲か爺」になれればいいなと思います。みなさま、一週間お付き合いいただきましてありがとうございました。

假屋崎省吾

假屋崎省吾

華道家

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english