自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/10/11(月) - 2004/10/15(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
4日め

テーマ楽器を習ったことがある? 

投票結果 現在の投票結果 y86 n14 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
岡崎ゆみ
岡崎ゆみ ピアニスト

皆さん、たくさんのご意見ありがとうございます。わたしが思ったよりも、意外とエレクトーンを習っている方が多いようですね。確かに、和音を楽器が鳴らしてくれたり、バス音を足で弾いたり、なかなか楽しめる楽器だ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

「格好いい!」と言われる(ゆかりっくす・神奈川・パートナー有・30歳)

小さい頃、アパート暮らしだったこともあり、周りは圧倒的にピアノを習っている人が多かったにもかかわらず、わたしはエレクトーンを習っていました。小学3年生の頃から飽きてきて家で全然練習をしなくなり、中学受験することが決まってからいったんやめてしまいました。中学生になってからまた習い始めましたが、小学生の頃までは「先生になる」という目標のもと、頑張っていたのに、ブランクのおかげで完全に趣味の域になってしまい、なんとなくダラダラとやっていた気がします。残念ながら、趣味として弾くことが楽しいという域には行けなかったようです。

中学生・高校生の頃と、社会人になって結婚するまでの間、合唱をやっていたのですが、自分で弾けるので、音を取るのが楽でした。楽器が弾けない人たちは、練習の時にカセットテープを持ってきて、先生が弾いたのを録音して練習していましたが、これだと、一部分だけ練習したいといったときは一人でやるのは難しいですよね。それと、ピアノと違って足にも鍵盤があって、足下は見ずに弾くので、簡単な曲を弾いても、「格好いい!」と言われること。一番楽しかったのは、高校の音楽の授業で、二人1組になって、ある曲に伴奏を付けて二人で演奏するというもの。ほとんどの人がピアノの連弾かキーボードを使って四苦八苦していたのに、わたしの組は、ものすごく簡単な伴奏を付けてピアノとエレクトーンで演奏したらサマになり、音楽の先生にずいぶん褒めらたこと。でも、弾き手の感情がダイレクトに出るのはやっぱり電子音じゃない楽器だなと最近特に思います。

芸術性は人並み以上にあるように感じる(neko_wa_tama・兵庫・パートナー有・31歳)

楽器の街浜松で生まれたため、幼少の時から楽器には縁があり、幼稚園の時はオルガン教室、小学生になりエレクトーン教室、器楽クラブでは、チェロ、コントラバス、フルートと今まで生きてきた中で何個の楽器と触れてきたかわかりません。楽器が操れることで、いろいろな音楽を知ることができ、芸術性は人並み以上にあるように感じます。

母が言うには、楽器を習ったことにより、感情が豊かになり、一つのことをやり遂げる集中力が生まれ、小さい頃から習わせてよかったと。だから、わたしに子どもができたなら、何か一つでもいい、楽器を習わせたほうが良いと言います。今は、なかなか忙しく、エレクトーンも実家にあるためなかなか弾くことができませんが、実家に帰ると時間を忘れて弾いてしまいます。楽器は自分にとっても穏やかな気分になれるものです。

保育園で子どもたちのリクエストに応えて弾いてあげられた(まめまめ・兵庫・パートナー有・33歳)

ピアノとフルートを習っていました。ピアノは今、少しだけ役に立っています。というのも、保育園に通う子どもたちのリクエストに応じて、弾いてあげることができるからです。ショパンが好きなので、また習いたいなあと思っているところです。あと、バレエを習っていた関係で、バレエ音楽が好きです。これだと、オーケストラになりますね。オーケストラに参加させていただくのはかなり無理がありますので、近い将来、クラシックのコンサートに娘と行きたいです。

マンネリの生活にフレッシュな風が(もなこ・大阪・パートナー有・43歳)

わたし自身は、5歳くらいから高2くらいまで、ピアノを習ってました。小学生の頃は、練習が嫌で弾いてると眠くなって困りました。母親に無理矢理続けさせられてきたのですが、今になっては感謝しています。育児中、気が滅入ると好きな曲の楽譜を買ってきては、練習しました。マンネリの生活にフレッシュな風が吹き込んだような錯覚さえ覚えました。わたしとピアノとの本当の出会いはこのとき始まったのだと思っています。息子にも幼稚園から小6までピアノを習わせていました。あまり上手にはならなかったけど、音楽を身近に楽しめるようになってくれたと思います。

吹奏楽ではやっぱりチーム力(aming・兵庫・パートナー無・32歳)

習ったのはピアノだけですが、吹奏楽にはまり込んでユーフォニアムもやっていました。ピアノでは楽譜の読み方はもちろん、先生がおっしゃる音色の多彩な表現を耳にし続けて、「表現すること」と「イメージする」ことを鍛えられたのではと思っています。

吹奏楽ではやっぱりチーム力。全員が全体の構成を意識しつつ、自分のパートに責任を持つ。同じイメージを共有しつつ演奏する。するととってもすてきな音色が鳴り響くんです。それを実感できる瞬間が演奏中必ずあって、あの陶酔感はちょっと忘れられません。今こうして書いてみると、職場で仕事するために必要なことと同じだなあと気づきました。何よりよかったのは言葉も経験も超えて、同じ曲を演奏するという行為だけでどんな人とも交流できるということ。あくまで趣味ですが、続けられるところまで続けたいと思います。

とても迫力が出るエレクトーンが好き(ミラクル☆マム・大阪・パートナー有・27歳)

