自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2000/11/27(月) - 2000/12/1(金)
2日め

テーマフランス料理は嫌いですか?

今日のポイント

前菜2品+メイン+デザートで4500円って高いですか?

投票結果 現在の投票結果 y25 n75 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
吉田明彦
吉田明彦 『料理王国』前編集長

フランス料理のシェフたちが読んだら泣いちゃうかも。仏料理→権威→敷居が高い→気楽じゃない空間(ナイフ&フォーク5本づつ! )+ヘビーな料理→高い→行かない。最近のフレンチはほとんどその逆のお店なんです……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

(東京都・未婚・25歳)

海老のグラタン(具がポコっとはずれるアレ)を結婚式で食べることによって、嫌いになる人って多いんじゃないでしょうか?何食べてもぬるい料理って印象も、ここからきているような気がします。

(東京・未婚・26歳)

親近感が持てないのが最大の理由かな。イタリアンならばピザとかパスタとか、家でも作ったりできるので、気分的に近い感じがするけど、フレンチって、やっぱり特別な食べ物って雰囲気。金額的にも安心できる、イージーなフランス料理の楽しみ方、知りたいです。家で気軽に作れるフレンチとかも。

(RI・府中・32歳)

ケチャップやチーズが好きで、こじゃれた感じよりは下町的なものが好きなわたしは、どうしてもイタリアンを選んでしまいます。そういう仏料理屋さんを知らないだけかも。

(ペン・奈良・未婚・29歳)

シェフがどこで修行したなんてどうでもいいから、温かいお店が増えたらいい。慣れた人しか楽しめない閉鎖的な雰囲気が嫌いです。

(あいちゃん・横浜市・未婚・26歳)

嫌いな理由は体に合わないから。お友達に予約を入れてもらった時は仕方ないので行きますが、食べた後に胃がもたれる感じがします。ソースにバターや生クリームがたくさん入っているからでしょうか。しかも値段も高いところが多いとなると、ますます避けてしまいます。

NO

(confirme・大田区・未婚・24歳)

嫌いじゃない。けど、敷居が高い。情報自体が少ないと思う。気軽に食べられるちゃんとしたフレンチの店って、あまり知りません。

(小槌・水戸市・未婚・27歳)

最近、フランス家庭風のお料理を食べさせてくれるところって増えましたよね。味もクリームなんて全然つかってないようなものあるし、煮込みとかも美味しくて。そういう新しい情報をもっとたくさん伝えて欲しい。

(AtoG・東京都・既婚・39歳)

自らすすんで行きません。ビール党だからフランス料理との相性が悪いのかな。

(tamia・長崎・29歳)

最近、気取らずに入れるフレンチ結構多いですよね。アットホームっていうか、そのオーナーの人柄がでてるようなお店。

(nats)

フォークとナイフが両脇に5本くらいずつ並んでいるようなレストランにはめったに行きませんが、ワイワイ、ガヤガヤ、にぎやかなフレンチレストランで、みんなで集まってワインをたくさん空けるのはとても楽しいことだと思います。

(文)

大好き! でも値段が高くて奮発する時にしか行けません。イタリアンが人気なのは、安くておいしいからじゃないでしょうか。フランス料理もイタリア料理なみの値段にしたら絶対行きます。

OTHERS

(ソフィー・東京都・既婚・44歳)

今の世の中は見てくれより実質、気取りより肩の凝らない食空間と楽しいおしゃべりが大切だから、イタリアンや美味しい居酒屋が人気なのもうなずける。権威にあぐらをかいた肩凝りフレンチは懐石と同じ道をたどることになるのでは?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

フランス料理のシェフたちが読んだら泣いちゃうかも。仏料理→権威→敷居が高い→気楽じゃない空間(ナイフ&フォーク5本づつ! )+ヘビーな料理→高い→行かない。最近のフレンチはほとんどその逆のお店なんです。悪い印象の元凶は結婚式のお料理のようですね。

でも街場のフランス料理は違います! バターからオリーブオイルへの変化はとても劇的です。重くはありません。お値段も前菜2品+メイン+デザートで4500円ぐらいから(高いでしょうか)あります。また若い30歳代のシェフたちは料理だけでなく、楽しめる空間作りにとても熱心です。こんな現状を伝えきれていないのはわたしたちマスコミの責任なんでしょうね。トホホ。

吉田明彦

吉田明彦

『料理王国』前編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english