エレクトーンを8年間ほど習っていました。エレクトーンはいろんな種類の音を出すことができます。一人で弾いていても、ドラムの音、ベースの音なども合わさってとても迫力が出ます。そんなところが好きですね。次はサックス、フルート、ハーモニカなどの楽器に挑戦したいです。何かのときにちょっと演奏をするっていうのかっこいいですよね。

パワーやイマジネーションがわく(Sae・東京・パートナー有・38歳)

小学生の時エレクトーンを習いました。エレクトーンは両手指だけでなく足も使います。背の小さい頃は埋もれるように弾いていました。中学に入って自分の体を楽器にするほう、すなわちコーラスに移行し、高校まで歌っていました。大学で楽器に戻ろうとキーボードを購入し、その代金を払うためのバイトをしているうちに音研に入り損ねました。身の丈にあった買い物をしなければならないということを学びました(笑)。ともかく、音楽は聴くのも歌うのも弾くのも心をウキウキさせてパワーやイマジネーションをくれます。それが一番の効果ですね。

好奇心が広がっていき、楽しい(nord・大阪・パートナー無・34歳)

小学生〜中学生の頃は、ピアノ。30歳を過ぎた今ではヴァイオリン、鳳笙(ほうしょう)を習ってます。初めてついたピアノの先生は、音大の学生さんでしたが、それこそいろんなことを教えていただいて、「音楽って楽しい」と思えるきっかけを作っていただきました。今はただ音を聴いていても不思議に癒されますし、先生や仲間からの刺激を受けて、好奇心が広がっていき、いろんな体験をすることができて、楽しいです。仲間内の音楽パーティを企画したりして、みんなが喜んでくれるのもうれしいです。

クラシックの曲目がわかるようになった(fraise・東京・パートナー有・28歳)

王道ですが、子どものころにピアノを習っていました。中学校に上がる前にやめてしまいました。「習わされている」という気持ちが当時はぬぐえなかったのです。ただ、今思うと、なんとなく楽譜が読めたり、そこそこクラシックの曲目がわかったりするのはそのおかげかなと思います。自由に選択できる現在、わたしが習いたいのは「ウクレレ」です。

寂しそうに立てかけてある琴(にゃ〜大尉・埼玉・パートナー有・36歳)

琴を習ってました。小学生〜中学生の時なので、今はもう全然やる機会もなく、寂しそうに実家に琴が立てかけてあります。でも今思えば、続けていたらよかったのにと思います。精神に迷いがあったときは弾きたくなるときがありますね。

喘息が治った!(みあん)

高校時代にフルートを。喘息がすぐ出るほうでしたが、やり始めてから治りました!

NO

本を読んで独学(koskos11・兵庫・パートナー無・37歳)

楽器は習ったことがありません。でも、高校時代にどうしてもあこがれのミュージシャンのように弾きたくて、キーボードを始めました。それまでは楽譜なんて全然読めず、特に「半音」という五線譜のどこにも描けない音階が理解できていませんでした。でも、実際に「キーボードの弾き方」なんて本を読むとすぐにわかりました。興味を持って、なぜだろうと思いながら勉強すると、自分に適したラーニングができると思います。

クラシックの世界は教育を受けるべきかもしれませんが、ジャズやロックの世界はそんなことを基本にして必要であればレッスンなんかも受ければいいんじゃないかと思っています。最後には「楽譜通りにしないこと」を要求されるジャンルですがら、最初からトライ&エラーを繰り返す習慣をつけるとかなり奥の深いところまで楽しめると思います。そんな感じで、管楽器以外ならどんな楽器も弾けるようになりました。いろいろできるとアンサンブルでほかのパートへの理解が深まって良いと思います。どんな方法でも良いと思いますが「演奏を楽しみ続けられる」方法を選ぶべきだと思います。最後は、楽器をコミュニケーションの手段にまでできれば最高ですね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

指導者や親のかかわり方も大切

皆さん、たくさんのご意見ありがとうございます。わたしが思ったよりも、意外とエレクトーンを習っている方が多いようですね。確かに、和音を楽器が鳴らしてくれたり、バス音を足で弾いたり、なかなか楽しめる楽器だと思います。住宅事情に関しても、ヘッドフォーンをつけられるしね。でも、電子楽器ではなく、本当に表現できるのはアコースティック楽器だ、というご意見もありました。電子楽器は手軽に楽しめるけれど、きっと電気を使わない、自然素材(?)のもので音を鳴らすことは、木々のざわめきや、小川のせせらぎと同じ波長があるように思います。だから、クラシック音楽にはヒーリング効果があるのではないでしょうか? 

全体として、楽器が弾けてよかった!というご意見が多かったと思います。指導者や親御さんのかかわり方も大切ですね。母がうるさく練習しろと言ったことに今は感謝している方、反対にそれで嫌になってしまった方。わたしも息子にあまりガミガミ言わずに、演奏を導ける方法があったら知りたいです。

楽器を習わずに、独学で習得された方、きっと才能があったんですね。才能は幼児期の音楽教育によって、すごく伸ばせると言いますが、もともと持っている方は独学でできてしまうのかも。クラシックはスタイルを重視する、学問的なジャンルでもあります。それだけに基礎を習得するには最高の音楽ジャンルだと思いますが、基礎をつけすぎるとポップスやロック系の音楽にはかえって自由な発想の妨げになるのかもしれません。もっとも、本当の一流アーティストは基礎があってもなくても自由な発想で素晴らしい曲を作れると思います。何はともあれ、楽器を弾けるって素晴らしいことだと信じています。

それでは、最後の質問です。楽器を演奏することは、ただ聴くだけとは違いますか? 楽器を演奏することで癒しが得られますか? 

岡崎ゆみ

岡崎ゆみ

ピアニスト

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english